2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ミュージカル「テニスの王子様」コラボカフェ | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー3月 »

2/29M「カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐」

カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐

脚本:谷碧仁(劇団時間制作) 演出:吉谷光太郎
出演
山本裕典 桑野晃輔 磯貝龍乎 輝馬 山田ジェームス武
西丸優子 大島涼花 木村心静・君沢ユウキ 富田翔
演出が吉谷さん、キャストも知ってる俳優が多く、大好きな密室劇・
会話劇・ミステリー劇と聞いてチケットを取りました。
このご時世、公演中止も危ぶまれたのですが、運営側の強い意志で
上演。観客席はマスク率ほぼ100%で、客席に入る前も消毒ジェルを
置いてたりと予防対策をしながらの観劇となりました。
新宿FACE、東宝シネマ新宿に行くとき近くを通ったりしたりはしてたの
だけど、初めての会場です。中央に正方形の低地があって、四方を囲む
ようにパイプ椅子が数列並んでる感じ。若俳舞台をよくやってるのも
知ってたけど、基本はライブハウスとかプロレスとかの場所なのかな?
休憩なし2時間なのでパイプ椅子はお尻がちょっと痛かったけど。w
 
今回1列目でしかも隣は明らかに舞台用小道具の椅子。演者が劇中で
隣に座ってくるやつ!って思ったら案の定。主に輝馬さんがお隣に
座られました。怪しまれない程度に綺麗な横顔を見つめてしまったわ。
 
お話は、密室劇・会話劇・ミステリー劇。
一人娘の死の真相を巡って関係者が集められ、互いの思惑を抱えつつ
真実を探っていく。セットは大きな長机と椅子のみ。四方面舞台。
照明や音楽は派手な演出ではなく、役者の息遣いが聞こえてきそう。
っていうか私の席は実際1列目で隣が小道具の椅子で役者さんが座って
くる配置だったので、静かに佇む輝馬さんや他人の告白に息を飲む
山田さんの様子などがリアルに伝わってきました。
中学生の少女の死は自殺か他殺か。
密室劇・会話劇・ミステリー劇で最初は全員が他殺を支持していたのが
後半ひっくりかえっていくのは「12人の怒れる男」っぽいね。
お話がとても重いので、特に富田さん演じる父親の後半の絶望や
真意を見せる山本さん演じる健一の、ずっと一緒に同じ夢を追おうって
約束してたのに一人抜けて先を歩き自分抜きの幸福を手に入れた親友を
地獄にいる自分の傍に堕とそうとする執着と狂気、桑野さん演じる
容疑者夏樹のスレているようで透明感のある不思議な読めない存在感、
「加害者も被害者」という宗教染みた思想で笑顔が胡散臭い磯貝さん
演じる五十嵐もいい意味で気持ち悪いし、真面目で神経質な検事の
輝馬さん演じる馬場はもうピッタリだしで、適材適所って感じ。
かすみちゃんの死の真相については「そういうこともあるもあるのかなぁ」
って感じだったけど。
富しょーさん、先日の舞台カラマリ上映イベントで見て以来なんだけど、
かすみ役の女の子が挨拶で「こんな状況の中で見に来て…」って観客に
対して「来てくれた」を丁寧に言おうとして言葉の選択を迷ってるっぽい
とき「来やがって」って吹き込もうとしてて吹いたw

« ミュージカル「テニスの王子様」コラボカフェ | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー3月 »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミュージカル「テニスの王子様」コラボカフェ | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー3月 »