2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« こんな時は | トップページ | 「ハッピー・デス・デイ」 »

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇

出演:原田左之助 役:東 啓介、雪村千鶴 役:磯部花凜/土方歳三 役:松田 岳
沖田総司 役:荒牧慶彦、斎藤 一 役:納谷 健、藤堂平助 役:木津つばさ
永倉新八 役:福山翔大、山南敬助 役:輝馬、山崎 烝 役:高崎翔太
近藤 勇 役:井俣太良、風間千景 役:佐々木喜英、天霧九寿 役:聡太郎
不知火匡 役:柏木佑介、雪村綱道 役:川本裕之
[スタッフ]
原作:オトメイト(アイディアファクトリー・デザインファクトリー)
脚本・演出・作詞:毛利亘宏
音楽:佐橋俊彦/振付:本山新之助/殺陣:六本木康弘/殺陣監修:諸鍛冶裕太
 
配信で見ました。
東ちゃん、やっぱでかいなー。獲物も槍だもんで、殺陣でもリーチが圧倒的に長い。映え~。
左之さんはなんていうかイイ男だよね。男振りがよくて、気さくで、空気を読みつつ自分の
意志は貫くし、最初から千鶴にも友好的で関係も良好だし、乙女ゲーでよくあるヒロインが
攻略相手の心をケアする必要ない。初めから大人で精神的に成熟してるんだよね。
目の前の物しか見えない他の新選組と違って視野も広いから羅刹にもならないしね。
だから新選組の宿命が、鬼が、っていうよりわりと普通に恋愛するのがこのルート。
父親と落ち水のことで落ち込んでる千鶴を励ましたり、ここにいていいんだと諭したり
「お前が不安に思わないように」って頭撫でたり。千鶴も惚れるわな…。
千鶴が一人出ていこうとした時の口づけはまだ男女の仲じゃなくて、本当に「泣いてる
女を止める方法はこれしか知らねえ」なんだろなって。モテる男の発言きやがりましたよ。
新八と千鶴と3人で新選組を抜け出した後、千鶴を選んでただの、惚れた女を守りたい
だけの男になって綱道と決着を付けに行くことにする夜の二人のやり取りは、ここだけ
ふぅ~!celloD!ってなりましたw原作ゲームのスチル解説で千鶴を押し倒しながらも
胸でのしかかるんじゃなくて肘を立てて上半身を支えてるから二人の間にスペースが
あって、「逃げられないぞ」って言いながらも千鶴が逃げられる最後のチャンスを
残すようにしてるっていうの、舞台でもちょっと再現されてましたね。そういうここの
スチル実写で見たかった!っての叶えてくれたの嬉しいです。
ラストもさすがに大陸には渡ってないけど、ゲームでも攻略キャラで唯一子どもを
持って幸せな家庭を築いてるハピエンを見せてくれたの良かったな。東ちゃん、シンプル
な和装着こなし、スタイルの良さ輝かんばかりでしたわい。
 
千鶴の磯部花凜さんって逆転裁判の真宵ちゃんだった子だよね。歌上手かったんだなー。
知らなかったわ。ってか、左之さんとの身長差すっごい。かわゆい。
落ち水飲んだ後の狂気の山南さんのいっちゃってる顔と上手い歌もさすがの輝馬。
あとこの辺まで来るとずっと同じキャラを演じ続けてるキャストの芝居の深みをしみじみ
感じるな。不知火の柏木くんとか、原田編はライバルキャラに該当するから出番多くて良き。
荒巻くんの沖田で沖田総司編見たいな。近藤が死んだって聞いた時の、子どもみたいな
呆然とした顔良かったな。

« こんな時は | トップページ | 「ハッピー・デス・デイ」 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんな時は | トップページ | 「ハッピー・デス・デイ」 »