2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« この1週間でのテイクアウト | トップページ | 「ピオフィオーレの晩鐘 -ricordo」 »

「帰ってきたヒトラー」

こええ~。
過去からなぜかタイムスリップしてきたヒトラーが、いかにもヒトラー
らしい言動で笑いをとる「ヒトラー芸人」扱いされて、民衆に支持され
てしまう。見てるこっちもあのヒトラーが現代の文明の利器に振り回され
たり、蜂に刺されて転げまわったりしてる姿に最初はつい笑ってしまうのね。
(関係ないけど一番笑ったの、テレビスタッフ側がむしろパロでやった
「ヒトラー最期の12日間」かなw)
しかし、元々ヒトラーが持っていた演説力、プロパガンダの扱い方、人の
心の捉え方が発揮され、移民や貧困問題も深刻化する現代においても彼の
思想に賛同する人々が増えていく。
ヒトラーの頭の良さ。強面の顔が緩む笑顔。現代知識を自分の物にする
応用力。バラエティ番組に初出演した時のあの長い「間」といい、人前に
立って語る際の絶妙な支配力。彼は確かにかつてドイツの頂点に立った
男だった。
認知症と思われていた老女がヒトラーを見て嫌悪に顔を歪め叫ぶシーンは
改めて恐ろしかったな。「あの時も最初はみんな笑ってたんだ。お前の
正体を知っている。全部覚えている」って言葉。
耳に痛い。そんな老女の姿を見たとき、ずっとヒトラーの傍にいて彼を
ネタとして扱ってきたテレビマンは初めて気づく。当時を生きたユダヤの
人たちにとって、ヒトラーは家族を殺した男。そして帰りの車で当時と
変わらぬユダヤ人迫害思想を隠すことなく、悪意なく告げるヒトラーは、
まごうかたなき本物のアドルフ・ヒトラーであることを。
 
今の政治家のキャッチ―な言動がネットとかで受けてしまう現状に
似たものを感じてしまうな。
そう、当時もヒトラーは国民をだましたわけじゃない。正当に選挙で
選ばれた国の代表だった。
「国民がヒトラーを選んだ」
「怪物を選んだ国民こそが怪物」
このことは否定できない。
あの映画の中で過去から来たヒトラーが生き続けるドイツでは、また
ドイツはどうなってしまうんだろう。あのヒトラーがネオナチを扇動して
たっぽいラストだったけど。
 
ヒトラーがドイツを歩き回るシーン、一部モザイクかかってるなとは思って
たんだけど、あれ本当に街中にヒトラー役者さんを出して撮影してるのね!
暴言を吐く人もいたけど、笑いながら話しかけたり写真を撮ったり、国の
不満を訴えてきたり。もちろん本物だって思ってないからなんだけど、
それって劇中と同じなんだよね。

« この1週間でのテイクアウト | トップページ | 「ピオフィオーレの晩鐘 -ricordo」 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この1週間でのテイクアウト | トップページ | 「ピオフィオーレの晩鐘 -ricordo」 »