2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« コラボカフェ巡り「黒子のバスケ」@ナンジャタウン&「三国恋戦記」カフェ | トップページ | 伊勢旅行① »

舞台「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『JOKER TRAP』」

[スタッフ]
脚本・演出:毛利亘宏/音楽:Elements Garden

[キャスト]
出演:(TOKI)松村龍之介、(REN)高本学、(RAN)小波津亜廉、(CAMUS)菊池修司、
(ラリー)荒木健太朗、(コバヤシ)古谷大和、(ベガ)服部武雄、(キートン)唐橋充


3部作それぞれ脚本演出家が違うんですね。
密室に閉じ込められた3人のスパイと、巻き込まれた1人の一般人。体内に次元付の
毒を仕込まれた彼らに課されたのはこの中に紛れ込んだ二重スパイ・ジョーカーを
見つけ出しここから無事脱出すること。
目覚めたら謎の人物に密室に閉じ込められてる脱出ゲームって、好きなやーつー!
ミステリとかサスペンス物にあるある展開だよね。紛れ込んだジョーカーが誰か
探り合いながら表面上は協力して脱出を図るって。
元のCDドラマをほぼ覚えてないのもあって、普通に誰がジョーカーの正体かなって
思いながら見ました。お話が面白かったのであまりうたプリのキャラがどうってのも
意識せずに楽しめました。
まあ近い遠いで言えばレンはちょっと違うかなって気もするけど。
ジョーカーの正体も二転三転して最後まで読めなくて面白かったな。スーツアクション
も善きでした。各キャラの見せ場シーンでキャラのソロ曲のイントロをBGMに戦う
のもこういう2.5ならではだわ。因縁の相手との決着の付け方もそれぞれ違っててさ。
それにしてもキートン見てると古畑任三郎っぽいー。猫背で手をこねこねしながら
話すの、「それでは、古畑任三郎でした」って言いそう!

« コラボカフェ巡り「黒子のバスケ」@ナンジャタウン&「三国恋戦記」カフェ | トップページ | 伊勢旅行① »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コラボカフェ巡り「黒子のバスケ」@ナンジャタウン&「三国恋戦記」カフェ | トップページ | 伊勢旅行① »