2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 伊勢旅行③ | トップページ | MANKAI STAGE『A3!』〜Four Seasons LIVE 2020〜@ライビュ »

今邑彩「そして誰もいなくなる」

名門女子高の式典の最中、演劇部によるアガサ・クリスティ「そして誰もいなく
なった」の舞台上で、演じる女子生徒が劇中の登場人物と同じように実際に毒死
してしまう。その後、次々に物語通りの見立てで殺されていく女生徒たち。

帯の「「事件解決」まで全て序章」って煽りをネットで見かけて気になって購入。
この作者の方の本を読むのは初めてですね。読んでてちょっと古い感じかなと
思ったら(屋上で煙草吸う女子高生とそれを黙認する女教師のやりとりとか)
96年が初版なんですね。もっと古いかと思った。

単純に超有名ミステリの見立てという構成だけじゃく、元になる「そして誰も
いなくなった」のテーマである「裁けない罪」のオマージュもあって、最後に
二転三転するの面白かったです。

« 伊勢旅行③ | トップページ | MANKAI STAGE『A3!』〜Four Seasons LIVE 2020〜@ライビュ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊勢旅行③ | トップページ | MANKAI STAGE『A3!』〜Four Seasons LIVE 2020〜@ライビュ »