2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« GO TO TRAVEL 箱根③ | トップページ | 映画「羅小黒戦記~ぼくが選ぶ未来」 »

ミュージカル「リボンの騎士」

[スタッフ]
原作:手塚治虫/演出・振付:上島雪夫/脚本:浅井さやか/音楽:かみむら周平

出演:生田絵梨花(乃木坂46) /神永圭佑 青木玄徳/赤澤燈 池田有希子 香取新一
野口かおる 千代田信一 神田愛莉/はいだしょうこ/根本正勝 八十田勇一/桜井玲香 他

配信で視聴。

アニメのキャラ絵を見たことがあるくらいで、実はちゃんと読んだことが無かった
手塚治虫の「リボンの騎士」。男装の女の子が騎士をやるってことぐらいしか知らな
かったんで、初めてちゃんとお話を知りました。原作も連載雑誌によってパターンが
違ったりアニメもオリジナル要素があったようで、この舞台がどのくらい原作に
忠実なのかはわからないのですが、今だと結構ジェンダー観とかでいろんな見方が
できそうですね。
天使の悪戯で男の心と女の心を両方持って生まれたサファイア姫が、男性しか継げない
王位を継承するため男として育てられるが、奸臣の陰謀で国外に追いやられ、のちに
恋に落ちた隣国の王子やサファイアに想いを寄せる賊の協力を得て民を救う名もなき
「リボンの騎士」となり、最後には王位を取り戻すというもの。

男の心を持つと勇ましくなり、女の心を持つとしおらしくなって剣を振るえなくなる
というのはちょっと古いかもしれないけど、最終的に両方の心を持つのが生まれなが
らの自分だという結論に至ったサファイアの考え方や、フランツやブラッドがどちら
の彼女も愛したということ、母から女らしさを押し付けられたヘケートの反発などは
わりと最近の感覚ですよね。

これ当時もフランツ派とブラッド派いたんじゃないのw?
サファイアを思いながらも彼女が他に想い人がいることを知って身を引き、1つしか
ない解毒剤を彼女に譲って自分は死んでいくとかさ…!「はいからさんが通る」で
少尉より冬星さんが好きな人とか、ブラッド好きでしょって思うし、演じてるのも
つね君だから当然かっこいいし。
そう、これフランツ王子がテニミュで幸村だった神永くんで、ブラッドが跡部様だった
つね君なんだよね。2nd直後くらいかな。同じテニミュで慈郎だった赤澤くんもいる
んだけど、彼が演じるプラスチック割と好きだったな。最後までサファイアの男の
心だけで立派になっちゃうのはどうかと思ったら、ちゃんとサファイアの心が抜けても
自分自身の心の成長で凛々しくなってたもんね。「ときめきトゥナイト」でアロン
王子とか好きだったんで、それに似たものを感じてしまったよ。

しかし最後のナイロンへの扱い、なかなかえぐいよね。まあ父とブラッドを殺されて
るんだから当然ともいえるけど、命は奪わず彼が散々見下していた雌の家畜に姿を
変えて生きさせる(自殺もできない)っての…。

« GO TO TRAVEL 箱根③ | トップページ | 映画「羅小黒戦記~ぼくが選ぶ未来」 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GO TO TRAVEL 箱根③ | トップページ | 映画「羅小黒戦記~ぼくが選ぶ未来」 »