2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020総括

◆舞台
ミュージカル「新テニスの王子様」

カナタ10周年記念公演『あぶな絵、あぶり声〜祭〜』
「アイ★チュウ ザ・ステージ ~Après la pluie」
「富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE」
「PERSONA5 the Stage #2」
「カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐」
ミュージカル「テニスの王子様」青学VS立海 後編
ミュージカル「テニスの王子様」青学VS立海 後編
ミュージカル「フランケンシュタイン」

◆ライブ
15th Anniversary SUPER HANDSOME LIVE「JUMP↑with YOU」

◆配信・ライビュ視聴
MANKAI STAGE『A3!』〜Four Seasons LIVE 2020〜@ライビュ
「PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice2」

テニミュ3回、それ以外の観劇5回。音楽関係だとハンサムライブ。
ライビュではエーステのライブ、配信でサイコパス2を。
ちなみに去年はテニミュ関係11回、それ以外の舞台16回です。
コロナ、マジ滅びよ…。

コロナの関係で舞台関係が自粛になったの2月くらいからなんだけど
ハンサムライブくらいまではぎりぎり普通にやってて、2月末の
カレイドスコープの辺りは半分くらい公演中止になってましたね。この
後、次に舞台を生で見たのは10月のペルソナ5なので、半年近く全く
生の舞台を見てなかったわけです。3月のヒロステは7月に延期になり
それもまた感染者が出て公演中止。3rdテニミュの〆となるドリライも
最後まで判断を待っていたけどやはり中止に。アリーナクラスでのライブは
さすがに厳しかったよね、あの時期。最後だからドリライの舞台で卒業さ
せてあげたかったよ、テニミュっ子達…。

秋以降舞台上演が再会し始めて、配信等も併せて実施しながら、感染症対策を
敷きつつも、やはり出演者関係者に検査陽性者が出たらすぐ中止の判断を
してっていう手探りのやり方で今なんとかまた舞台が見られるようになった
けど。まだまだ油断ができないよね。
私も今年は配信なんかで見た舞台もあり、一概にまとめての感想はしにくい
けど。

良かったのは富豪刑事かなー。舞台再会直後にしては結構攻めてる演出で
(通路芝居やステージ縁芝居があった)けど、円形ステージで限られた演出
条件の中で作品の世界観、特にアニメ本編後の物語というのを違和感なく
作ってたなと。神戸役の糸川くん、ふと黒ステで糸川くんが演じた赤司君の
未来ってこんな感じかなって思ったり。神戸と加藤のべたべたしすぎないバディ
がアニメの雰囲気をそのまま持ってきたようで良かったです。
新テニで新しいテニミュを見られたのも新鮮な風だったな。

あとハンサムライブ!センター最前列でハンサム達を率いて歌い踊る小関くんを
見られたのが最高でした。推し関係は今年はカレンダーイベントとかも中止に
なってしまったけど、映画「みをつくし料理帖」も見られたしね。

今年は映画をたくさん見た気がする。羅小黒戦記なんか3回見たもんね。

「監獄少年」

SEECの脱出アプリゲームシリーズを引き続きプレイ。
関東大震災の起こらなったifの大正時代で、特高として
反政府主義者の取り締まりに従事する少年と、その近辺で
起こる不可解な事件の謎の物語。
キャラビジュの主人公も結構目が怖いのもあって、いつ
狂気豹変するかと思ったけど、可笑しいのは黒幕1人だった
ので良かったです。充先輩は癒し。大和はそういう役回りの子
だろうなと思ったから、思った通りの着地点についてくれて
よかったです。
遙か6もだけどやっぱり大正時代物って凌雲閣がキーに
なるんだなぁ。関東大震災で倒壊して現存してないって
のも捜索に使いやすいのかもしれないけど。
しかし特ストはやってないんだけど、あの史実の世界線知ってる
おばあさん何なの!if世界線とは言えやはり世界は収束していくと
いうか時期がズレただけで関東大震災は起こるし第二次世界大戦にも
日本は突入していくんだけど、哲以外のあの時を生き抜いた仲間達は
先に逝ってしまったんだなぁ。

充先輩は癒し。気になってた草間さんは充先輩が救出してたようで
(ネタバレ感想を見た)良かった。そこだけ気になってたんだよね。

「羅小黒戦記」原語・日本語字幕版

今日は川崎チネチッタで「羅小黒戦記」の原語・日本語字幕版を観てきました。
今回の字幕は吹替版の初期版とは違う最新版というやつでセリフとほぼ近かったけど、
去年公開された「初期字幕版」というのはまた微妙に訳が違うらしいので、そっちも
見てみたいよ~!
実はこのチケット取りがなかなかの激戦で、この日の販売が3日前の0時開始で
15分で完売してました…まじか。私、頑張ったな!

今日見たサウンドレボリューションという音響さすがに良くて(絶対領域音響は未経験)、
最後の風息の荒い息とか師父ー!と呼ばれてから振り向くまでの深呼吸までしっかり
聞こえたので、吹替版もここで聞いてみたい。でも逆に師匠の「必ず助けにいく!」は
聞こえなかったような気もする…?

山新小黒は花澤小黒よりやんちゃな少年感あるなー!キャンキャンしてる。原語版の
無限師匠はマモ師匠より声が低め且つ感情抑え目なんだけど、普通に「風息」って言う
時と怒りの「フーシィィィィィ!!!」のアクセントがちょっと違うよね。あとロジュの
笑い声は原語と日本語吹替版の声がそっくり!
原音無限師匠が感情抑え目って感じたの、比較になるマモ無限師匠が小黒が風息達の仲間
じゃないと理解して以降わかりやすく声色優しいからなんだよね。原音無限師匠はその
あたりの変化は抑え目なんだけど、怒りの「フーシィィィィィ!!!」での爆発での
ギャップが凄いというか。
あと関係ないけど、やはりラストの師弟共闘好き。
師匠は冒頭から中盤以降までずっと無敵で最強で、何なら複数の敵も片手で軽くあしらう
ように戦うシーンばかり見せられてるから、小黒が傷つけられて以降の必死で余裕のない
戦いぶりがまた胸を打つよね








12/13Sミュージカル「新テニスの王子様」

中学選抜メンバー
越前リョーマ:今牧輝琉 手塚国光:山田健登 桃城武:寶珠山駿
橘桔平:GAKU 跡部景吾:高橋怜也 切原赤也:前田隆太朗
白石蔵ノ介:武本悠佑 千歳千里:松島博毅 遠山金太郎:平松來馬
リリアデント蔵兎座:新谷デイビッド

U-17(アンダーセブンティーン)選抜メンバー
徳川カズヤ:小野健斗 鬼十次郎:岡本悠紀 入江奏多:泰江和明
中河内外道:チャンヘ 大和祐大:松島勇之介 都忍:鈴木凌平
松平親彦:田内季宇 鈴木惷:高橋駿一 鷲尾一茶:釣本南

コーチ
黒部由起夫:村上幸平 齋藤至:和泉宗兵 三船入道:岸祐二

テニミュボーイズ
飯島康平、小黒直樹、中西智也、福冨玄刀、古田伊吹、持田悠生
山野光、吉川康太

うわ~テニミュの新作を観られるって新鮮だああ!
無印テニミュの続編、新テニこと夏の全国大会後の合宿編です。
新テニは学校対抗じゃなく色んな学校の選抜メンバーが出てくるので
どう舞台化するのかなって思ってたんですけど、そこでテニミュボーイズ
ですよ。要はアンサンブルさんで、主要キャスト以外の真田とか柳とか
高校生たちとかをまとめてアンサンブルさんたちが演じています。
アニメではリョーマのいる負け組にエピソードが絞られてましたけど
舞台では勝ち組のシャッフル試合の様子も描かれていて、3rdテニミュ
から引き続き出演してる赤也と金ちゃんがちゃんと勝ち組と負け組に
経験者として配置されてるのも納得です。そしてこの二人の安心感ね。

全体的に高校生と大人の歌が上手すぎるんだけど、さすがに岸さんだけ
帝劇クオリティなのでコートが割れそうでしたw岸さん演じる三船が
松明を掲げて「革命じゃああ!」って叫ぶ姿をどこかで見たことあると
思ったら、私は岸さんをアンジョルラスで見てるんだった!絶対革命
成功させそうなアンジョルラスやで。
高校生や大人たちを見ると、無印であんなに大人に見えた3年生たちも
まだまだ子供なんだなって思ってしまうから不思議。
無印は学校ごとのチーム感で仲間の絆とかが描かれてたけど、今回は
VS高校生、大人って感じで選抜メンバーの絆も面白い。赤也と白石
とかさ。

あと個人的にリョーマ達がお酒を持ち出しに合宿所に潜入する話と、
負け組が崖上に上った直後に乾と柳が連携して土の凹凸と反射角を
記憶・計算してテニスするシーンは観たかったな。まあ後者は乾も柳も
配役されてないので無理だったとは思うけど。頂上に辿り着いた瞬間に
落ちていくアンサンブルの真田はいましたね!


ちなみにロビーでも客席でも私語厳禁なので、友達と見にいっても
基本無言ですw1幕終わった後とかもTwitterに感情をぶつけるしか
ないという。

「アリスの精神裁判」

「紡ロジック」「ウーユリーフの処方箋」「誰ソ彼ホテル」シリーズの
制作陣の、初期のゲームです。部分的に記憶を失った少女アリスが
親友の死の謎を追い、「不思議の国のアリス」と学園裁判の混在した
世界観のお話でした。
これ、読み切りなんですね。チケット制かと思って最初の方だけ
チケット無しで読めるのかな~と思って読み進めてたら最後まで
言ってしまったw
チェシャ猫可愛いね。赤の女王も。
白うさぎちゃんは闇が深いけど、アリスもその一端を担ってたんだよなぁ。
友だちが自分だけを見て自分だけを頼ってくれるという優越感から、
チェシャ猫と出会って変わって、改めて白うさぎとの関係性を見つめ直す
チャンスでもあったんだよね本当は。

しかし望み通りアリスの心に白うさぎの存在は残り続けるのだろうけど
チェシャ猫ちゃんと前を向いて歩いて行って欲しいな。

「誰ソ彼ホテル」

 

生死の境にある人が訪れ、自分が誰かを思い出してあの世か現世へいく
まで過ごす「誰ソ彼ホテル」で働くことになった主人公の少女・塚原音子。
訪れた客の自分探しを手伝いつつ、なぜ自分がこのホテルに来ることに
なったのかを探っていく。
「紡ロジック」「ウーユリーフの処方箋」を作った制作陣の比較的初期の
ノベル系謎解きゲームです。謎解きは例によって結構答え見ちゃったw
ハイスペック阿鳥先輩や可愛いしかないルリちゃん(大外の正体がわかった
章のステージクリアTwitterイラストと文章が合わなすぎマジわろたw)、
そして地獄へ落ちてほしい大外さん。落ちたけど。w
得体のしれない切子さんと瑪瑙さん。特に瑪瑙さんはバッドエンドで
結構薄情だったから(切子さんはまだわかるけど)、未だ謎多き美女だよ…

最初にプレイした紡ロジの瀧紡がメンタルゴリラだったから、ここの
主人公はみんなそういう感じかと思いきや、ウーユリーフのマツリは
全然違うし、今回の主人公の音子ちゃんはメンタルというより作中でも
言われてた通り我が強い、だね。そして阿鳥先輩を失ってしまった経緯や
アナザーエンドを見るに、確かに大外の言う通りで自分の好奇心や
強い相手との戦いを望んで優先してしまう部分が確かにあるんだと思う。
でもその結果で痛い目を見たのがこの物語なので、彼女は自分の失敗に
覚悟をもってケリをつけたし、同じ轍は二度と踏まないはず。
なんだろう、結果的に紡と同じく完全な善性の人間ではないのかもしれ
ないけど、そんな自分を抱えつつ正しい方向に歩いて行ける強さを持つ
子なのかもね。

ルリちゃんに「塚原ぁ!」って怒られたい。
ほんと音子ちゃんはいい趣味してるよ。

舞台「PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice2」

[演出]本広克行 [劇作・脚本]池田純矢
 [出演]
嘉納火炉:和田琢磨、荒牧慶彦、多和田任益(梅棒)、中尾暢樹、青野楓、弓削智久/藤本隆宏

海本博章、長田拓郎、河野賢治、清水優志、田中慶、田沼ジョージ、田ノ中亮資、
茶谷優太、野島透也、藤澤アニキ、藤田真澄、町田尚規、本広春

<ボイスキャスト>
常守朱:花澤香菜 禾生壌宗:榊原良子 ドミネーター:日高のり子


アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」のスピンオフストーリーを描く、舞台シリーズ
第2弾で、嘉納火炉の過去を描く前日譚。
前作は劇場で見たんですが、今回は配信で視聴です。

執行官から色相が改善し、シビュラによって監視官に任命された嘉納火炉率いる
3係は、自然回帰主義者らが暮らすシビュラ社会から隔絶された独立集落
「特別自治区 Neo・Nature・Division」《通称 NND》へ踏み込む―。

前作の話は細かいところは色々忘れちゃってるんだけど、とりあえずラストで
ほぼみんな死んで(公安局死にすぎ)、裏切り者は今回の主役の嘉納火炉でした
って話だったのは確か…というか、シビュラの対極にある人間らしさを、仲間を
殺してでもシビュラの支配に立ち向かい戦うことに見出したというのが前作での
嘉納の印象でした。

「トロリー・プロブレムを見過ごすな」トロッコ問題の話ね。
最大多数の最大幸福の考え方はシビュラシステムにも通じるものがあるね。
そしてここで記憶の改竄の話が出てくるのかあ。記憶を改竄ができれば、脳みそを
入れ替えて別の人格を入れ替えることができれば、犯罪係数を下げることができる。
このエピソードが前作に繋がるのね。
あとなんかこのクラシックをBGMにした惨殺な…大笑いな…ここちょっと安易かも。
でもトロリー・プロブレムの答えをどうせ選べないなら(シビュラの作った)世界を
壊せばいい、となるんだな。そして人口監視官育成計画へ…。

久しぶりのわだくま、顔いいわ~黒スーツアクションもいいわ~。
執行官上がりの監視官という複雑な立ち位置から懸命に部下とコミュニケーションを
取ろうとする人当たりのいい立ち振る舞いと、監視官としての権利を振りかざして
部下を押さえつけようとする狂気じみた表情の落差。監視官と潜在犯の間を彷徨う
揺らぎ。選択を迫られたラストの泣きそうな顔。いいねえ!

そして前作ではミステリーオタクな執行官・蘭具を演じていた多和田くんの、クールで
感情の読めない光宗。こういう多和田くんの芝居観るの初めてかも。抑揚のない語りと
間もいい。っていうか最後のロボットのようなマイムすっご!
蘭具ってロボット執行官だったんだっけ!?前作の記憶よ甦れ…?

荒牧くん演じる嘉納の前任の監視官にしてNNDの治安維持者・神宮寺は不思議な既視感w
ドミネーター持てると思ったら刀渡された話面白すぎるな!愁いと影を帯びた表情は
さすがの美しさですよ…最後の慟哭も…

自然回帰主義者らが暮らすシビュラ社会から隔絶された独立集落 「特別自治区
Neo・Nature・Division」《通称 NND》の隊員の中に中性的な声が印象に残る
男性アンサンブルさんがいるんですが、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の
宜野座役の野島さんの息子さんみたいですね!?親子そろって同じ作品に関わるの
凄いし、お父さんから色々この独特な世界観の話を聞いたんだろうなー。世界の
解像度が違うよね。

ラストは壮大な映画みたいだったな。
スタッフロールが映像で流れるし。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »