2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2/13MSミュージカル「新テニスの王子様」 | トップページ | 「 Don't Breathe」 »

四ツ目神

「紡ロジック」「ウーユリーフの処方箋」などを制作した会社の過去作で
最近フルボイスのリメイク版もリリースされました。途中までそちらの
リメイク版をプレイして要課金にあるところからは旧作をプレイしました。
最後には結局特別ストーリーに課金しちゃったけどねw

あらすじとしては、父方の疎遠になっていた実家を訪れた主人公の真依は、
助けを呼ぶ声と子供に導かれて山中にある四ツ目神社に迷い込んでしまう。
何故か神社から出られなくなってしまった真依は、イミゴとタガタに力を
借りて、神社内に隠された様々な謎を解きながら彼女自身の出生の秘密に
迫っていくというもの。
所謂脱出ゲームです。
エンディングが10種類もあって、しかも一発死亡エンドみたいなのばかり
じゃなくて、ちゃんと物語として成立しているエンドも多くて良かったな。
私はやっぱりベストエンドは育ての親の元に帰って悠真の分も真依が幸せに
生きていくエンドかなーと思います。時を戻って歴史を変えて、悠真も
両親も生きているエンドもいいんだけど、あれはどこかで奇跡が重なった
「そんな世界もあるといいな」っていう世界線の出来事かなって感じで。
キャラ萌えはないんだけど、タガタがイミゴに自分が犠牲にしてしまった
と思い込んでいる弟を重ねて、許しを得られて救われていたっていうラスト
良かったな。そりゃタガタは真依よりイミゴが大事だよ。

ところで特ストで修二の存在思い出したけど、修二もまた幼い頃に四ツ目神に
呪われてしまった子だったのかもね。「いらない子」になることへの恐怖心が
根強く植え付けられてしまった。真依が相良の養子になるエンドでニヤっと
笑ってたのどういう心境なんだろう。兄夫婦を殺し、弟を遠ざけ、正当な後継ぎ
である真依を後継者に据えたことで、自分の存在価値をまた一つ示せたって
思ってるのかなあ


« 2/13MSミュージカル「新テニスの王子様」 | トップページ | 「 Don't Breathe」 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2/13MSミュージカル「新テニスの王子様」 | トップページ | 「 Don't Breathe」 »