2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 8/21Sミュージカル「『テニスの王子様』 4thシーズン 青学VS不動峰」 | トップページ | うたのプリンスさまっ「SHINING STAR STAGE 」 »

真保裕一「発火点」

超久しぶりの真保裕一作品。「ホワイトアウト」とか小役人シリーズとか
読んだなあ。

家族を捨てようとしていた父親、そんな父を家に引き留めるために
父の元同級生に居候を勧めた母子。行き場がなく、母子の思いに
気づきながらそれに乗っかった父の友人。
母子と父の友人のそれぞれの思惑、言葉にしないまでも共犯めいた
関係が、父を死に至らしめる。
父の友人が凶行に走った「発火点」は何だったのか・
この謎自体は魅力的なんだけど、なかなかそこに話が進まないのがなあ。

半分くらいまで主人公が自分の未熟さを過去や他人のせいにしたり
思いを寄せてくれた女性を傷つけたりで、反省したり逆に攻撃的に
なったりととにかくグダグダしてるシーンが続きます。
後半やっと父の過去と向き合うようになるので、そこの謎に向かって
テンポがよくなる感じかなあ。同時に、主人公も急成長します。
怪我させられた記者もびっくりの進化っぷり。
結局、母と父の友人は父の死後新しい共犯関係を結んだんだね。
自分の心を守るために。

最後のプロポーズ唐突感あるし、たぶん明記されてないけど相手は
靖代だと思うんだけど(藍子は夢を追ってそうなので)、靖代もまた
あの後に別の男と子を設けて、今はシングルマザーの時に主人公と
再会したってことなのかな。
再会した時の主人公の様子を今でも君は笑うけど、って書いてある
からには良好な関係築けてるんだと思うけど、そこかなり重要というか
あの別れ方からどうやってそこまで関係改善したんだ…。

でもマジ、主人公にとっての僥倖は靖代でも藍子でもなくシゲの
存在だと思う…。

« 8/21Sミュージカル「『テニスの王子様』 4thシーズン 青学VS不動峰」 | トップページ | うたのプリンスさまっ「SHINING STAR STAGE 」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8/21Sミュージカル「『テニスの王子様』 4thシーズン 青学VS不動峰」 | トップページ | うたのプリンスさまっ「SHINING STAR STAGE 」 »