2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

舞台「黒子のバスケ」THE ENCOUNTER

[キャスト]
【誠凛高校】 黒子テツヤ:小野賢章/火神大我:安里勇哉/日向順平:牧田哲也
伊月 俊:秋元龍太朗/小金井慎二:阿部快征/水戸部凛之助:松本享恭
土田聡史:鍛治本大樹/相田リコ :田野アサミ/
【海常高校】 黄瀬涼太:黒羽麻璃央/笠松幸男:松村龍之介/森山由孝:和合真一
早川充洋:平野宏周/
【秀徳高校】 緑間真太郎:畠山 遼/高尾和成:山田ジェームス武/大坪泰介:Spi
宮地清志:竹ノ内大輔/
【桐皇学園高校】 青峰大輝:小沼将太/今吉翔一:林 明寛/若松孝輔:松藤和成
桜井 良:赤楚衛二/桃井さつき:杉 ありさ

[スタッフ]
原作:藤巻忠俊(集英社 ジャンプ コミックス刊)/脚本・演出:中屋敷法仁
振付:川崎悦子/美術:石原 敬/照明:佐藤公穂/音響:山本能久/衣装:山田いずみ
ヘアメイク:宮内宏明/演出助手:城野 健/舞台監督:川除 学
主催・企画:舞台「黒子のバスケ」製作委員会
制作:バンダイナムコライブクリエイティブ、ゴーチ・ブラザーズ


黒子っちから黒子っちの声が!!(5年ぶり2度目)


黒ステの最初のこの公演は実は劇場で観てるんですが、当時は黒バスについて
アニメちょっと見たくらい~ってレベルで物心ついてなかったので。
黒バスにはまった今、改めてちゃんと見たいと思い、配信をレンタルしちゃい
ました。あの時とは解像度が違うぜ?

さすが本物の「僕は、影だ」ですねえ。そしてOPはグランロデオ。
アニメは途中まで見てたんだけど、もう最初の方は忘れてるし舞台版も見てから
随分立つから新鮮です。
2016年ってテニミュ2nd終わってわりとすぐで、麻璃央くんとか小沼くんとか
卒業後の次の大きな仕事って感じだったよね。その余韻で、舞台も見に行った
記憶があります。

当時も思ったけど、火神の安里くんって他選手と比較してもそんなに大きくないんだよね。
ハイキュー舞台が知名度よりキャラの身長とかに忠実なキャスティングしてるのに対して
黒ステはキャラの内面とか役者の華やかさとか、そういうところからキセキを引っ張って
きてるのかな。アニメで声やってる賢章先生が黒子役をやるっていうのも話題でしたし。
しかし、最初火神くんでさえ下手すぎる黒子に「バスケやめた方がいい」って
言ってたのに、青峰くんは黒子をレギュラーにしようとしたんだよなー。


黒子の能力を実写でどう見せるかって一つの演出のポイントだったと思うんだけど
交差したり動き回る他選手の動きの影と一体となって動いて、いつの間にか持ってた
ボールが別の選手の手に渡ってるって表現なかなか面白いね。

麻璃央くんの黄瀬くんは写真で見るより動いてる方が断然いいね。グレーの制服も似合う!
そして海常可愛いよ~笠松先輩~森山先輩~!
序盤の火神くんってレベルの高いアメリカから来て周囲からちょっと敵わないって
諦められていらついてる描写あったじゃないですか。これって早々に全く異種の強さを
持つ黒子や正統派で自分の上を行く黄瀬くんと出会ってなかったら、青峰くんと同じ闇に
堕ちる落ちる可能性高かったんだなあ。
そして「俺にそういうこと言ってくれる奴、久しぶりだ」って喜んでる火神を見るに
諦めない負けん気の強さで光たちをひきつける黄瀬くん!って色々考察してまうわ。

秀徳はやっぱりジェーの高尾いいよね。
緑間くんが俺は好き嫌いでバスケはやっていない!って言ってたけど、別段深い事情とか
なかったよね…?

誠凛は3回戦もあって大変だね…というわけで桐皇戦。
帝光時代のダイジェストもやってくれて、ピュア峰くんも拝めました。
第4クオーターで黒子・火神と青峰が対峙して「新しい光と影を見せてみろ」って煽る
シーンはシンプルな照明が逆光で新光と影を照らしてて良かったです。

腐的な話になるんですけど(なるんかい)、青峰くんの相手って黄瀬くんじゃなかったと
しても(?)、黒子っちではないなみたいな印象があります。桃っちはあり得る。
黒子っちはやっぱりラスゲまで見ても火神くんなんだと思います。
もし、青峰くんも高校で出会うような強敵と出会えて黒子っちと相棒関係を続けられていたら
違ったかもしれないけど。火神くんと出会ってしまった黒子っちは、やっぱり新しい光の
影となることを選ぶと思うんだよなー。
キセキを倒すための道具として選んだビジネスパートナーみたいな存在だった火神と
真の相棒になっていくのが醍醐味よの

「Sweet pool」

もともと商業BLって読まないので、なかなか感情移入もしにくかったなあ。
蓉司が体弱い上に超常的な原因で更に体調不調になったりもするしで、
空気感は常に薄暗いし。哲雄とかに序盤結構好き勝手にされるのも、
それに流されるのもなかなか受け入れがたく。
でも、キャラ達を好きになったらこのメリバ的な人にはたまらんだろうな。
何せ、誰かと結ばれてハピエンが1つもないもんな!
まあ強いて言えば、他ルート全部クリア後に解放される哲雄エンド4が
真エンドっぽいし比較的ハピエンなのかな。でも駅のホームの向こう側に
いた蓉司は高校生の姿のままだったし、二人が再会してって展開は望み
薄なのかも。こういうのって普通は最後に2人がすれ違って「え…?」
みたいに希望持たせる終わり方多いんですけど、そうはならないさすが!

ゲームシステムとしては、言動を選択するのではなく本能か理性を選択
する感じ。CV遊佐浩二の時点で怪しんでいた担任教師の周辺については
明かされないのかな。


哲雄エンド1は、オスとメスとなった2人が交わって、生み出された
紅い瞳の純成を姫谷が見つけるラスト。叔父の手帳にあったとおり
純成を生み出したオスとメスは死んじゃうそうなので、哲雄と蓉司は
死んじゃったんだろうね。神に存在を認められなかった者たちの願いを
受け入れたってことなのかな。その先は死で心中みたいにも見えるけど
思い合った相手と結ばれて、本人たちはそれなりに満足なのかも。
あ、赤ちゃんじゃなくいきなり少年形態なのね。


哲雄エンド3はエンド1の派生で、神に存在を認められなかった者
たちを受け入れなかった結果、そんな半端な覚悟で善弥たちを殺した
のかと結ばれる直前に姫谷に殺される。


哲雄エンド2は、屋上で姫谷に撃たれた蓉司が哲雄と一緒に屋上から
プールに落ちていく中で、かつて両親が死んだ事故のときに父親が
自分を庇ってくれたときのように、自分の肉を哲雄に与えることで
哲雄を生かした。その結果、わずかな時間蓉司は回復した哲雄の傍に
亡霊のように共に過ごすことができたけど(世間的には死んでる)
その猶予期間も終わって存在が消えるところ。って感じ?

哲雄エンド4はエンド2の派生で、プールに落ちる瞬間、蓉司が
自らも生きたいと強く願うと、哲雄も蓉司も生き残るけど哲雄は
蓉司に関することだけ記憶を失って、何か心に取りこぼした喪失感の
ようなものを感じながら生きていく。蓉司は


睦エンドは、人であったのにメスのフェロモンに惑わされた睦が
蓉司を殺して自分の物にしてしまうラスト。
えー、これなら哲雄エンドの方が和解できて歩み寄れて睦的にも
幸せじゃんね。
渇望して手に入れたものは底の見えない絶望という。理性を選択
し続けてるからもうちょっと穏やかな、友情の延長のようなお話
かと思ったら違ったで!


善弥ルートは睦より悲惨。騙されて囚われて飼い殺しにされる。
でも善弥は親に肉を食わされて強制的にオスに変えられた出来損ない
だから、純成は生まれないんだよね。

舞台「血界戦線」


[スタッフ]
原作:内藤泰弘『血界戦線』(集英社 ジャンプ コミックス刊)/脚本・演出:西田大輔
音楽:GIRA MUNDO


出演:レオナルド・ウォッチ:百瀬朔 クラウス・V・ラインヘルツ:岩永洋昭
ザップ・レンフロ:猪野広樹 スティーブン・A・スターフェイズ:久保田秀敏 
チェイン・皇(スメラギ):長尾寧音 ツェッド・オブライエン:伊藤澄也 
K・K:安藤彩華 ギルベルト・F・アルトシュタイン:萩野崇 
デルドロ・ブローディ&ドグ・ハマー:川上将大 ミシェーラ・ウォッチ:斉藤瑞季 
偏執王アリギュラ:甲斐千尋 Dr.ガミモヅ:佐々木喜英
トビー・マクラクラン、サックス:丹澤誠二 ドラム:KEN’ICHI ピアノ:安島萌 
ウッドベース:玉木勝 ほか

配信で視聴。
本当はこちらが第一弾だったんですねw
クラウスの話とザップのマグナムが大変になっちゃう話とスティーブンのホームパーティの
話とチェインがレオの財布取り返してくれる話とデルドロの話と。そういえば先に見た
第二弾でクローズアップされたキャラじゃない子たちは、第一弾の方で描かれてたんですね。
スティーブンの小針の攻撃、白い細かい紙吹雪が噴出するの氷結攻撃っぽくていい。
スティーブンやっぱかっこいいよな。もっと足技使って欲しいけど。この間東リベで
松田凌くんのマイキー見た時も思ったけど、蹴り技って足をどんだけ高く振り上げても
全然体がぶれない体幹の人だとめちゃくちゃかっこよく見えるよね。
あとミシェーラの婚約者話。このへん一応アニメ何となくだけど覚えてるなあ。
ミシェーラ役の人、歌手さんなのかなと思ったら、ミュージカルに結構出てる方だった
みたい。兄妹のラストシーンは涙ぐんでしまったな。

音楽が相変わらず良くて、全体的にジャズ風のテイストが作品の空気感に合ってたなあ

舞台『血界戦線 Beat Goes On』

原作:内藤泰弘『血界戦線』(集英社 ジャンプ コミックス刊)
脚本・演出:西田大輔/音楽:GIRA MUNDO

出演:レオナルド・ウォッチ:百瀬朔 クラウス・V・ラインヘルツ:岩永洋昭 
ザップ・レンフロ:猪野広樹 スティーブン・A・スターフェイズ:久保田秀敏 
チェイン・皇(スメラギ):長尾寧音 ツェッド・オブライエン:伊藤澄也 
K・K:安藤彩華 ギルベルト・F・アルトシュタイン:萩野崇 
デルドロ・ブローディ&ドグ・ハマー:川上将大 ミシェーラ・ウォッチ:斉藤瑞季 
偏執王アリギュラ:甲斐千尋 Dr.ガミモヅ:佐々木喜英

配信で視聴。
アニメは見ていた血界戦線の舞台化。いきなり舞台第二弾から見てしまったw
生演奏なのいいですねー!サックスとヴァイオリンが痺れる。演奏陣がステージの
影じゃなく正面後ろで演奏してるので、音楽の存在感もしっかり。
あと、いろんな異界人役のキャストさんのかぶってるマスクがちゃんと作られてて
画面でアップになっても世界観を壊さない出来で素晴らしい。
日常と非日常、人間界と異界の入り混じったヘルサレムズ・ロットが出来上がってる。

キャストも結構声寄せてるよね。レオやクラウス、スティーブンとか結構似てる。
声に特徴のある中井さんの演じてるザップは、猪野くんはどちらかというと舞台
オリジナルな若々しいザップを作ってる感じ。
スティーブンも久保秀だからだいぶ若い。
殺陣は西田さんの殺陣を感じる!

レオが仲間になる話、クラウスの執事ギルベルトの話、そしてネジの話、ツェッドの
話(ニューイヤー)などを積み重ねていく構成。
ネジ可愛いな。ネジとバーガーくれなかったレオナルド君のお話、アニメでも
印象的だったな。二人は出会いの記憶は失うんだけど、また出会って友達に
なるんだな。
暴力を受けるレオを見てネジが胞子を爆発させるシーン穏やかなピアノ曲で
それも良かった。
ところでチェインが敵女の体を貫通して腕を動かしてるの、機械を服の下で
同線かリモートで通して操作してんのかな?

「鳥籠のマリアージュ」

元はPC版の18禁ゲームで、これはおそらくR18シーンをカットした移植した
全年齢版。そのせいかボリュームは大したことなくさくっとプレイできます。
タイトルから想像できるとおり鬱というかヤンデレ展開不可避です。

個人ルートはメイン二人が頭おかしいorクズなのでもやっとする部分も
あるんだけど、そこから派生するBADエンドとかは病みっぽくて良かったかも。

続きを読む "「鳥籠のマリアージュ」" »

「ファイアーエムブレム~風花雪月」

2年くらい前から友達に勧められていた本作を、ようやっとプレイ。

ああ、この手のシミュレーションゲームはサモンナイト2でめちゃ苦労したので、
知ってる…「ファーイヤーエーンブムレム!!てーごわい、シミュレーション♪
でしょ…?」とビビってたんですが、難易度選択のおかげで何とかで行けました!
バランス的にノーマル・カジュアルが私にはちょうど良かったです。w
難しすぎるとたぶん楽しめなくなっちゃいそうなので。
あ、でも帝国居城戦は多すぎるモブ兵にちょっと苦労しましたw

1部は主人公が教師となる士官学校編、2部は各学級に分かれて国際紛争に突入
する政争編になるんですが、てっきり途中までは他学級の子たちも2部とかで
主人公の元に集って、最終的には全ユニット仲間にして操作可能キャラになると
思ってたんですよね。我ら!大神華撃団!的な?
すんませんした…ガチの殺し合い血の同窓会じゃんね?
紅華ルートはともかく、他ルートは対帝国ってことで共闘できたんじゃあない
ですかね!?自分の目的のために死んでいった他の組長とは違い、妄執に執り
つかれたまま死んでいったディミトリとそれを追うドゥドゥの青主従が悲しい…。

ゲーム序盤は結構やることが多くて、散策時間も全然足りないんですが、後半は
ミッションもなくなるし機械的に花を育てたり釣りをしたりひたすら食堂で
ご飯食べたりしてました。お見合おじさんもしました。先生お腹いっぱいです。
早めに最上級職まで行けるんだけど、もっといろんな兵種を経験してスキル
集めた方が良かったのかなー。育成もあんまり終盤はしなくなっちゃった。
でも戦闘については時間戻せるのチートだし、完全にシステムを把握しきれ
てなくても何とか力押しでいけるのはありがたかったな。おかげで詰まる
ところはなかったです。
お話は、1学級やっただけだとわかんない感じ。各級長の過去や思惑なんかは
やはりその学級のルートを選ぶとわかるけど、主人公の出生の秘密とかは
銀雪ルートじゃないとわかんないですね。
プレイ順は蒼月、紅華、銀雪、翠風だったんですが、奇しくも段々物語の真相が
わかってくるルート順になりました。

続きを読む "「ファイアーエムブレム~風花雪月」" »

名古屋旅行③

やっぱ名古屋来たら名古屋飯でしょー!ってことで、ホテルでは食事を付けずに素泊まりにして
色々食べました。

きしめんとあんかけスパゲティ

Dsc_0856 Dsc_0847

朝食に食べたきしめんはふわふわの卵の入ったきしめん。あったかくておいしかった!
きしめんの麺って平たく打たれてるせいか、わりとコシがあって食べ応えありましたね。
あんかけスパゲティは初めて食べたんだけど、このあんって何でできてるの?
トマトっぽくもあり?スパイシーで。初めて食べる味でした。

ひつまぶし

Dsc_0848 Dsc_0849

ひつまぶしの元祖、あつた蓬莱軒さんで頂きました。
一杯目はそのまま、二杯目は薬味を入れて、三杯目はだし汁をかけてお茶漬けにしてっていうのが
定番ですが、私は二杯目の薬味をたっぷり入れた食べ方が一番好きかも♪
だし汁かけたのも美味しんだけど、すぐなくなっちゃうし…
4000円くらいするのですが、納得のおいしさでした。鰻がふわふわ柔らかかったなー

帰りに新幹線で駅弁を買って、名古屋コーチンの鶏ご飯を頂きました。
自宅用のお土産に名古屋コーチンの炊き込みご飯の素も買ったので、家でも食べるぞー!

 

 

名古屋旅行②

二日目は前日に何となく決めた予定で、名古屋から電車とバスを
1時間乗り継いだ犬山市にある「明治村」という、本物の明治建築を
保存展示する屋外博物館に行ってみることにしたんですが。

これがね、ちょっと舐めてました。
見られるの外観だけかなとか、一日いられるほどの施設か?って
思ってたんですが、とにかく60以上の建築物、建物内に入って
見学できるものがほとんどで、さらに室内に資料展示もあり。
とてもじゃないけど、当初の予定の3時間じゃ見切れない!
5つの区画に分かれてたんですが、1丁目、2丁目と順にみて
いやこのペースじゃこの先見たいと思ってた施設までいけないぞ!?
となり、慌てて猛スピードの競歩で村内を駆け抜けましたw

時間あったらもっとじっくり見たかった。
いやみんな、明治村面白いよ…行った方がいいよ
特に印象に残った建物をいくつかピックアップ。

東松家住宅

3階建ての油売の商家と住宅。手前が店、奥が住居でさらに奥は土蔵に
続く縁側と中庭。奥行きありますね。
晴れの日にこの家で食べられていた料理の模造もおかれています。
ちらし寿司もあって結構豪華!家長の席にだけ徳利置かれてた!

Photo_20210927220201 Photo_20210927220102  

土間が3階吹き抜けになってます。
中二階は女中部屋で、二階は茶屋になってるそうです。

Photo_20210927220202 

森鴎外・夏目漱石住宅

Photo_20210927220702 Photo_20210927220501  Photo_20210927220602 Photo_20210927220601

森鴎外と夏目漱石が同じ借家に相次いで住んでたとは知りませんでした!明治時代の典型的な
中流住宅の様式らしいです。狭い女中部屋もありました。
一番面白かったのは漱石の書斎イメージの再現。漱石はここで「吾輩は猫である」「坊ちゃん」
「草枕」を執筆したんだそうです。家のあちこちに黒猫ちゃんの置物もあります。なぜか
漱石贔屓で鴎外の気配はありませんでしたw

 

帝国ホテル正面玄関
Photo_20210927222901 Photo_20210927222801  Photo_20210927222701 Photo_20210927222702

20世紀建築界の巨匠として名高いフランク・ロイド・ライトによって設計された、旧帝国ホテルの
中央玄関部。
帝国ホテルは開業が関東大震災の日だったとか。周辺の建物が崩れても帝国ホテル
は何とか無事だったようで、良かったよね。
幾何学的な柱のデザインや高さの違う天井、外の景色を眺めるのに邪魔をしない模様を端に寄せた
ステンドグラスなど、視界を楽しませる工夫がたくさん!

西郷從道邸

西郷隆盛の弟、西郷従道が建てた住宅のうち、接客用に設けられた洋館。

Photo_20210927224002 Photo_20210927224003 Photo_20210927224001 Photo_20210927223901 

私の好きな洋館見学!室内の家具なども併せて当時の生活の風景を覗かせるような展示が
嬉しい。大河ドラマの「西郷どん」に確かこの弟も出てきて、新政府の大臣になって自宅の洋館に
いるシーンも見てたはずなんだけど、それがこの建物だったかまではさすがに覚えてないやw

 

名古屋旅行①

毎年恒例の夏旅行、緊急事態宣言も解除直前という感染者現象傾向だったので、
控えめに近場の名古屋へ一泊旅行してきました。
名古屋は遠征等で何度も行ったことはあるんですが、観光はしたことなかった
んですよね。

本当はいろんなお城を見学したかったんですが、犬山城も清州城も緊急事態宣言で
休業中で、行けたのは名古屋城のみ。
そこで、今回は名古屋城に徳川美術館、明治村に行ってみることにしました。

というわけで名古屋城
Dsc_0844

見学できるのは復元された本丸御殿。徳川家康の命によって建てられた尾張徳川家の城です。
家光が京都に上洛するときのために増築された上洛殿や藩主が身内や家臣との対面や宴に
使う対面所など見学することができます。

Dsc_0842 Dsc_0839

ふすまの絵とか欄間の飾りとかきれいだったな。

徳川美術館は写真は撮ってないんですが、尾張徳川家の歴史を辿るかなりボリュームの
ある美術館です。見ごたえありました…!
尾張の姫君たちの特別展示もあって、着物や小物などたくさん見られました。
将軍家と尾張紀伊水戸って養子のやりとりしまくってるんだなー。尾張徳川家に関する
知識が乏しいので、情報量に圧倒されました(笑)

知識があると楽しめる場所って多いよね、勉強しよ!

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »