2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart」 | トップページ | 「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」コラボフード »

「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」劇場版公開5周年記念上映@京成ローザ

劇場版公開5周年記念ということで、期間限定で京成ローザで上映された
「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」を見てきました。
リアルタイムで公開時見られなかったから、こうして毎年京成ローザさんで
上映してくれるのマジでありがたいなあ。結果、期間中3回見られました!
千葉遠いけど頑張った!

ラスゲはほんと展開に緩急あってみんなに見せ場あるし、普通に面白い。
全編ほぼ試合で動きも多いから見てて飽きないしね。
ラストの「きめろー!」だけ、確かに平成初期感あっておもろいんだけどw

作中いつ見ても青黄ちゃん隣にいるし、黄瀬くんが自分の体力温存のために
自己犠牲的にシルバーを一人で請け負う時の、青峰くんの「納得いかねぇ~でも
勝利のためにはそれが最善だってわかるでも納得いかねえ」って表情最高なんよな。
青峰くんお勉強のできるキャラじゃないけど、ちゃんとわかってる。
エースは誰かに想いを託される存在だってこと。
黄瀬くんの意図にキセキと火神くんはハッとして気づくんだけど、黒子だけ監督の
話で初めて気づいた表情するのも、エースとそうでない者の差でもあるんだなあ。
各学校のエースが集結したVopalSordsだけど、その中でもエースオブエースって
いったら唯一試合全部通して出場し続けたキセキの世代のエース青峰大輝なんよ。
だからラスト2分で、黄瀬くんと紫原くんを映しつつの青峰くんのセリフ「あいつらが
繋いでくれたから」なんだよね。しかも、黄瀬くんなんか露骨に青峰くんのために、
それが引いてはチームのためにって行動したわけなんだからさ。ううっ。


誠凛に負けた青峰くんが色んなものを取り戻していく姿を桃っちは涙ながらに見ていくけど、
黒バス集大成であるエクゲ(ラスゲ)でやっと青峰くんが取り戻せるのが黄瀬くんと心底
バスケを楽しむ心なんだよなあ。自分に憧れてバスケを初めた彼に向き合うことは、自分の
バスケと向き合うことでもあるよね。
黒子っちとの拳ではバスケはチームプレイでありまだ強敵はいること、キセキとのストバスで
はかつての友情を思い出した。エクゲ(ラスゲ)で桃っちが涙した青峰くんと黄瀬くんの
姿は、一番純粋にバスケを愛し楽しんでいた気持ちの象徴たる日々なんだろうなあと。
最も綺麗で壊れやすい青峰くんの感情よ。
青峰くんに「俺もNBA行く」って言われるまで黄瀬くん自身の視野にNBAがないの、
やっぱりまず身近に青峰くんという超えるべき存在がいるからなんだろうな

最強タッグからの黄瀬くんのゾーン入り、黄瀬くんのバスケのスタートは青峰君だけど
ゾーンのトリガーは海常の笠松先輩の言葉ってのがいいよね。
以前ラスゲの感想を書かれた方の言葉で、海常は主人公学校である誠凛の次に、先輩達
の物語がきちんと描かれていて、それは模倣能力者でキセキの下っ端で何物でもなかった
黄瀬くんが「海常のエース」になるための物語でもあったからっていうのがあって。
なるほどなって思った。正直、黄瀬くんと緑間くんあたりは誠凛に負けなくても高校の
先輩達にしごかれて自分の居場所と自分のバスケを見つけることができたような気が
する。黒子っちとのかかわりとは別で彼の物語は描かれてるんじゃないかな。
青峰君への憧れから始まった黄瀬くんのバスケは、最終的に青峰くんとは違うものに
なることで隣に並んで立てるようになるんだねえ。
登場キャラの中で試合中に成長を遂げるのが黄瀬くんと紫原くんで(どちらも高校の
先輩たちの存在がトリガー)、この二人は特にまだまだ伸びしろがあるんだな
ってのが表現されてていいな。青峰くんなんかも一人で突破せずパスを出すように
なってたり、赤司くんもチームプレイの重要性を説いたりと勿論成長した姿を
ジャバウォック戦で見せてはいるんだけど、試合中に成長したという意味では
黄瀬くん紫原くんなんだよね。
ラスゲで黄瀬くんも紫原くんもチームのために自分が踏ん張る決断をするけど、
黄瀬くんはエース青峰の体力温存のためだし、紫原くんは赤司くんがナッシュを
制することを信じての行動だし、良いよ~。

ジャヴァウォックと言えば、改めて見るとほんとキャバクラのテーブルに中身あるの
フルーツ盛りとポッキーだけで、あとは空のグラス(お酒っぽい瓶とアイスはある)なの
笑うな。パセラリゾーツか?
しかしほんとジャヴァウォックでも緑間くんの上位互換は存在し得ない。最強すぎる。


あと黄瀬くんからのパスを巡って喧嘩する青峰くんと火神くんほんと善き。
黄瀬くんの顔掴むのアニオリだよね?w
ラスゲでもキセキ+火神で協力プレイするとき素直じゃなく紫原くんも青峰くんも
文句言わずにはいられないけど、黄瀬くんは普通に1on1しよ!って誘えるくらい
友好的だもんね。でも俺司くんか最後に融合した赤司くんなら、「最高のライバルで
友」って本人に向かって堂々と言えるくらいだからかなり友好的!
キセキと火神くんの友好度、高い順に黄瀬くん、赤司くん(融合)、俺司くん、緑間くん、
紫原くん、僕司くん、青峰くんってイメージかな。

キセキの中では黄瀬くんが圧倒的にコミュ力高いから評価高くて高尾くんに「キセキが
みんな黄瀬くんみたいだったらやりやすいのに」とか、若松さんから「黄瀬PGもいける
じゃねーか」「圧巻のパーフェクトコピー」とか言われてんのも好き
そして未だに今吉さんがCV中井和哉さんなのと、若松さんがCV鳥海さんなの脳がバグる。
全然声優さんと結びつかなくてキャスティングうますぎか

あと紫原くんが普通に友達同士の会話みたいなのしてんの好きなんだよね。キセキが
集合したときの黄瀬くんとの「思ったより早い再会になったっすね」「んー」とか
試合中のベンチでの青峰くんの「うるせーだけじゃねーか」「ねー?」とか。
中学時代同じクラスだった黄瀬くんと紫原くんのゆる会話もっと見たい。

« 「ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart」 | トップページ | 「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」コラボフード »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart」 | トップページ | 「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」コラボフード »