2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 舞台「黒子のバスケ」ULTIMATE-BLAZE【帝光編】リーディング | トップページ | 「ジェーン・ドウの解剖」 »

Mama

アマプラで視聴。
ホラーだけど物語性があって、そんなに怖くない。
子供が蛾を食べてるのがちょっとグロ!ってなったけど。

最初は叔父もその恋人のアナベルも自由に好きなことしたいだけの
バンドマン(偏見)で、姉妹の事も何かしら利用しようとする目論見が
あるのかと思ってたけど、二人とも超いい人だったyo!
特にアナベルは冒頭に妊娠検査薬で陰性が出て喜んでる描写から始ま
ったので、子どもとかいらねーしめんどくせーってタイプなんだろうなと。

でも姉妹と引き取った後も、子どもが苦手そうな彼女なりに接していたし、
彼女らと心を通わせるようになってからは本当によい母親代わりを
してたなと。

やっぱり幼いリリィはまだママに心を寄せているのは、父の思い出
があり、人と暮らしていた記憶が残ってたヴィクトリアと違って、より
霊的・神聖な存在にリリィは近すぎたのかもしれないなあ。

クライマックスで、ママの過去とその遺骨を見つけるあたりとか、
子供の遺骨を返してママが化け物から母親らしい表情を取り戻すあたり、
幽霊にも悲しい過去があってその無念なりを晴らしてあげると成仏して
くれる的なのって日本的展開だなって思った。
ちょっと初代リングの貞子っぽいじゃん?
でもここで終わらないし、リリィだけは自分の意思でママと一緒に行く
ことを選び、二人は幸せそうに

アナベルと暮らしていた日々を見ると、時間をかければリリィも人間性を
取り戻すというか獲得して、ヴィクトリアのように普通の生活を送れるよ
うになったと思うんだけど、そうなる前に、アナベルと近くなった直後
あたりにママが連れて言っちゃったからね。

« 舞台「黒子のバスケ」ULTIMATE-BLAZE【帝光編】リーディング | トップページ | 「ジェーン・ドウの解剖」 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 舞台「黒子のバスケ」ULTIMATE-BLAZE【帝光編】リーディング | トップページ | 「ジェーン・ドウの解剖」 »