2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「リーガル・ダンジョン」 | トップページ | 11/26S舞台『家政夫のミタゾノ THE STAGE ~お寺座の怪人~』 »

「MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~」


【春組】
皆木 綴:前川優希

【夏組】
皇 天馬:陳内 将 向坂 椋:野口 準

【冬組】
雪白 東:上田堪大

新庄リョウ:里中将道 迫田ケン:田内季宇
松川伊助:田口 涼 鹿島雄三:滝口幸広

映像でみました。
エーステはこけら落とし公演は春夏秋冬全部見たんだけど、第2回公演は
見た事なかったんだよね。今回の主役は臣。初回公演はだいたいリーダーが
メインで、舞台と仲間達に向き合っていくお話だから、次は違う切り口で
舞台づくりに立ち向かっていく話になるんだね。
臣主演のSF物と左京主演の任侠物。
特に臣は前回ほぼ唯一特段の問題も無かったし、ある意味最初の春組から
出演してきて少しずつ描かれてきた左京の背景と違って、亡き友人の夢を
受け継ぐっていうの、なかなか複雑な構造だからここで深堀されるんだね。

万里と十座もだいぶいいコンビになってきたね~。
上手くいかないときは同じようにモヤモヤしてぶつかるけど、それは何とか
したいって気持ちも同じだからで。街中でリョウと臣がぶつかったときも、
十座が臣を見て万里がリョウを追いかけるっていう役割分担もすんなりこなして。
太一も自分のお芝居の課題に向き合いつつ、臣も助けようとしてるのいい。
太一は臣と同室だし、前回公演の裏切りのときも一緒に謝ってくれたりずっと
いいお兄さんみたいだったしね。過去に囚われてた臣にとっても若い太一の
まっすぐな言葉に今回救われたんだろうな。
左京と東さんの見守る大人組トークも善き~。
天馬と万里のリーダートークもいい。リーダーがリーダーしてるお話すき。
自分なりに仲間と向き合う。仲間を見続ける。
万里なりの向き合い方は「おっさんどもを見返そう」という発破のかけ方で
十座も関わろうとしてて、その気持ちが臣には嬉しかったんだろうな。
本番前に天馬と万里が拳合わせてるのもね。

劇中劇大好き人間だから毎回Aステの劇中劇大好き。
臣のヴォルフかっこいいな~。ゼロは可憐だけど足がたくましいw
眼鏡のマッドサイエンティストの万里は美しい…
謎を秘めた少女と彼女にやとわれた年長の拗らせた傭兵みたいな関係、万人
好きだと思うけど(断言)OZのフィリシアとサージェントを思い出すな~。
イナセかっこいいんだけど、正直終始歌の下手さは伝わってきたなw


2幕は左京のお話。臣の話は臣と対外の話だけど左京の話は対身内。
左京さんの自己肯定感の低さ、居場所のお話なんだなー。
立場上、若い秋組を一歩引いたところから支えることが多かったから(1幕も)
誰も左京さんに踏み込ませてもらえないんだよなー。左京さんが一線引いて
しまってるのもあるし、他の人たちが遠慮しちゃってるところもある。でも
ガチンコで喧嘩みたいにぶつかり合うのが秋組だからね!
あと、左京さんやってる藤田さんのお顔好きなんで、映像のありがたさと
いうかお顔のドアップ感謝です。

« 「リーガル・ダンジョン」 | トップページ | 11/26S舞台『家政夫のミタゾノ THE STAGE ~お寺座の怪人~』 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「リーガル・ダンジョン」 | トップページ | 11/26S舞台『家政夫のミタゾノ THE STAGE ~お寺座の怪人~』 »