2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 11/14「テニミュ秋の合同大運動会2023」 | トップページ | 11/26「うたの☆プリンスさまっ♪ ST☆RISH LIVE STAR TREASURE -SUNSHINE-」 »

「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」

Xのタイムラインで話題だったので見てきました。

もともと「ゲゲゲの鬼太郎」はアニメの3期(夢子ちゃんがでてくるやつ)と最近
やってた6期(沢城みゆきが鬼太郎のやつ)しか見てなくて、水木しげるの原作や
「墓場鬼太郎」と言われる別次元の物語も良く知らないんだけど、本作はアニメ
6期の前日譚ということだったので、予備知識を入れずに鑑賞。

昭和31年、帝国血液銀行の水木が、取引先の社長である龍賀社長の故郷・哭倉村で
行われる新当主決定の場に駆け付ける。そこで、妻を探しに来たという男、ゲゲ郎と
出会い、ひょんなことからこの村で生成されているMという薬とゲゲ郎妻の行方を
共に追うことになる。

終戦から10年経たない昭和。高度成長期へ向かう中で、戦争での心の傷を負った
日本人たちの、新たな地獄ような欲、出世への戦い。職場でも、せき込む子供が
乗る夜行列車の中でも立ち込める煙草の煙とスーツ。何より帝国血液銀行という
パワーワードよ。
今でこそ献血は無料だけど、当時は民間企業が輸血血液を買い取って売っていた
らしい。だからこそ、貧しい人たちが特にその犠牲になっていたのだとか。

そして、犬神家の一族の如き因習深き哭倉村。一同を集めて弁護士が行う遺言公開の
シーンなんてオマージュだけど、龍賀一族の悪しき呪いは犬神家以上の忌まわしさ
でした。(おそらく)娘だろうと孫だろうと当主に捧げられ子を要求される一族の
女たち。当主時貞の器としてしか扱われなかった少年。
まじ、沙代と時弥は助かって欲しかったよ…。
水木は沙代のことを愛してはいなかったし、謎究明のために利用もしてしまったけど
少なくとも可哀そうな少女を救おうともしてたよね。東京には連れ出してあげようと
してたし。沙代も沙代で、外部からやってきた全うそうな水木が救世主に見えていた
だけで、心底愛していたとは思えないんだよな。だから、最後狂骨として襲い掛かって
きたとき、最後まで水木を殺す手を緩めなかったんだよね、きっと。愛情というより
助けてもらえると期待したのに、愛をくれる人だと思ったのに、そうじゃなかったから。

あと糸目の石田彰こと長田と時貞の長女で沙代の母・乙米は主従関係でありながら
思い合ってる様子があり、ある意味ここが人間界の唯一の純愛。

でも、旧家の相続争いと殺人事件、因習に囚われた一族…大好物です!美味しかった!
救いがないのもよかった。救いは鬼太郎しかなかった。

そして異種バディと評判のゲゲ郎と水木。掴みどころはないが妻を強く愛している
幽霊族の男と人を愛する心をなくした水木。ゲゲ郎は最後、我が子が生まれてくる世界
そして水木が生き残る世界を望んであの姿になったんだねえ。

 

 

 

« 11/14「テニミュ秋の合同大運動会2023」 | トップページ | 11/26「うたの☆プリンスさまっ♪ ST☆RISH LIVE STAR TREASURE -SUNSHINE-」 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11/14「テニミュ秋の合同大運動会2023」 | トップページ | 11/26「うたの☆プリンスさまっ♪ ST☆RISH LIVE STAR TREASURE -SUNSHINE-」 »