2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

今年の観劇等まとめ

今年の観劇等まとめ

1/21M「進撃の巨人」
10/15M音楽劇『浅草キッド』
10/21M「46番目の密室」
12/9S「ジャンヌ・ダルク」

テニミュ以外の観劇、思ってた以上に少ない!テニミュが新テニ並行になってから
2か月に1回は何かしらあるから、あまり入れる暇がないんだよね。
良かったのは山本耕史さんの深見師匠が良くて、ネトフリ版まで結局追ってしまった
「浅草キッド」。師匠と弟子、才能の話に弱い…
小関くん目当てで見た「ジャンヌ・ダルク」も壮大で、シャルル7世の成長も
良かった…パンフ買ってしまった。

1/15Mミュージカル「テニスの王子様」青学VS氷帝
3/4Mミュージカル「テニスの王子様」青学VS氷帝
7/16M ミュージカル『テニスの王子様』4thシーズン 青学vs六角
9/2M ミュージカル『テニスの王子様』4thシーズン 青学vs六角
10/14Mミュージカル『新テニスの王子様』The Third Stage
11/11ミュージカル「新テニスの王子様」The Third Stage
11/14「テニミュ秋の合同大運動会2023」

テニミュは4thも新テニも運動会もあって多彩でしたね。

11/26MS「バディミッションBOND~歌うマジェスティックホテル」
3/25S「SHINING STAR STAGE -SONG PARADE☆-」
11/26「うたの☆プリンスさまっ♪ ST☆RISH LIVE STAR TREASURE -SUNSHINE-」
9/24MS 「ハイキュー!!フェスタ2023ー大壮行会ー」

イベント系で観たのはこれくらいかなあ。今年もバディミのイベントやってくれて
本当に感謝だよ…うたプリも、ここには書いてないけどライビュでスタリ声優さんたちの
ライブは見ました。また来年あるとか。

来年はもっと舞台観たいなあ。

「十三機兵防衛圏」

ストーリーの評判を聞いていたので、やってみたかった「十三機兵防衛圏」をクリア。
作りが一風変わっていて、最終戦を描いたシミュレーション戦闘の崩壊編、そこに至るまで
の13人のエピソードを語る追想編、集めた情報を集約した究明編で構成されていて、
並行プレイが可能。一定のロックが解除されるまでは、ひたすら戦闘したりひたすらADVの
追想編を進めたり、進め方は自由です。

究明編だけ100%いってないし、クリア後の解放ステージはまだだけど、とりあえずは
終わった~!難しかった笑メモ取りながらプレイしたけど、解説動画見てしまったよ。
致死量のSFと伏線回収楽しかった。究明編は謎ファイルいくつか番号飛んでるから、
どこかで取り逃してるのかなあ
追想編は背景が綺麗だねえ。夕焼けの教室、公園。小物も作りこまれてるし、2Dだけど
奥行きもある作りで不思議。ADVとしては、全員が似たシチュエーションを繰り返す
のはマンネリするところもあったかなぁ。
戦闘はノーマルで終始プレイ。デモリッシュと主砲ヘビーレールガンが終始お役立ち。
あとSEが気持ちいいよね。

やってる途中はこいつらめっちゃ恋愛するなと思ってましたw
冬坂と網口は一目惚れだし、こっちが追い付かない感じで恋に落ちていくし相手もまんざら
でもないしで笑
メイン13人の中で5組くらいカップル誕生するし、なんか随分パーティー内で完結させ
ようとするなあとは思ってたけど、真相の環境を見ると良かったんだなと。
結局あのメンバーの中で子孫を残していかなきゃいけないんだろうしね。とはいえ
昨今の多様性の反映か、沖野と比治山のような子供を見てない同性カップルもちゃんと
いるっていう。
伏線回収とストーリーの構成が凄すぎたので、私がちゃんと理解できてればもっと
感動できたはず…これでもメモ取りながらやってたんよ…
姿が同じなのに中身が違う人とか、姿が違うのに中身が同じっぽい人とか(公式では
CVは???になってるが、声オタなので同じ人だと気づいてしまう)複雑なのよ!
最終的に解説動画見て、なるほど!と。解説動画ありがたい笑
でも面白かったよ〜芝くんのあたり、最初底が見えなくてゾクゾクしたよ。

最終戦に挑む時の起動マーカー発動シーンは全員かっこいいよね
冬坂さんの太ももと鷹宮さんの鎖骨と如月さんの背中、網口くんのこめかみと緒方くんの
踵がツボです。
なんでみんないちいちポージング素敵なん
あと各人のラストエピソードのタイトルもいい。
「無敵の女子高生」とか「貴様を独りにするものか」とか「クラベジュウロウ」
とか。

13人以外では芝くんと美和子が好き。
メインだとダレかなー緒方と如月とかがいいかなー。
そういえば解説動画みたのによくわかってない井田鉄也のラスト。如月AIと
話してたのは、箱舟作戦で再現された円盤の中のAIの井田鉄也…?

12/9S「ジャンヌ・ダルク」

演出:白井晃
脚本:中島かずき(劇団☆新感線)
音楽:三宅純
原案:佐藤賢一 参考文献『ジャンヌ・ダルクまたはロメ』

■出演
ジャンヌ・ダルク:清原果耶 シャルル7世:小関裕太
タルポット:福士誠治 傭兵ケヴィン:島村龍乃介 アランソン公爵:深水元基
マリー・ダンジュー:山崎紘菜 傭兵レイモン:坪倉由幸(我が家)
サントライユ:野坂弘 タルハン:ワタナベケイスケ ラ・イール:粟野史浩 
ヨランド・ダラゴン:りょう ラ・トレムイユ卿:神保悟志 
ベッドフォード公:岡田浩暉 コーション司教:榎木孝明 他

舞台「ジャンヌ・ダルク」観てきました!
ジャンヌ・ダルクって色んな作品でモチーフに使われてるけど、今回はジャンヌ・
ダルクの物語ど真ん中で、そこにもう一人の主人公とも言えるシャルルとの
関係性が絡み合ってくる感じ。脚本中島かずきさんなんだな。
史実通りの流れなので、オルレアン解放後にシャルル7世の戴冠式までが
ピークで、その後捕虜となって異端裁判にかけられて火刑になるんだけど。
私もウィキでしかジャンヌ・ダルクの史実を知らなくて、それ読んだ時は
なんでシャルル7世は身代金を支払わないんだって思ったけど、こういう
政治的な思惑があったなら流れとして理解できるなぁ。

小関裕太くんのノーブルで繊細で行き場のない感情に苦悩する未熟な王としての
お芝居とても良かったし、初舞台の清原さん声が低くて勇ましくて凛としてて
すごかった!初舞台ってまじか。
あと5列目だったんだけど衣装が絢爛で素敵だった!小関シャルルの白のコートに
ブルーグレイのローブ似合いすぎ!
全体的に衣装が前列で見ても衣凄く良く出来てるのがわかって、特に衣装さんが
「小関くんの個性としてのナチュラルな白」に目をつけられたのさすがのご慧眼よ。
キービジュアルの写真より髪が伸びてふわふわゆるパーマで、とても良かった…
小関裕太シャルル7世の戴冠式、素晴しく美しかったから全世界に中継してよ〜!

ラストのシャルル7世の小関くん、目に炎が灯ってて力強くて、序盤の王としても
人としても頼りなく信じるもののない姿からのギャップが良かったよ〜

しかしめちゃくちゃアンサンブルさん多かったな…7、80人はいた?
通路を駆け抜ける演出も多かったから、怪我などなく最後まで上演してほしいな
いやまあしかし、ジャンヌの検査や後半の司教の策略あたりは見てて辛かったな。
そりゃベッドフォード公も我に変えるよ

ことしの観劇納め、小関くんで終わってよかったな~

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »