2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 藤崎翔「逆転美人」 | トップページ | 「MANKAI STAGE『A3!』~S]PRING 2019~ »

MANKAI STAGE『A3!』~SUMMER 2019~

[スタッフ]
原作:イケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』/演出:松崎史也
脚本:亀田真二郎/音楽:Yu(vague)/振付:梅棒

[キャスト]
出演:陳内 将 宮崎 湧 野口 準 本田礼生 赤澤 燈
横田龍儀 前川優希 中村太郎/宇佐卓真 滝口幸広 
伊崎龍次郎/河合龍之介

 

A3のすきなところ、リーダーズの横のつながりもあるので、OP曲で
最後、朔也が天馬にガッツポーズでエールを送るの好き。
役者としては経験もあって年上の天馬がわりと素直に朔也に「リーダーと
してどうしたらいいか」を相談するの、朔也の人となりを認めてるとこ
あっていいなと思ってたんだけど、実際のセリフでもちゃんと「こいつ
にはかなわないな」とか天馬が言ってたので、思ってた以上なところあるわ。
春組だからサポート側だけど、綴も結構出番多かったね。
ヤンキーの習性として年長者には礼儀正しいとこあるから、綴と十座の
やりとりが可愛いくて。天然真面目な十座をいなしつつ、対応してるところ
お兄さんぽかったな。言うて、春組だとシトロンとか真澄とかに対してずっと
突っ込んでるイメージあるから、十座とかは常識人の部類だし綴からしたら
相手も楽だよね。
あと、朔也を信じて任せてみようってところもよかった。春組もよき。
前半は幸が他人に助けを求められるようになること、他人の顔色を伺いがちな
一成がきちんと意見を言えたうえで相手の助けになることを探せるようになった
事が大きなテーマかなあ
猫とエキゾチックとファンタジー要素の合わさった衣装可愛いね。
後半はこれまで安定してた三角の家の問題。
しかし今まで団員の家族問題って、お互いに大事に思い合ってるけど不器用だったり
すれ違ったりでうまくいかないてケースだったけど、三角の場合ってガチで
親に問題あるのでは…?
弟くんはゴッド座の脚本家なんだねえ。てっきり親は弟くんに勉強ばっかりさせて
奇人変人な兄は遠ざけてエリートコースを進ませたいのかと思ってたけど、本人が
劇団の座付き脚本家になってそこは良かったのかね…?斑鳩親のことよくわからぬ。
三角の普段と公演中のギャップはいいよね。あと、毎回公演中にセリフとは別に
本人たちのやりとりが入るのはよい…
あと天馬というか陣内くんが低い声で話すとき、声優の江口さんに少し寄せてるよねえ。

« 藤崎翔「逆転美人」 | トップページ | 「MANKAI STAGE『A3!』~S]PRING 2019~ »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤崎翔「逆転美人」 | トップページ | 「MANKAI STAGE『A3!』~S]PRING 2019~ »