2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 江戸東京たてもの園 | トップページ | 「魔神英雄伝ワタル~終わりなき時の物語」 »

劇場版「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」

ネットでネタバレだけ啜ろうかとも思ったんだけど、奇しくも公開初日に
仕事を休みにしてしまったため、見てしまったよ…ガン種こと
機動戦士ガンダムSEED FREEDOM 」。

いやあ、いつぶりだこのシリーズ。
実は私はリアタイはしてなくて、TMRファンだった友人に種から運命まで
円盤借りてみたんだよねえ。懐かしい。
作中に恋愛要素が結構多くて、私はアスカガ、ムウマリュ、ディアミリが
好きだったんだけど、運命でアスカガ何とももやもやする終わり方だった
のでね…。劇場版もずーっと以前からやるやる詐欺みたいに話だけあって
実現しなかったからね。ほんとリアタイファンからしたら20年来とかの
待ち望んだ上映だっただろうね。

事前情報を全く入れず、種の記憶も薄い状態で見たんで、話を理解しきれて
いるかわからないけど。
声優陣豪華。しもぬ、ゆかりん、ふくじゅん、ゆーきゃん等。諏訪部さんも
いたみたいだけど気づかなかった…。あと桑島キャラは生存。繰り返す、生存。
結構戦争描写あり。核も使われるし民間人も死ぬ。主要味方キャラは死なない。
相変わらずオペレーター陣の難し気な言葉の羅列や、マリュー艦長の勇ましい
号令はしびれるね。
今回キラが不安定になる。コーディネーターより更に上位のアコードという種は
人の心に干渉できるようで、そこにただでさえ一人気負って戦闘を引き受け
ラクスとの恋愛絡みでも心が不安定になっていたキラが狙われ、大きな戦争の
引き金に。これ、キラは悪くないけど世間もそれ理解してくれるかなあ。
所謂責任能力がないみたいな状態だけど、あまりに人が死にすぎているのでは。
映画自体はタオを倒して終わるけど、これから世界の再興マジ大変っすね…

人間関係的には、前述のとおりキラが不安定でまたウジウジするんだけど、
アスランに殴られて復活します。アスランとの喧嘩中「みんなが弱いから」
とか暴言吐いたのかつての「やめてよね。サイが僕に敵うはずないだろ」発言
思い出しましたね。追いつめられてる時本音出ますねw

アスカガはね。アスランの出番自体が中盤からだし、傍にはメイリンがいる
んで直接的な辛みはほぼラストだけなんだけど、敵の精神攻撃をエッチな
カガリをイメージして回避したの、おもしろすぎる!そして最後アスランと
カガリの二人でお互いに送り合った指輪(カガリはペンダントにして首から
下げている)とハウメアの石を見せ合ってニッコリするのよすぎた。
つまり、アスランは今は仕事のパートナーとしてメイリンと行動してるけど
えっちなことを考える恋愛対象はカガリだし、お互いに相手の物を身に着けて
思い合ってるってことだもんよ。つまり答えはアスカガじゃん!

ムウマリュもよかった。安定感さすが。アークエンジェル堕とされて切れる
ムウ、最後に艦から脱出して外で横たわってるところにかけつけて「悪い、
待たせたな」「遅いわよ」みたいなのも、二人ともボロボロで同じコクピット
に乗ってるのも、ラスト戻ってきたムウにだいしゅきホールドするマリューも。
この二人も色々あったから、もう幸せに穏やかに暮らしてほしさあるな。

シンルナは等身大カップルで可愛かった。っていうか、シンっていまキラの
ことこんな普通に慕ってるんだね。アスランには素直になれないところまだ
あるっぽいけど。シンって家族もことが無かったこんな風に素直な真っすぐな
少年なんだろうな。

ちなみにディアッカとミリアリアはお互い出番はあったけどカプ的には
なかったね!でもディアッカはプラント軍、ミリアリアは新聞記者やめて
オーブでサイと軍人してるんだから、関わるチャンスはいくらでもあるよね。
チャンスはあるといえば、私は今回アスメイの人も希望はあると思ってて
物理的にメイリンはアスランの近くにいるわけだし、元々が出来上がってた
アスカガに近づいていく立ち位置だったわけだから、今回明確にアスランの
恋愛対象がカガリだと示されても、まだチャンスはあるわ!くらいある。

名前だけでも過去キャラの名前が出てきたり、サービスもあったね。

« 江戸東京たてもの園 | トップページ | 「魔神英雄伝ワタル~終わりなき時の物語」 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸東京たてもの園 | トップページ | 「魔神英雄伝ワタル~終わりなき時の物語」 »