2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 西澤保彦「神のロジック~次は誰の番ですか」 | トップページ | 2/25「MASOCHISTIC ONO BAND 10th Anniversary Gasoline Meeting」 »

劇場版ハイキュー「ゴミ捨て場の決戦」

ハイキューの劇場版を見てきたよ。初期に対戦が描かれてから、学校同士の
因縁も深い烏野と音駒の全国大会での対決。練習試合ではない、もう1回の
ない試合。

本当に、ハイキューは光の漫画。真摯に部活に打ち込む高校生たちの尊さ。相手
チームだってみんないい子。誰も傷つけない。見守る大人もみんないい人。
この世界で生きたいと思ってしまうな。

音駒戦、めちゃ研磨の物語だったね。モノローグも作戦会議も研磨や音駒サ
ドばかりだから、逆に主役校の烏野が何考えてるかわからないって展開、
新鮮だった。影山がコーチに何か言われてるなとか、日向がめちゃ落ち込んで
るなとか、その姿は見えるからだいたいわかるんだけど、言語で感情が聞こえ
ないから正確にはわかんないんだよね。
クライマックスの研磨目線での試合、追う目線の先のボール、滴る汗の雫に
映る必死な自分の顔が映る演出もよかった。
あと回想も含めて黒尾という人の凄さよ。月島を動かしたのも凄いんだけど
研磨をバレーに引っ張り出した人なんだよね。人を動かすのがうまいんだな。
サッカーのように研磨が本当に好きではないことは誘わない。ゲームばかりで
家に引きこもりがちだけど、バレーのように本人が少しでも好きなことは
全力でやってるから大丈夫だよ、って、子供の黒尾が心配してる研磨の親に
言えるの凄いよ

暗いムードのチームに明るく声をかけ落ち込む日向に声をかけ手を差し伸べる
姿は天使だし、黒尾も「スガちゃん、熱いね…」と引くほど叫ぶ姿は狂気の
スガさん素敵でした

特典の小冊子ももらえたよ

« 西澤保彦「神のロジック~次は誰の番ですか」 | トップページ | 2/25「MASOCHISTIC ONO BAND 10th Anniversary Gasoline Meeting」 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西澤保彦「神のロジック~次は誰の番ですか」 | トップページ | 2/25「MASOCHISTIC ONO BAND 10th Anniversary Gasoline Meeting」 »