2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

方丈貴恵「孤島の来訪者」

これまた予備知識無くて面白いミステリー物として紹介されていて
図書館で読んでみた一冊。作者さんも初めての方。
本作だけでも読めるけど、シリーズものになってたみたい。

幼馴染を殺された復讐のためTV番組のロケスタッフとして幽世島へ
乗り込んだ主人公は、計画に先んじて標的を何者かに殺されてしまう。
彼らを狙うのは、異界からやってきたマレヒトという存在で…
いや~また「特殊設定ミステリー」だった笑!

今回結構ガッツリとルール設定があるので、特殊設定をそういうルールの
世界という前提でミステリーとして推理をしていく感じです。読者への
挑戦も挿入されている本格仕様ですぞ。
ルールの細かさ(縛り)がマレヒトも主人公達をも雁字搦めにして、途中で
わけがわからなくなったりもしましたが、個人的にはこのマレヒトという
存在とそれを封じてきた村の因習村的な背景も楽しかったです。

米澤穂信「黒牢城」

Xでおススメのミステリとして流れてきて、ほぼ何も考えずに図書館で
予約してしまった本作。勿論、作者の米澤穂信さんの本は何冊も読んで
て好きな作家だったので間違いはないだろうなと思ってたけど、まさかね。
こんな切り口のミステリだったとは。

一言で言うと籠城中の荒木村重が領内で起こった不可思議な事件を、自分が
土牢に捕らえた黒田官兵衛に語ってきかせ、黒田官兵衛が安楽椅子探偵よろ
しくその謎を解くという。
ぶっとび設定だよね。おもろー!ってなった。
織田信長に謀反を起こして籠城中の荒木村重が主人公ってだけでも面白いのに
(正直、荒木村重についても大河ドラマなどで多少見知ってるくらいで、
あまり詳しくなかった)、名軍師と名高い黒田官兵衛が探偵役だよ。
どっからでてくるのこの発想。
中編で構成されてて、物語の進行とともに、荒木村重や有岡城、摂津を取り巻く
情勢も変化していく。
個々の奇妙な事件もさることながら、なぜ囚われの黒田官兵衛が荒木村重の
持ちかけた問題の解決に協力するのか、それにより荒木村重の謀反はどう
なったのかなど歴史ものとしてもとても面白かった。
荒木村重の謀反が成功してないことと黒田官兵衛が助けられたことは知って
たけど、詳細思わず読了後にWIKIで調べちゃったよ。それくらい面白かった
そして私はずっと大河ドラマ「秀吉」の頃から竹中半兵衛派です笑

 

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »