2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

アニメ・コミック

ばらかもんのブルーレイ

ばらかもんのブルーレイ
確定申告の還付金が戻ってきたので、買ってしまったよ「ばらかもん」のブルーレイ!
キャッチコピーの「この夏は、みんなの宝物」っていうのいいな。春にはヒロシは島を出ちゃうし、本当にこのみんなが揃ってたのはこの1年だけだったんだなって。

創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-

前回に引き続き、六本木の森アーツセンターで開催中の「創刊50周年記念
週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-」に
行ってきました。
JUMP黄金期と言われる90年代、同級生の男子も電車で通勤してるサラリー
マンもみんな月曜日はJUMP読んでたあの時代。
「SLAM DUNK」、「幽々白書」、「るろうに剣心」、「封神演義」、「ダイの大冒険」
「遊戯王」、「ジョジョの奇妙な冒険」、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、
「電影少女」、「忍空」、「セクシーコマンドーまさるさん」、「アウターゾーン」、
「ろくでなしブルース」、「ジャングルの王者ターちゃん」…いや、みんな知ってる
みんな読んでた作品だよ。これらがほぼ同時期に掲載されてたんだから、
凄いですよね。
迫力ある原画展示と、井上先生や富樫先生らのインタヒュー映像、漫画映像展示
など、盛りだくさん。同世代の友人と一緒に行ったので思い出話に花が咲きめちゃ
くちゃ盛り上がりました。
 
Dsc_0661_2
その中で特に印象に残ったのがドラゴンボールとSLAM DUNKの映像展示。
映像展示って要は漫画のページに少し演出効果つけて魅せていくものなんだ
けど、どっちも当たり前だけど静止画なのに迫力凄かった。
ドラゴンボールは前に「オーマイジャンプ」でも言われてたけど、やっぱり
鳥山先生が多角的な視点からキャラクターの動きを描いてるから、たとえば
ジャンプの瞬間の絵でもそれが上がったところなのか降りるところなのか
わかるんだよね。なんというか圧倒的に絵がうまい。漫画がうまい。
SLAM DUNKは山王戦のラスト47秒が、あまり派手な演出なく淡々と流れるん
だけど、もう周りのみんな無言で息詰まる沈黙の中、手に汗握って見ました。
終わった後「はあああ~」って全身から力抜けてしまう緊張感。ぎりぎりの点差の
中でラスト数秒での攻守の入れ替わり、桜木から流川へ、流川から桜木への
パスで逆転勝利。久しぶりのスラダンやっぱり一つ一つの絵が綺麗だわ。

ヨシノサツキ「ばらかもん」

ばらかもん

数年前にやっていたアニメは見ていた「ばらかもん」。主演が小野大輔さん
だったし、キャラクター達可愛いし、都会からやってきた主人公の清舟と島の
人たちが互いに影響を与えながら日々を暮らしていくハートウォーミングで
面白おかしい内容で、今でも清舟が島へ帰ってくる最終回は録画データに
残していてたまに見返すくらい。

ふと唐突にTwitterで「ばからもんカフェ」のニュースを見て久しぶりに色々
見返していたら、アニメでやっていた以降の話も気になってしまい、ドラマ
CD付きのコミックスも買ってしまいました。
16巻はヒロシの卒業と旅立ちがメイン。ヒロシって自分のこと平凡普通って
思ってるけど、同じ学校の女子2人から想われてたし、美和やなるや清舟の
面倒見いいし、料理始め一通りのことは器用にこなすタイプだし、気さくで
話しやすいしで絶対モテるよね。
清舟が島に来たばっかりの頃は「いい年した大人が人に迷惑かけるなクソが」
(そこまで言ってない)くらい言ってたのに、今じゃ毎日清舟のためにご飯を
作って持っていくようになったんだもんなあ。ヒロシめちゃいい子じゃん…東京
行っちゃうの寂しいけど、料理人目指すきっかけになったのも清舟だし、この
巻では清舟やなるとドライブしたりと、夢のために前向きな別れではあるけど
彼ららしくその日までの日常を過ごす様子が見られて良かったです。
裏表紙にも書いてあったけど「死に別れ以外は別れち言わんぞ」ってね。

CDドラマもTVアニメと同じキャストなので嬉しい。なる役の原涼子ちゃんは
さすがに成長を感じるけど、あのちょっと舌足らずな感じ、なるだなって思います。
ヒロシ役の内野さんが五島の方言は小さい「っ」がリズミカルに入る、というよう
なことを以前言ってたけど(「知っとっと?」みたいな)、うちは両親が長崎の隣の
佐賀県ですけど、こっちも確かにそうかなって感じします。

17巻もドラマCD付き(しかも最後)らしいので予約した…!

「週刊少年ジャンプ展 創刊~1980年代、伝説のはじまり」

六本木森アーツタワーで開催中の週刊少年ジャンプ展に行ってきました。
これは週刊少年ジャンプの創刊から1980年代までに掲載されていた懐かしの作品の
原画を多数展示、さらにオリジナル映像や造形物なども見ることができます。
Dsc_0472

ジャンプといったら、学生の頃はクラスの男子は読んでたなあ。高校生くらいになると
回し読みしたりしてね。私は夏休みにおばあちゃんの家に行った時に従兄のお兄ちゃん
が買ってるのを読ませてもらったりしたっけ。基本、単行本派でした。
しかし、この歴々たる面々!さすがに70年代の作品はあまり縁がなかったですが、
ドラゴンボール、北斗の拳、キャプテン翼、シティーハンター、ジョジョの奇妙な冒険、
キン肉マン、聖騎士星矢、ついでにとんちんかん、ハイスクール奇面組・・・もう数え上げ
たらきりがないくらい、知っている作品ばかり!

Dsc_0474

Dsc_0473

原画も見入ってしまったわ…。特に昔の作品って画圧が凄いというか。
アナログだからこその迫力がありますね。
あと個人的には当時のおもちゃとかFCゲームソフトも展示されてて
面白かったです。

Dsc_0478

こちらは買ってしまったグッズ。翼くん岬くんゴールデンコンビのツインシュートの
原稿風クリアファイルとジョジョの缶バッヂ。缶バッヂは運良くジョセフシーザー
リサリサのレアバージョンがでました。あと悟空のかめはめ波のは、撮影可能
ポイントでハッシュタグをつけてSNSにアップするともらえるやつね。

松井優征 「暗殺教室」

ある日突然、月の7割を消滅させ、来年3月には地球をも爆破すると宣言した
超生物の要求は椚ヶ丘中学校の落ちこぼれクラス3年E組の担任になること。
人知を超えた能力を持ち、軍隊でも殺せないその怪物の暗殺を、各国首脳は
やむをえずその3年E組の生徒たちに託すことにする。
奇妙な担任教師「殺せんせー」と3年E組の生徒たちは、特別授業と暗殺の
ミッションを通じて不思議な絆を築いていく…。

暗殺教室はアニメを1クール目は見てたんですが、2クール目に他に見たい
番組が同時間帯に放送が始まってしまったので(2番組同時録画ができない)
そこまでしか見てなかったんですよね。
今回一気にファイナルシーズンまで見ちゃったんだけど、これちゃんとリアル
タイムで見とけばよかったな~。2クール目後半の合宿編辺りからぐっと引き
込まれました。特に私、RPG的な異なる力を持つ人間が力を合わせると強大な
力になるって展開が好きなので、クラスメート達が個性を活かして困難に立ち
向かっていくの燃えたな~。個人的に生徒で一番好きなのは主人公に友好的な
天才肌の業です。実は前から渚とは結構仲良かったらしいのは意外だったけど、
終盤の暗殺を続けるか先生を助けるかの一騎打ち後なんか、お互いに下の
名前を呼び捨て合うだけじゃなくて親友ポジに落ち着いた感じよな。
あと、堅物&男たらしカップルな烏間先生とイリーナ先生。二代目死神との戦い
のあと、普段は固めている前髪を下ろしてイリーナに薔薇を差しだすところとか
烏間先生イケメンすぎたし、まさか本編中にプロポーズみたいになことまでする
とは…。イリーナ先生良かったね…!
ラスボスかなって思ってた理事長もいい人だったし、でも個人的に楽秀は
殺せんせーの薫陶を受けずにE組やカルマとの戦いから自力で前に進んで
るので、彼こそ有望株なんじゃんないかとも思ってますが。
ラスト周辺は泣きました…。死神と呼ばれる人間の殺し屋だったときの殺せん
せーめっちゃイケメンでCV福山潤の力を正しき発揮してました。二代目死神が
最初に渚たちに近づいた時に花屋だったの、前に死神のテーブルに花を飾って
珍しく褒められたのずっと覚えてたんだろうなとも思う…。

もともと3年生卒業までの1年って期限があって、個々の成長とクラスの団結、
A組や理事長に立ち向かって乗り越えて行く試練、最後に先生の想いを受け止め
ての暗殺っていう要所要所がしっかりあったから、ダラダラせずまとまりもあって、
殺せんせーも助かって完全ハッピーエンドにしなかったのも良かったと思う。
ギャグも結構好き。あのコードネームで呼び合う回とは笑えたな~。

「ユーリ!!! on ICE~フィギュアスケートを100倍楽しむ集中講義」

久保ミツロウ、豊永利行(勝生勇利役)、内山昂輝(ユーリ・プリセツキー役)
宮本賢二、鈴木明子


アニメ「ユーリ!!! on ICE」の「フィギュアスケートを100倍楽しむ集中講義」に
参加してきました。
アニメの「ユーリ!!! on ICE」だけでなく実際のフィギュアスケートのお話も
たっぷり聞けて面白かったです。
特に鈴木明子さんが可愛くて所作も美しくて、説明もわかりやすくて
素敵でした…!なんというか世界が浄化された…。そして物もらいの時に
高速スピンすると遠心力で血がヤバい話面白すぎでした!
宮本先生の振付のお話も興味深かったです。
「エロスは蜂蜜が纏わりつくような手の振り、アガペーはさらさら水が零れる
ような動き」っていう説明と、女性のエロスの表現として見返り美人とその時
の体の曲線について触れてたのがとても納得。確かに勝生選手のSP、
見返りポーズ多いもんなあ。
豊永さんは盛り上げ役を買って出てくれたし、内山さんも噂の1.25倍くらい
笑顔を見せてくれて良かったです!

やっぱり色んな世界のプロフェッショナルの方のお話を聞くのは楽しいな。

Yuri on ICE by 梅林太郎

1個前の記事の、「ユーリ!!! on ICE」の劇中曲「Yuri on ICE」。
主人公・勝生有利のフリープログラム用の曲です。
ダウンロードしてるし劇中曲を集めたCDも買うつもりなんだけど、今時点で
公開してて聞けるのってituneの試聴とかこのPVくらいかなあ。
作曲者の梅林太郎さんのお名前も覚えました♪
というか、作中の競技用の曲は梅林さんともうお一人の、ほぼ二人で作って
らっしゃるようですね。選手に合わせたバラエティに富んだ幅広い楽曲を
ほぼ二人で作るって凄いですね。

この「Yuri on ICE」は4話で初めて流れたんですが、有利自身のスケート競技
人生を表現したオリジナル曲という設定。10年近くフィギュアスケートをやって
いたのに曲の早い段階でヴィクトルとの出逢いをイメージしたパートが出てくる
から、有利にとって10年間の競技人生よりヴィクトルと出逢ってからのここ数カ月
がいかに重要であったかを象徴しているなあ。
地方大会、中国大会、ロシア大会でこの曲を使ったFPが出てきますが、特に7話で
の使われ方が素敵で、ここで一気に作品にも音楽にもはまってしまった私です。
出だしの、氷の上を雨粒が滑るような高音のピアノのメロディも素敵なんだけど、
途中からヴァイオリンが重なり、ピアノのアルペジオが力強く奔るメロディ、これま
でメンタル面が弱点であまり自分に自信を持てなかった有利が「もっと強くなりたい」
「もっと強くなれる」「僕はヴィクトルの想像を超えられる!」って願いを決意に変えて
いく心情、流暢なステップシークエンスの動き、この3つが重なって凄くテンション
上がるんだな~!生で一度聞いてみたい曲です。
劇中曲アルバム、早く欲しいな!

「ユーリ!!!on ICE」

秋から始まった男子フィギュアスケートアニメ「ユーリ!!!on ICE」を見ています。
これまでフィギュアスケートってほぼ知識無かったんだけど、面白いね!
そりゃ周りの友達らがハマるわけだわ!
日本人スケーター有利が、フィギュア界の皇帝とも言われるロシア人スケーター・
ヴィクトルのコーチを受け成長していくお話なんだけど、スケートシーンの動画が
凄く綺麗だし、主人公とコーチの師弟愛も感動するし、あとグランプリを勝ち抜いて
いく間に次々と登場するライバルキャラクターも魅力的!
1回しか披露されない各選手のショートプログラム、フリープログラムに本物の
プロのスケート振付の方が振付をつけていてめっちゃ豪華だなって思うし、音楽も
どれも素敵なんだなあ。
特に有利のフリープログラム用の曲「Yuri on Ice」が凄くいい。これほんといい。
有利自身のスケート競技人生を表現したオリジナル曲という設定で、最初は寂しげ
なピアノソロから始まって、ヴィクトルというコーチを得て、愛を知って、ヴァイオリン
の音が重なり盛り上がっていく。
劇中で披露された曲は番組OAの後にすぐituneで買えちゃうのもありがたくて、毎回
その回に出てきた選手の曲を買いたくなってしまいます。上手いねこの!

まだまだジャンプの見わけとか全然つかないけど、演技後半のジャンプは得点が
高いとか、同じ技を入れる時にはシークエンスを間に入れるとか、想像してた以上に
ルールが細かくて、こんな制限の中で自分のできる技を組み合わせて繰り出して
表現して、そんなスポーツだったんだなあフィギュアって。
と、フィギュアの魅力の一端を知ることができた気持ちです。

夏にアイスショー見に行ったんだけど、いま見たらもうちょっと見方がわかるのになあ。

ジョジョ第4部実写化

ちょっと前に3部実写化の噂がありましたが、今度こそ本当に実写化!4部!
まあ4部は現代日本が舞台だし、規格外のマッチョもいないんで、3部までと
比べると実写化しやすいかもしれない…とは思うけど、まあついに来たかって
感じしましたね。ウェイブが。実写化の。

わりと漫画の実写化(主に映画化)って叩かれやすいけど、私は創造神で
ある原作者さまが決めたのなら、別にいいと思ってます。
たとえ映画がコケたとしても、原作の素晴らしさが損なわれるわけじゃない
ですしね。まあこれだ大本命2部でキャスト日本人だったらちょっと動揺した
かもしれないけど(笑)。

マクロスΔ/ダンガンロンパ/91デイズ/Days

いま見てるアニメいろいろ。

・マクロスΔ
これもう、三角関係じゃなくない(笑)?
三角関係って2人の→が1人に伸びてて、まだその1人の心が決まってない
状態を指すんじゃないかと思うんだけど違うのかなあ?
いまの状態は完全にハヤテとフレイアが両想いでミラージュがハヤテに
片思いしてる状態だし、なんだったらさくっと恋愛戦線から身を引きそう。
歌姫のフレイアと戦場で相棒として信頼関係を深めるミラージュって
関係性なのかと思いきや、ハヤテはミラージュのこと完全に恋愛対象と
して見てないもんなあ。

・ダンガンロンパ 未来編
・ダンガンロンパ 絶望編


絶望編はいわば過去編。77期生たちの在学時代を描く物語。
未来編の冒頭で死んでしまう雪染を担任教師に置き、彼女の視点から
彼らの日常と絶望堕ちまでの過程が明かされる。予備学科の日向が
七海(リアル)と交流しつつもカムクライズルプロジェクトへの参加を
決意するシーンや、スーパーダンガンロンパ2で九頭龍や小泉を巻き
こむトワイライトシンドローム事件についても、ここで判明する。
そんな風にスーパーダンガンロンパ2の舞台裏というか前提の話が
わかる感じかな?狛枝が早速狛枝してて、もうつらい。
未来編はゲームのスーパーダンガンロンパ2の後、絶望の77期生を
救った苗木たちが未来機関に戻ったところで正体不明の襲撃者から
再びの監禁・デスゲームを仕掛けられるもの。未来の話なので勿論
結末は全然わかりません。今のところメンバーの中にいると思われる
襲撃者の正体が不明なので、それを探したり抵触すると死ぬNG行動を
探るのも見どころの一つではあるんですが。
せっかく苗木くんと霧切さんがいるんだから、学級裁判して欲しいよ~!
ダンロン好きな人ってやっぱりそういう頭脳ゲームが見たいんじゃないかな。
バトル物よりも。というか苗木くんバトルではてんで役に立たないもんね。

・91デイズ
幼い頃に両親と弟を惨殺した男たちを追い、イタリアンマフィアの世界に
飛び込んだ青年の友情と裏切り。
やばいぞ…どんどん顔の見分けがつかないキャラが増えて行く…。
小野大輔さんも出演されていたのでラッキー☆と思って見ていたのですが
3話くらいで退場されました☆眼鏡の気弱な幼馴染との関係が今後どうにか
なるのかなあ。みんな敵に見える!

・Days
ある意味凄いと思った…。高校で初めてサッカーを始めた少年の爽やか
部活物なんだけどさ。昨今のスポーツ部活物の主役ってオールマイティな
能力こそないけど(キャプテン翼の翼くんみたいな)、一つ凄い特技があって
チームメイトや相棒のサポートを受けてその能力を活かして一緒に試合を
勝ち進んでいくみたいな設定が多かったと思うんですよね。
ハイキューの日向の身体能力や黒子のバスケの黒子のミスディレクション
とか。このDaysの主人公、今のところ本当に普通に特筆すべき能力とか
ない…体力もサッカーの技術も周囲のサッカー経験者のチームメイトより
全然劣るし。
そんな彼がどう「主人公」たるかというと、ただひたすら走る。そのひたむきな
姿が、サッカーにまっすぐな気持ちを持てなくなっていたエースや、同じチーム
メイトの同級生やチームキャプテンを動かし、ツンデレなマネージャーも連れて
きちゃう。凄くない…?主人公の走る姿、まじ好感度爆上がり行動だから…。

より以前の記事一覧