2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

アニメ・コミック

「キャプテン翼の世界展」

池袋西武で開催中の「キャプテン翼の世界展」を見にいってきました。

「キャプテン翼」ヒストリーや第1話の原画丸々公開、最近始まった
新アニメの設定資料やグッズなどもあって、私セゾンカード割引の
おかげで300円で入場できてしまって安すぎないか!って思うくらい
内容充実してましたね。

「キャプテン翼」は高校時代にめっちゃクラスの女子で回し読みする
機会があって、当時から岬くんが好きでした。なので、黄金コンビ関連の
ことは結構今でも覚えてて、先日の舞台や少年ジャンプ展、今回のイベント
でふと「そういえばさ~」って友人に質問されたことも、わりと答えられた
気がします…忘れないもんですねえ。

「ばらかもんカフェ」行ってきた~①店内編

先生とヒロ
Dsc_0650_4
美和、タマ、アッキー
Dsc_0657_5
Dsc_0660_4
aaa
池袋で開催中の「ばらかもんカフェ」に行ってきました。ビルの7階の
アニメやゲームの関連コラボカフェ専門のスペースだったようなんで
すが、やっぱり公式の、しかも原作者さんが書下ろしやカフェでの
サイン会まで開いてくれるようなしっかりとした関与が入ってるだけ
あって、めっちゃクオリティ高いわ~!今までいったコラボカフェ系の
お店の中で一番しっかりしている…。
子どもたちからは、お祝いのお花も!黄色がなるっぽいなー。
Dsc_0659_4
お店の中は先生のカラーイラストの展示、漫画のページの動画映像、
店員さんがスタッフTシャツ+赤のバンダナと上の写真のキャラクター
たちと同じ格好をしてたりとかなり拘って作られてて、さらにはサイン会
で原作者のヨシノ先生が来店された時にまたいろいろイラストを描いて
いってくださったようで…見ているだけでも楽しかったです。
特に笑ったのがトイレ。これ、16巻最後のヒロシの旅立ちのシーンからの
コマなんだけど、ヒロシが持っている見送り用のテープが本物なのも凄い
し、鏡に描かれた先生の絵と鏡に映った背後の壁のヒロシの絵が一枚絵
みたいになるのも面白いなって。
もう一つの方のトイレは、タマの妄想まみれです(笑)。
ああ
Cdsc_0666_4
a
Dsc_0671_4
Dsc_0668_4

5/6『うたの☆プリンスさまっ♪ ST☆RISHファンミーティング 「Welcome to ST☆RISH world!!」

友人から度々お誘い頂いているうたプリのイベント、今回はST☆RISH7人だけの
ファンミーティングに行ってきました。会場は前回のライブと同じ西武ドーム。
リストバンド配布し終わらなかった問題を踏まえてかなり早めに行ったので、そして
ドーム周辺暇潰しができる所がないので、早々に座席について球場のフードとか
食べながらずっと友人と喋ってました。開演前2時間は喋ってたね…何だったら
開演前に1イベントこなしたような気持ちだよ!
でもいざ始まったらイベント中1000回くらい「うたプリ凄い…」って脳内ツイートしてたし、
宮野真守さん諸々スキルありすぎるし、宮野さんがボール打ちだすキャノン砲を肩に
担いで花道歩いてきたとき、す、捨之介~!って髑髏城の思い出がよみがえったりも
しましたね。
始まって最初の1時間くらいはキャスト陣によるミニゲーム対決。うたプリと言えば
ライブイベントだけだったけど、こういうの普通のアニメ作品イベントっぽいね!
くじびきで鈴村さんと諏訪部さんと谷山さんが同じチームになって、玉入れに挑戦
するんだけど、「なんかバスケとかうまそう!」「Kの世代2人もいるぞ!」って
言っててフフってなってしまいました(笑)。
後半はライブパート。ソロ曲、ユニット曲、7人曲といろんな曲が聞けましたが、
個人的には「マジLOVE2000%」が聞けたの嬉しかったな。アニメ2期のOPの曲
なんですが、Bメロのトキヤと真斗のハモりが素晴らしい。そしてこの二人の声を
当ててる宮野さんと鈴村さんと言えば、いま新バージョンがテレビでやってる銀河
英雄伝説のラインハルトとヤン・ウェンリーなんだなあ。
それからトキヤの「Independence」と真斗の「騎士のkissは雪より優しく」も好き。
後者は初期のゲーム中の曲なんで、一生懸命音ゲーした記憶が。
楽しかったな~

4/21・22「DGS VS MOB LIVE SURVIVE」

DGSとMOBがライブで対決するという…どこか矛盾するようなしないような…?イベントが
さいたまスーパーアリーナで開催されました。2デイズ行けて良かった~!
DGSのイベントとしては2年前の10周年のDGSEXPO以来になるのかな。
DGSとMOBそれぞれが交互に登場するのですが、構成上当然とは言え衣装替えなど
段取りの多さとONO-Dと小野さんが同時にステージに登場しなきゃならなくなるコントの
ようなお約束な展開に笑いました!MOBのうちボーカル二人を除いて2曲やったり、MOB
が謎の薬で子どもになったという展開で子役ちゃんたちが1曲歌ったり色々工夫されて
ましたね(笑)。どちらの事務所の子役さんたちだろ。あんないたいけな児童たちに
「メスガソリン」呼ばわりさててペンラ振ることになろうとは!
MOBとしてONO-DとHIRO-Cが「この歌がとぎれる前に」を歌っていた直後に次のDGS
の曲で神谷さん小野さんが後方から登場したのだけ、仕掛けがわからず初日はびっくり
しました…周りの人も驚いてた。たぶん録画済の映像と同じように動くステージ上の
影武者がいたんだろうなと二日目には思ったんですが、確かにステージ上はバラード
仕様で薄暗かったとはいえ気づかなかったなぁ。
DGSもMOBも歌をたくさん聞けただけでなく、DGS側ではラジオトークも聞くことができたの
で嬉しかったです。私、ゆるキャラ運動会の回聞き漏らしてるな。ニャーさん着ぐるみの中
に入って「外がよく見えない~」って言ってるのに、的確に小野大輔に肩パン食らわせて
くる神谷浩史さん。最終的には神谷さんが小野さんに突撃して二人して転倒して「しん
どい…」ってなってるのも可愛すぎかな。
そして小野さんの誕生日お祝いにまさかおかんハーレーまで来てくれるとは!小野さん
のことみんなでお祝いできて幸せでした。
「Mighty Heart」は好きな曲なのでみんなでWowWowやるの楽しかった!これめっちゃ
ノリ良くてテンション上がる曲だね。
「トケイとテガミ」は神谷さんと小野さんが互いに手紙を渡す演出、小野さんが服のポケット
から取り出した封筒が皺くちゃで神谷さんが苦笑してて、なんかこの二人らしくてほっこり
しました。
しかし両日神谷さんちょっと喉の調子悪かったのかな。高音が歌いにくそうだったな。
小野さんはビジュアルもすごく調子よくて、いや小野さんもいいんだけどそれ以上に
ONO-Dがかっこよくて。なんだろ、やっぱりONO-Dは黒い衣装多いから締まって見え
るんだろうか…40歳とは思えんわ。
 
初日のラストにネタバレ禁止について話してくれていた神谷さんが、心無い客の言動に
怒ってしまった事案があって、DGSのイベントでは初といっていいくらいもやっとした気持ち
で帰宅することになりました。
1/13000のファンの言動が会場全員の楽しい気持ちを台無しにすることになるんだなって。
私は基本的にはステージの上では演者の個人的な不機嫌は表に出さないでほしいと
思ってはいるものの、神谷さんは二日目に来場するファンのためにネタバレしないでほし
いというお願いをしてくれていたのに、なぜ構ってちゃんが発動してしまうのか。
DGSのイベントっていつも穏やかでファンも10年リスナーで団結しているイメージがあった
のでなんかショックでした。
 
でも二日目はその雰囲気を払拭するかのように2人とも最初からMAXの勢いでやって
くれて、終始ハッピーハッピーでした。
最後の挨拶での小野さんの「僕はこれまでもこれからもずっと幸せです」って推しに言って
もらう言葉として最高だし、神谷さんの「色んなコンテンツあるけど、この番組に関しては
僕は皆さんに理想を押し付けてしまうんです。それはみんなで楽しむって言うこと」ってい
う言葉心に響いたな。
でも結局ラストのWアンコールマンからのワンピースの「ウィーアー!」はさいたまスーパー
アリーナ13000人みんなで歌って盛り上がり最高潮だったから、やっぱり田中公平先生は
天才なのだというのが最終的な結論だった(笑)。

ばらかもんのブルーレイ

ばらかもんのブルーレイ
確定申告の還付金が戻ってきたので、買ってしまったよ「ばらかもん」のブルーレイ!
キャッチコピーの「この夏は、みんなの宝物」っていうのいいな。春にはヒロシは島を出ちゃうし、本当にこのみんなが揃ってたのはこの1年だけだったんだなって。

創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-

前回に引き続き、六本木の森アーツセンターで開催中の「創刊50周年記念
週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-」に
行ってきました。
JUMP黄金期と言われる90年代、同級生の男子も電車で通勤してるサラリー
マンもみんな月曜日はJUMP読んでたあの時代。
「SLAM DUNK」、「幽々白書」、「るろうに剣心」、「封神演義」、「ダイの大冒険」
「遊戯王」、「ジョジョの奇妙な冒険」、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、
「電影少女」、「忍空」、「セクシーコマンドーまさるさん」、「アウターゾーン」、
「ろくでなしブルース」、「ジャングルの王者ターちゃん」…いや、みんな知ってる
みんな読んでた作品だよ。これらがほぼ同時期に掲載されてたんだから、
凄いですよね。
迫力ある原画展示と、井上先生や富樫先生らのインタヒュー映像、漫画映像展示
など、盛りだくさん。同世代の友人と一緒に行ったので思い出話に花が咲きめちゃ
くちゃ盛り上がりました。
 
Dsc_0661_2
その中で特に印象に残ったのがドラゴンボールとSLAM DUNKの映像展示。
映像展示って要は漫画のページに少し演出効果つけて魅せていくものなんだ
けど、どっちも当たり前だけど静止画なのに迫力凄かった。
ドラゴンボールは前に「オーマイジャンプ」でも言われてたけど、やっぱり
鳥山先生が多角的な視点からキャラクターの動きを描いてるから、たとえば
ジャンプの瞬間の絵でもそれが上がったところなのか降りるところなのか
わかるんだよね。なんというか圧倒的に絵がうまい。漫画がうまい。
SLAM DUNKは山王戦のラスト47秒が、あまり派手な演出なく淡々と流れるん
だけど、もう周りのみんな無言で息詰まる沈黙の中、手に汗握って見ました。
終わった後「はあああ~」って全身から力抜けてしまう緊張感。ぎりぎりの点差の
中でラスト数秒での攻守の入れ替わり、桜木から流川へ、流川から桜木への
パスで逆転勝利。久しぶりのスラダンやっぱり一つ一つの絵が綺麗だわ。

ヨシノサツキ「ばらかもん」

ばらかもん

数年前にやっていたアニメは見ていた「ばらかもん」。主演が小野大輔さん
だったし、キャラクター達可愛いし、都会からやってきた主人公の清舟と島の
人たちが互いに影響を与えながら日々を暮らしていくハートウォーミングで
面白おかしい内容で、今でも清舟が島へ帰ってくる最終回は録画データに
残していてたまに見返すくらい。

ふと唐突にTwitterで「ばからもんカフェ」のニュースを見て久しぶりに色々
見返していたら、アニメでやっていた以降の話も気になってしまい、ドラマ
CD付きのコミックスも買ってしまいました。
16巻はヒロシの卒業と旅立ちがメイン。ヒロシって自分のこと平凡普通って
思ってるけど、同じ学校の女子2人から想われてたし、美和やなるや清舟の
面倒見いいし、料理始め一通りのことは器用にこなすタイプだし、気さくで
話しやすいしで絶対モテるよね。
清舟が島に来たばっかりの頃は「いい年した大人が人に迷惑かけるなクソが」
(そこまで言ってない)くらい言ってたのに、今じゃ毎日清舟のためにご飯を
作って持っていくようになったんだもんなあ。ヒロシめちゃいい子じゃん…東京
行っちゃうの寂しいけど、料理人目指すきっかけになったのも清舟だし、この
巻では清舟やなるとドライブしたりと、夢のために前向きな別れではあるけど
彼ららしくその日までの日常を過ごす様子が見られて良かったです。
裏表紙にも書いてあったけど「死に別れ以外は別れち言わんぞ」ってね。

CDドラマもTVアニメと同じキャストなので嬉しい。なる役の原涼子ちゃんは
さすがに成長を感じるけど、あのちょっと舌足らずな感じ、なるだなって思います。
ヒロシ役の内野さんが五島の方言は小さい「っ」がリズミカルに入る、というよう
なことを以前言ってたけど(「知っとっと?」みたいな)、うちは両親が長崎の隣の
佐賀県ですけど、こっちも確かにそうかなって感じします。

17巻もドラマCD付き(しかも最後)らしいので予約した…!

「週刊少年ジャンプ展 創刊~1980年代、伝説のはじまり」

六本木森アーツタワーで開催中の週刊少年ジャンプ展に行ってきました。
これは週刊少年ジャンプの創刊から1980年代までに掲載されていた懐かしの作品の
原画を多数展示、さらにオリジナル映像や造形物なども見ることができます。
Dsc_0472

ジャンプといったら、学生の頃はクラスの男子は読んでたなあ。高校生くらいになると
回し読みしたりしてね。私は夏休みにおばあちゃんの家に行った時に従兄のお兄ちゃん
が買ってるのを読ませてもらったりしたっけ。基本、単行本派でした。
しかし、この歴々たる面々!さすがに70年代の作品はあまり縁がなかったですが、
ドラゴンボール、北斗の拳、キャプテン翼、シティーハンター、ジョジョの奇妙な冒険、
キン肉マン、聖騎士星矢、ついでにとんちんかん、ハイスクール奇面組・・・もう数え上げ
たらきりがないくらい、知っている作品ばかり!

Dsc_0474

Dsc_0473

原画も見入ってしまったわ…。特に昔の作品って画圧が凄いというか。
アナログだからこその迫力がありますね。
あと個人的には当時のおもちゃとかFCゲームソフトも展示されてて
面白かったです。

Dsc_0478

こちらは買ってしまったグッズ。翼くん岬くんゴールデンコンビのツインシュートの
原稿風クリアファイルとジョジョの缶バッヂ。缶バッヂは運良くジョセフシーザー
リサリサのレアバージョンがでました。あと悟空のかめはめ波のは、撮影可能
ポイントでハッシュタグをつけてSNSにアップするともらえるやつね。

松井優征 「暗殺教室」

ある日突然、月の7割を消滅させ、来年3月には地球をも爆破すると宣言した
超生物の要求は椚ヶ丘中学校の落ちこぼれクラス3年E組の担任になること。
人知を超えた能力を持ち、軍隊でも殺せないその怪物の暗殺を、各国首脳は
やむをえずその3年E組の生徒たちに託すことにする。
奇妙な担任教師「殺せんせー」と3年E組の生徒たちは、特別授業と暗殺の
ミッションを通じて不思議な絆を築いていく…。

暗殺教室はアニメを1クール目は見てたんですが、2クール目に他に見たい
番組が同時間帯に放送が始まってしまったので(2番組同時録画ができない)
そこまでしか見てなかったんですよね。
今回一気にファイナルシーズンまで見ちゃったんだけど、これちゃんとリアル
タイムで見とけばよかったな~。2クール目後半の合宿編辺りからぐっと引き
込まれました。特に私、RPG的な異なる力を持つ人間が力を合わせると強大な
力になるって展開が好きなので、クラスメート達が個性を活かして困難に立ち
向かっていくの燃えたな~。個人的に生徒で一番好きなのは主人公に友好的な
天才肌の業です。実は前から渚とは結構仲良かったらしいのは意外だったけど、
終盤の暗殺を続けるか先生を助けるかの一騎打ち後なんか、お互いに下の
名前を呼び捨て合うだけじゃなくて親友ポジに落ち着いた感じよな。
あと、堅物&男たらしカップルな烏間先生とイリーナ先生。二代目死神との戦い
のあと、普段は固めている前髪を下ろしてイリーナに薔薇を差しだすところとか
烏間先生イケメンすぎたし、まさか本編中にプロポーズみたいになことまでする
とは…。イリーナ先生良かったね…!
ラスボスかなって思ってた理事長もいい人だったし、でも個人的に楽秀は
殺せんせーの薫陶を受けずにE組やカルマとの戦いから自力で前に進んで
るので、彼こそ有望株なんじゃんないかとも思ってますが。
ラスト周辺は泣きました…。死神と呼ばれる人間の殺し屋だったときの殺せん
せーめっちゃイケメンでCV福山潤の力を正しき発揮してました。二代目死神が
最初に渚たちに近づいた時に花屋だったの、前に死神のテーブルに花を飾って
珍しく褒められたのずっと覚えてたんだろうなとも思う…。

もともと3年生卒業までの1年って期限があって、個々の成長とクラスの団結、
A組や理事長に立ち向かって乗り越えて行く試練、最後に先生の想いを受け止め
ての暗殺っていう要所要所がしっかりあったから、ダラダラせずまとまりもあって、
殺せんせーも助かって完全ハッピーエンドにしなかったのも良かったと思う。
ギャグも結構好き。あのコードネームで呼び合う回とは笑えたな~。

「ユーリ!!! on ICE~フィギュアスケートを100倍楽しむ集中講義」

久保ミツロウ、豊永利行(勝生勇利役)、内山昂輝(ユーリ・プリセツキー役)
宮本賢二、鈴木明子


アニメ「ユーリ!!! on ICE」の「フィギュアスケートを100倍楽しむ集中講義」に
参加してきました。
アニメの「ユーリ!!! on ICE」だけでなく実際のフィギュアスケートのお話も
たっぷり聞けて面白かったです。
特に鈴木明子さんが可愛くて所作も美しくて、説明もわかりやすくて
素敵でした…!なんというか世界が浄化された…。そして物もらいの時に
高速スピンすると遠心力で血がヤバい話面白すぎでした!
宮本先生の振付のお話も興味深かったです。
「エロスは蜂蜜が纏わりつくような手の振り、アガペーはさらさら水が零れる
ような動き」っていう説明と、女性のエロスの表現として見返り美人とその時
の体の曲線について触れてたのがとても納得。確かに勝生選手のSP、
見返りポーズ多いもんなあ。
豊永さんは盛り上げ役を買って出てくれたし、内山さんも噂の1.25倍くらい
笑顔を見せてくれて良かったです!

やっぱり色んな世界のプロフェッショナルの方のお話を聞くのは楽しいな。

より以前の記事一覧