2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

ゲーム

「薄桜鬼随想録」

先日クリアした薄桜鬼の続編ファンディスクです。
本編の共通ルートと個別ルートの合間にあった小さなエピソードを事件想起
(選択肢で各キャラとのイベント発生)と恋愛想起(各キャラ個別のイベント)で
綴っていく。
本編については「甘さ控え目、随想録と併せてちょうどいいくらい」と聞いてた
んだけど、随想録も序盤は本当にこれ甘いの…?って思いながらプレイして
ました。
時系列が本編通りなので、とりあえず屯所時代はどのキャラともあまり恋愛
っぽくならないんだよね。特に序盤は相変わらずみんな手厳しい。それに
あくまで本編から話が違えることはないので、平助は羅刹になっちゃうし沖田は
労咳になっちゃうし。まあ個別ルートに入ってからの恋愛想起は、移動中や
待機中にあった些細なやりとりとか、絆を深めあっていく様子が見られるので
甘いっちゃ甘いかな。
ただ3回くらい千鶴が女装してて、ああこれ本編でやりたかった乙女ゲーらしい
イベントなんだろうなって思った(笑)。普段男っぽい格好してるヒロインが女性
らしい格好して周囲の男がびっくりするってやつね。島原潜入のために花魁の
姿になるのはともかく、気晴らしに浴衣着せて夏祭りに行かせるのと、平助に
会えなくて落ち込んでる千鶴を外で新選組関係者と見られずに逢瀬させるために
町娘の格好させるのとかもう完全に、女装の為の女装!乙女ゲーのための
恋愛イベントやん!ってね。

エピソードで良かったのは。
土方編はやっぱり土方が圧倒的に美だからカズキヨネ先生の絵も冴えまく
って、最後の桜の花びらの中での2人のスチルがめっちゃ綺麗で印象的。
沖田編は大根おろしいりのお粥食べさせるやつ。弱々しいボイスで、沖田は
森久保さんがその時の沖田の体調に合わせてだいぶ声の調子を変えてきて
るからわかりやすいね。
あと本編の後の時系列に当たる最後の恋愛想起。本編最後が穏やかな陽だまり
の中で眠りについたのか息を引き取ったのかわからないように描いたってカズ
キヨネ先生がコメントしてたから、あ、とりあえず生きてたって。あと羅刹になっても
労咳は治らないってことだったけど、咳はずっと止まってるって明言されてたし
意地悪モードも復活してたしだいぶ声も元気なのでそれも良かった…。
斎藤編は風邪ひいた千鶴のところに、御陵衛士として離れていた斎藤が来て一晩
看病で付き添うやつ。千鶴は熱と斎藤に会いたいという想いが見せた夢だと思って
幻を見てる気持ちで斎藤と言葉をかわすのちょっと切ないね。ラストの名前で呼んで
ほしい斎藤さんは可愛かった。
平助編は私割と単純にEDの短髪和装可愛いなと思ってまして、土方編のラストだ
と若奥様みたいな格好なのに平助編だと年相応の町娘らしい赤いおべべでほんと
少年少女カップルで初々しいわ…この2人だけまだ結婚はしてないのかな?
原田編は千鶴を羅刹隊に引きずり込もうとする山南に抗議するやつ。平助もいって
たけど「左之さんいつもいいとこと持ってく…」。あと永倉が飲みに行って2人きりに
なった後のエロモードね(笑)。
あと永倉の日常想起で土方と永倉が門限のことで険悪になったとき、他の隊士や
千鶴がいる前では腹を割った話ができないだろうと土方と永倉二人きりにさせるの
と、出て行く直前に土方に目線を送るのとかまじ気遣いの達人。
風間編は本編でクリアしてないんだけどこの随想録で何となく、こんな感じなのか
ってなりました。平助編で千鶴と平助と風間の3人で笑いあってる(風間は笑って
ないけど)スチルあって、情勢が情勢じゃなければ以外と馬が合う幹部もいるの
かもね。

キャラ単体としては沖田が好きだけど、CPとしては斎千か原千かなーと思ってたら、
今回の随想録のEDで、平助以外には常に敬語使う千鶴が思わず「総司さん、大好き」
って言っちゃう瞬間めっちゃ可愛かったわ…!

あとクリアしても画像欄埋まらなくて不思議に思ってたら永倉とか山南とかの本編
での非攻略キャラも日常想起ってのがあるんすね。知らんかった…。

「薄桜鬼」

ミュージカル版を見たらゲームどんなんだろってちょっとやりたくなって
敢えてVitaで出てるリメイクじゃなくて、PS2からの移植版であるPSP版
をやってみました。
まぁまず、カズキヨネ先生のイラストがめっさ綺麗なのな!キャラも美麗!
音楽はなんかいつも不穏な音楽がどんどこしてた気がする。話自体が
暗い(早々に新撰組における絶頂期である池田屋事件があって、その
後はジリ貧で情勢悪化)し、周囲のキャラも死ぬしで仕方ないんだけど。
ヒロインの千鶴ちゃん、完全に守られヒロインで相手の為を想ってした
行動が裏目に出て助けに来た男キャラが危険に晒されるパターンが
多いので、わりと叩かれがちなのは知ってたんですが、まぁ年若い
女子なんてこんなもんじゃないのって気もします。
ただ鬼の娘で護身術も習ってたっていう設定があまり活かされてない
(羅刹に血を与えるくらい)し、傷の治りが異様に早いって自覚してて
今までどう思ってたのかとはつっこみどころはありますけどね。
このゲーム版だと桑島さんのボイスはつかないのが残念。

土方歳三
ザ・メインルート!本作の縦軸である新撰組の生き様と横軸である鬼と
人との関係が絶妙に絡まり、タイトルでもある「薄桜鬼」が出てくる(風間が
土方に鬼の名前を与える)エピソードでもある。そしてミキシンのべらんめえ
美声が聞き放題でもある。そして単純に顔がかっこいいからSUKIになって
しまう。
新撰組は武士の紛い物、羅刹は鬼の紛い物だけど、貫けば真になるって
いうのが本作の主題だと思うんだけど、やっぱり新撰組をモチーフにしてる
からには函館戦争まで描いた土方を追うルートだよな!って思います。
ボリュームもあるし設定も生きてるし、話として一番綺麗にまとまってる。
あと他のキャラについてもそうなんだけど、千鶴が羅刹に血を吸わせる
シーン、うなじなのえろくない?えろくない?

沖田総司
一番好きなキャラでした沖田。よくある子どものように無邪気かつ残酷な
キャラ設定じゃないところが良かったというか、年若いのに意外と周りを
見てるし察しのいい人だよね。近藤(と土方)が絡むときだけ生来の幼さ、
弟分としての甘えが出てたけど。
土方編が常に前線で、新撰組の表舞台に立ち続ける話だったから、屯所で
お留守番の多い沖田編はその裏側の物語になってて面白かった。
森久保さんの声も最近よろしくマッチョッチョ!みたいな陽気なお兄さん
ばっかり聞いてたきがするから、こういう抑えた若いキャラの声いいなぁ、
上手いなあと思ってしまった。舞台で見た時より優しい印象でもあった。
どのキャラもラストまでには羅刹になって、空気と水の綺麗な北の地で
延命しながら千鶴と2人で残された日々を過ごすってパターンなんだけど、
沖田の労咳は治ってません設定、結構辛くない?羅刹化でどれだけ寿命を
前倒ししてるのかわからないけど、労咳って普通発症から数年ってとこ
でしょ。だから沖田編だけ千鶴も羅刹化したのかな?まぁ、モノホンの、
しかも純血の鬼である千鶴に下位互換の羅刹化って意味分からないんだ
けど、これで仮に千鶴の寿命も短くなってるなら、沖田の死後そう間を
置かず後を追えるよねみたいな…気遣い…?
ただ、羅刹化して労咳の咳も止まってたのも事実みたいだし、本当のとこ
どうなんだろうね?
あと個人的に南雲薫の、双子の妹なのに自分だけ安穏とした生活を送って
たの許せないから色々酷いことするけど、妹に自分と同じだけの絶望を
味あわせたあと「やっと対等になれたね」って自分の計画に乗るよう手を
差しのべる発想、嫌いじゃない…。

斎藤一
低音でぼそぼそ喋るタイプだから、時々イヤホン外してプレイしてると
声が聞き取りにくかった…鳥さんごめん。
斎藤が会津に残ると決めた時の刀なき武士を選ぶっていう選択の例え
ちょっとわかりにくかった。刀は新撰組の仲間で、武士は脱藩して行き場を
なくした自分に新撰組という場所をくれた存在?
千鶴が羅刹に血を吸わせるシーン、斎藤は耳たぶなのちょっとマニアック
で良いと思いました!
最後に平助と新八と左之介が助けに来てくれて、4人がかりで風間を倒すの
NICE!。4人がかり(内2名は羅刹)なら風間も倒せるんだな。いやもっと
実力差あるのかと思ってた。
エンディングで名前で呼ばないと返事してくれない一くん可愛いかよ。
それと山南さんってルートによって裏切りを装っていたり、本当に裏切って
たりしてるね?

藤堂平助
というわけでよっちん君の声も若々しく聞こえる平助くんです。平助が刀を
振るう理由って土方のように新撰組のためでも沖田のように近藤のためで
でも斎藤のように武士としてあるためでもなく、佐幕派の新撰組と尊王攘夷
派の御陵衛士の間を行ったり来たりして迷って、それで辿りついた答えが
千鶴を守るためってのが、いいよね。
それと、千鶴の血を吸うシーンの平助の顔が舞台版の池田純矢くんに似て
た!薄桜鬼のイラストって口角上がってるデザイン多いから、キャストも
廣瀬くんとか池田くんとか口角上がり役者がそろってる気がする、矢崎くん
の土方はそうでもない…。
しかし藤堂って山南の後に羅刹になってるから、体がもたなくなるのも他の
攻略キャラより早い気がするんだけど。でも逆に鬼とはマジバトルしてない
(風間とはは共闘)ので、鬼化はしてない分、寿命は削られてないのかもしれ
ない。これでトントン…?
山南さん羅刹になってから3年経つけどまだ生きてるって設定だったし、
千鶴と攻略キャラの残りの日々を考えてしまうわ

原田左之助
メインキャラで唯一人間のままエンディングを迎える左之さん。ラストも千鶴と
2人異国へ移住して(いまいちどこかわからんけど)、子どもも出来て、勿論
羅刹じゃないから人生を全うできるだろうし、何の憂いもないハッピーな
エンディングです!こういうの1こくらいあってもいいよね!
ラスボスは新八かと思ったけどちがった。よかったよかった。
遊佐さんってインテリ鬼畜系のキャラで聞くことが多かったから、こういう
ノリのいい明るい、でも人の機微を察することのできる年上キャラって初めて
聞いたけど、さすがですな。平助・新八と三馬鹿トリオ扱いされてるけど、
新八の脱退について土方と2人で話してるあたり大人な人だよね実際。
千鶴が「自分がいると迷惑がかかる」って屯所を抜けだそうとするエピ、二次
なら死ぬほどありそうだと思ってたけど意外と原田編しか出てこなかったね。
でも定番だからこそいいネタと思います。

というわけで随想録にいきます!ごめんな風間!

「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」

久しぶりにゲームをしたよ~。私がPSVita購入を決めた理由の一つでも
あるダンガンロンパシリーズの最新作です。
ちなみに私はダンガンロンパ、スーパーダンガンロンパ2とクリア済で
アニメの未来編・希望編も視聴済です。スピンオフの絶対絶望少女は
未プレイだけど、小説のダンガンロンパ・ゼロは読みました。
こう考えると、それなりに長いおつきあいになるかと思います。

以下、ネタバレ

続きを読む "「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」" »

8/27M「ドラゴンクエスト ライブ スペクタクルツアー」

全国ツアー最終地である横浜アリーナ公演を観てきました!

短冊のように上から吊られた布をスクリーンとして、それが照明
や音楽、キャストの芝居と連携して一体となり、洞窟や王城、
闘技場などの様々なドラゴンクエストの世界を演出していました。
布だからちょっとゆらゆらしてるのがまた、キャラクターたちがその
世界のなかにいる存在感を濃く映し出してくれるんですね。
また、主要キャスト以外でも村人を演じるダンサーやモンスター、
エアリアルアーティストなど多彩な出演者さんたちが生き生きと
勇者の旅路を彩っていて素敵だったなあ。
メインの他にもクリフトやビアンカやフローラ、マーニャ・ミネアも
登場したので、嬉しかった!
音楽はもちろんずっとドラクエだしね!
一番胸熱だったのは、冒頭の歴代勇者の登場かな。

ベースはドラクエⅢの物語で、勇者オルテガの後を継ぎ、王命で
勇者が魔王バラモスを倒す旅に出るところから始まります。
そこに異世界から謎の声に呼ばれたアリーナ、テリー、ヤンガス、
パノンたちが合流し、ジパングやイシスを旅し、サマンオサで
王に化けたボストロールの正体をラーの鏡で暴いて倒し、7つの
オーブを探し出して不死鳥ラーミアを復活させて、魔王バラモスと
対峙して倒した後に地下世界アレフガルドへ。
太陽の石と雨雲の杖、聖なる守りを見つけ出して大魔王ゾーマ
を倒すところまでの流れがダイジェストになった感じ。
不死鳥ラーミアが張りぼて感があって笑ってしまったけど、その前の
レイアムランドの双子の巫女たちの「舞いあがれ、空高く!大空は
お前のもの!」って叫ぶシーンはテンション上がったね。

勇者、武道家、剣士、山賊、芸人という圧倒的に攻撃にステータス
振ったパーティ構成だったけど、アリーナのしょこたんめっちゃ動いて
元気で可愛かったし、風間くんのテリーはクールで闇遊戯感あったし
芋洗坂係長のトルネコはリアルでした…。

最後にちびっこダンサーとマーチングバンドが出てきて、キャストの
客席降りがありました。最近テニミュでもあまり通路席がなくてハイ
タッチ運無かったですが、今日は勇者オルテガとハイタッチできま
した♥お父さんー!

アトラクションショーみたいな感じでしたが、わりと客席いじりと
客が配布のブレスレット使って参加するシーンとかもあって、
面白かったです。
「舞台」でも「芝居」でもなく、今後こういうのって増えて行くかも
しれないですね。

ドラゴンクエストミュージアム

渋谷ヒカリエ9階で開催中の「ドラゴンクエストミュージアム」を見てきた!
鳥山明先生のパッケージ原画やすぎやまこういち先生の生楽譜の展示、
名場面を描き起こしたロト伝説の画廊や天空伝説のジオラマギャラリー
などなど!
BGMがずっとドラクエで、テンション上がったなあ♪
Dsc_0199

入口に、実物大のロトの装備一式が飾ってあって、最初に映像見て
から扉開いて一斉入場だから、歓声上がったよ。
鎧、兜、盾、剣。美しかったー!
私、天空シリーズ派だけど、ロトの剣の刀身が透き通るようで、高潔な
青に黄金の翼をイメージした紋章、赤い宝玉ってマジ最強だと思った。
天空シリーズも作ってくれないかな、鍛冶職人謹製の天空の装備!

こちらは天空シリーズのジオラマギャラリー。
第1章の湖の塔での戦い。ホイミンもいるね。
Dsc_0185

第2章のエンドール武術大会。
Dsc_0198_2

第3章。鉄の金庫を手に入れるレイクナバ北の洞窟。
Dsc_0186

第4章。バルザック戦後のキングレオ戦。オーリン倒れてる…Dsc_0188

第5章。リバーサイドの気球打ち上げとラストのデスピサロ戦。Dsc_0190

Dsc_0189_5

これ、クリフトが明らかにザラキ使ってて吹くんですけど(笑)!
でもなんかアリーナを庇ってる感じでいいじゃん!

Ⅴからはこちら。
花嫁の選択とタイムスリップして過去の自分の手からゴールドオーブを
すり替える涙のイベント。
Dsc_0194

Dsc_0196_2
私はビアンカ一択です!

グッズがスライム柄のマグカップと、ロトの紋章と天空の剣がデザイン
されたブックマーカーを記念に買いました。天空の剣がデザインされた
グッズってあんまりないから、つい!

鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ

ドラゴンクエストシリーズ30周年を記念して、鳥山明先生の手により30年の
間に描かれたドラゴンクエストのイラストから、500点以上を収録したイラスト
集です。
未発表のイラストやゲーム攻略本の表紙を飾ったイラストなど、リアルタイム
で見られなかったものも!

まあドラゴンボールなんか見ててもわかるんですが、鳥山先生って
結構絵柄が変わるので、その変遷もわかりますよね。初期の丸い
絵から等身高くなってまたちょっと柔らかい感じのタッチに落ち着いて
いく感じ。

私は一番やり込んだのはⅣの「導かれし者たち」なんですが、Ⅳの
アリーナ姫が大好きで!強くてすばやくて、キラーピアスの2階攻撃で
会心の一撃をガンガン出してくれる!
リメイク版以降のアリーナ姫は少し丸っこくなってるんですが、私は
この頃のアリーナ(あと男勇者も)が好きなんだ~!

「エスカとロジーのアトリエ」

アトリエシリーズ15作目。つい最近アニメで放送していたので、何となくの
話は頭に入ってる状態でプレイ始めました。
今回の主人公は錬金術師を目指す田舎の少女エスカと、都会からやって
きた錬金術師ロジーのうち、1人を選択できます。
エスカの方はこれまでのアトリエシリーズのヒロインって感じの子で、少し
おっちょこちょいだけど明るくていつも一生懸命な女の子って感じで、
ロジーの方は真面目で冷静な兄貴分って感じ。
てっきりクールなロジーがエスカを最初は馬鹿にしつつ絆されていくツンデレ
なのかと思いきや、最初からロジーいい人やった…こりゃエスカも「ロジー
さんロジーさん」って懐くわけだわ…。ロジーの飛行船イベントとか、すごい
2人可愛かったな…。この2人くっつけばいいと思う…8年後くらいに…。

とは言え、さすがに2週はできず。EDはお兄ちゃんになりました(笑)。
なかなかバランスもよく、調合・戦闘・採取と楽しめましたが、私はもともと
やりこむゲームが得意ではないので、終盤いくほど攻撃(爆弾)の火力が
弱くて、相手が攻撃しつつ回復してくると攻撃が追いつかなくなる…ので、
一応遺跡を地上に落とすところまではいけたのですが、そこまででした(笑)。

でも久々のアトリエ、やっぱり色々作れるようになっていく過程楽しかったなー

「真かまいたちの夜~11人目の訪問者」

久しぶりのゲーム話。
大好きな「かまいたちの夜」シリーズの最新作…と行っても発売されたのは
数年前ですが、やっとプレイできました。これでたぶん「かまいたちの夜3」
以外は全部やったかなあ。
このシリーズはSFC版、PS版、アプリ版と何度もプレイしたり、初代の舞台
ペンション「シュプール」のロケ地となった白馬の「クヌルプ」に実際に泊まりに
行ったりと、非常に思い出深く、私がノベルゲー好きになったきっかけでも
あります。最近ノベルゲーすっかり衰退していて悲しいね…。

今回は登場キャラ一新した上での原点回帰というか、吹雪のペンション
「ブラウニー」が舞台。少し気の弱い小説家希望の青年と、彼がほのかに
憧れていた大学時代の友人京香が偶然旅先のペンションで再会し、事件に
巻き込まれる。

ところどころ声優さんの声がついたりするものの、BGMやSEも初代の
「かまいたちの夜」からのものが使われていたり、シナリオの種類が
ミステリー、スパイ、妖怪(オカルト)と初代と同じ構成だったり、ミステリー
で犯人追及を間違えると皆殺しルートに突入したりと、本当に初代への
原点回帰の意識が伺える造り。
そして私は初代プレイ時と同じように皆殺しルートで惨殺された(笑)。

ミステリー篇なかなか面白かったけど、やはりあの初代ほどの感動が
得られないのはもう懐古厨ってことで仕方ないよね。
ちょっとつっこみどころもあるしね。雪乃ちゃんもっと主張して!とか(笑)。
あと、真相に必要な情報を入手するのは選択肢なくいける必須部分で
んしてほしいという気持ちもある。
個人的に意外と楽しかったのが妖怪篇ね。キャラクターの性格が頭に
入ってからみんなでわいわい楽しそうにやってるの見るの好き。
スパイ篇は簡単ではあったけど狙撃がね。タイムリミットあるので結構
ドキドキした。

でも初代の凄い所は、主人公が最速で謎を解けばあの場での殺人は
防げるってところだよね。「田中さん」はそもそも犯罪の仲間割れで
ここに来る前に既に殺されてるので、仲間のうちで犠牲者が出ない。
次点でみどりさんの殺害(最終的にはもう一人死ぬけど)で事件解決
というほろ苦い終わりもある。あれも切ない。

でも大好きな世界観に浸れたのはよかった。これ結構ネットで叩かれてた
けど、個人的には2のグロい話延々見るのよりはずっといいよ。

「STEINS; GATE0」

シュタインズゲートの正統続編。通称、執念オカリンこと、シュタゲ
本編でクリスを救うことを諦めてしまった岡部倫太郎の物語。
当然シュタゲについては思い切りネタバレ前回なので、前作をクリア
してることが必須条件というか、してないと全然意味分からんと思う。
してるとトゥルーエンドであるシュタインズゲートに到達するための
道のりがわかって非常に楽しい!

クリスを犠牲にまゆりの生きるβ世界線で生きて行くことを決めた
岡部は鳳凰院凶真も封印し、失意の中で生きる。そこにクリスの
記憶データを基にした人工知能アマデウスが現れる。
岡部視点だけでなく、真帆や鈴羽やかがり視点で物語が多角的に
語られ、クリスの残したタイムマシンに関する記憶やデータを巡り
多くの陰謀と思惑の中に岡部は再び巻き込まれていく。


全体的にはダル、まゆり、フェイリスの株が上昇!オカリンが普通の
人になっちゃってるのでこれまた普通にイケ様なんですが、メンタル
クリニック通ったり精神安定剤飲んでたり、めっちゃ豆腐。

・私秘鏡裏のスティグマ
攻略サイト等を一切見ず、一番最初に辿りついたのがこのバッドエンド。
アマデウスクリスと連絡を取り続けてるとここに行っちゃうみたい。
まぁ終わってから思えばクリスとのやりとりは教授に筒抜けなんだから
そうだよなって感じなんですが、初回プレイってなるべく他キャラとの
交流や接触を拒否しないようにするよねえ?そうするとここに来ちゃう
わけです。

無限遠点のアルタイル
まゆりエンド。同じタイトルで以前CDドラマが出ていて、主要な展開は
それをなぞってるかなという感じ。
これやってて思ったのは、シュタゲ本編ゲームって書くヒロインの個別
ルート以外では岡部に特別な感情を持ってないんじゃないかと思って
たんだけど(クリスとルカ子を覗く)、まゆりってやっぱり恋愛対象として
岡部のこと好きだったんだなー。
でも岡部はほんとクリスのことが好きで、アマデウスクリスにも「そんな
ところが好きだ」って言っちゃいそうになるし、α世界線でクリスと再会
した時も「愛おしい愛おしいクリスの全てが愛おしい」ってクリスしか
見てない(恋愛的には)から、最後にまゆりと鈴羽がタイムマシンで
過去に飛ぶ時の告白にも頷くことしかできなかったんだろうな。
そこ思うと、片思いを自覚しながら好きな人の為に動くまゆり悲しくて
可哀想だったよー!鈴羽に「岡部倫太郎も好きだけど鳳凰院凶真が
もっと好き」と言いつつ、岡部本人には逆のことを伝えるの、切ない!
鳳凰院凶真がちょっとだけ聞けて良かった。

・相互再帰のマザーグース
かがりエンド。でも岡部とかがりがくっつく話ではなく、むしろまゆりと
かがりの母娘の話しって感じかな。ところで成長したかがりがクリス
そっくりなのって何か意味があるのかな?かがりにクリスの記憶が
移植されてるから、外見も声優さんの声も似てるから、オカリンに
とっては色々たまらんかったろう。それから一時的にα世界線に
戻ってクリスに再会したの、オカリンもう愛がダダ漏れでしたね…!

・存在証明のオートマトン
真帆エンド。そして綯様!はい!綯様!からの、ねえ、今どんな気持ち?
ねえ、どんな気持ち?(笑)
ここではアマデウスとサリエリを比喩にした真帆とクリスの関係の掘り下げ、
それに萌郁が真帆に心を開いていく話かな?
それに、ラストのクリスの言葉と真帆の推測からすると、AIという記憶データ
にも、別の世界線の記憶が現れる可能性があるとな?
この世界線でクリスのPCパスワードが解明されて、ダルや岡部のタイムマシン
開発にもつながって行くのかも。

・盟誓のリナシメント
クリスエンド。と言っても、クリスの出番自体は他ルートとそんなに変わらない。
クリスを救うためにラボメン達が、復活した鳳凰院凶真が誓いあう。
絶望的な未来でも絆で結ばれてるダル達ラボメン尊いよ~。とにかく熱い!
でも3000回のタイムリープもっと見たかった気もする。

・交差座標のスターダスト
凶真エンド。ルートというほどのものではいんですが、2010年8月21日の
岡部に送るムービーを撮るオカリン達。そして、同じく2010年8月21日の
まゆりにオカリンを奮い立たせるよう指示する為にタイムマシンで過去に
戻ったまゆりと鈴羽を追って、再びオカリンはタイムトラベルへ。

本編のシュタインズゲート編やった時に、未来の執念オカリンはシュタインズ
ゲートに辿りつきクリスの生きる世界線が存在することを励みに生きて行く
んだろうなって思ってたんだけど、仲間たちに囲まれて、思ったより生き生きと
生きててくれてよかったなあ。

そして疑問なのですが!
最後にダルというか鈴羽宛てにムービーメール撮ってたの、あれ何だっけ・・・?

「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」

また出るんですよね、ジョジョの格ゲー「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」!
今度はコンビバトルがメインということで、2プレイとかネット通信での共闘が中心に
なるのかな?
まぁ私きほん、ぼっちプレイなんですけど、とりあえず2部の波紋戦士コンビでは
戦ってみたいですね。あと、前作ではなかった、3部ジョセフとシーザーの特別会話
ないかなー。
それに、荒木先生監修のオリジナルストーリーモードもあるそうですし!

前作が結構格ゲーのプレイヤーさんには叩かれてたみたいですけど、私の場合
ほとんど格ゲーやらないので、キャラ動かせて喋ってるだけでもう十分楽しんじゃ
えます!PS4だけじゃなくPS3でも出てくれてありがたいな!

より以前の記事一覧

最近のトラックバック