2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

ゲーム

「三国恋戦記~オトメの兵法!」③

記事3つ目だよ、えええ…。
一応クリア後にプレイできる後日談エピソードも終えてCGも100%にしましたので!
後日談は思ったよりボリュームあって楽しかったです!呉夫人とかここでしか出て
こないキャラもいるの豪華じゃない?孫家の墓地や孔明の別宅背景スチルとか、
あと孔明のテレ顔立ち絵も、本編中ではなかったよね…?満足です…。
シーン回想がもっとほしかったので代わりにセーブを増やしたりボイスコレクション
集めたり。孔明と花が星の下で話すイベント(亮が花に過去に言われた言葉を今の
花に伝えるシーン)とかシーン回想で欲しかったんじゃよ~
あ、あと個人的にはデフォルトネームでプレイする時は名前もボイス有りだと嬉しいな。

やっぱり孟徳ルートと孔明ルートがいいなと思ったんですが、ひたすら甘甘で過保護
な孟徳に甘やかされつつも師匠の10年分の想いに心動かされてしまう…。
あの木簡の量凄かったしね。
少年時代に花と出逢って恋をして目の前で失って、喜びと絶望を同時に知ってしまった
後は10年間ひたすら消えてしまった花との再会を望みながら彼女と再び道が重なるよう
勉学に励み続けて、やっと会えたと思ったら次は彼女がこちらの世界に心を残さず帰れ
るようあくまで師匠として距離を置きながら見守って。
孔明が何度も繰り返した「幸せになりな」ってセリフは必ず頭に(元の世界で)って言葉が
ついてたんだけど、紆余曲折を経て「孔明の傍に残る」って決めた花から「孔明と一緒に
いられて幸せ」って言われて、孔明の傍にいることこそが花の幸せなんだと伝えられて
感極まっちゃっうのがほんと可愛かった!

しかし蜀軍には芙蓉姫がいるからガールズトークできるし女友達として攻略キャラに
怒ってくれたりもするけど、魏はマジ相談相手元譲しかいないもんな!女子不在!
曹操軍と言えば綺羅星のごとき人材収集マニアのはずなのに…。呉は尚香がいる
けどまだまだ恋を知らないお年頃(花より年下の仲謀の更に妹だからね…)だし、
大小は恋の手助けはしてくれるけどさすがに相談相手にはならない…呉きっての
癒しキャラ子敬殿ならあるいは…。

「三国恋戦記~オトメの兵法!」②

早安(隠れきれてない隠しキャラ)
心を閉ざした暗殺者。と思ったけど、年若いだけあってそこまで頑なではなかった。
一番最初が玄徳ルートだったから、尚香の偽物なんか尚香本人が暗殺者なのかよく理解
できてなかった(笑)。でも呉いったら武術は下手だけどお兄さん想いのいい子で普通に
芙蓉姫と仲良くなれそうな子だったよね。
早安自身も誰も待っている人はいないみたいな天涯孤独を装っていたけど、食堂の
おばちゃんと仲良さそうだったり母親からは愛されてたりしてたしね。いま居場所がないだけ
で、愛情を知ってる子だから更生も早かった(笑)
EDの薬師みたいな仕事で生計立てて花と2人で暮らしてるの、途中で花に気つけの薬草くれた
あたりが伏線になっててまあ本当は毒殺の知識とかが元になってるんじゃないかとは思うけど
安定した職があっていいよね。他ルートが一国の王だったりその幹部ばっかりだからまあ
それらの豪華な生活に比べれば質素な、地に足付いた生活に落ち着いたよね。
でもこれだけ仲謀・尚香兄妹とそっくりでよく平然と軍に出入りできたなとは思う!
しっかし呉ルートは公謹ルート以外公謹はほんとラスボスだな!

ノーマルルート
誰かとくっつくわけじゃないノーマルルートにこそ、世界観や物語で描きたかったことが
表現される気がします。
モブを超えたモブの安而さん良かった。最後に宮殿から逃がしてくれた文若、文若ルート
やってるとあの苦み走った表情もわかるというもの
最後は漢王朝の献帝のもと天下を3人で支えるっていう誰も死なない(公謹と文若は
死んじゃったけど。っていうかこのルートだと孟徳は皇帝にならないし文若は死ぬ必要
ないんじゃあないの…!?)し、平和エンドだよね。最後の安而家族のやりとりが民衆が
太平の世を享受したっていう象徴みたいでいいね。

雲長
花と同じく現代日本から本の力で三国世界に導かれた青年。全てのネタバレを司る男。
冒頭の図書館でのシーンに追加があって、「お?」となりました。
なんかこのルート、2人の恋愛より本を無くすとその世界で最初に出会った相手の存在
が消えて自分がその存在になり変わってしまうという仕組みと、雲長の4巡目の関羽長
としての人生が気になってしまったよ!だって重いし怖くない…?
あと凄いどうでもいいんだけど、芙蓉姫から翼徳の仕事の遅さを何とかしろという文句が
出て「同年同月同日に死ぬなら仕事も同年同月同日に終わらせて下さい」っていうのが
面白かったw
このルートだけは花が現代に帰ってくるから山田家も安心ですね。あとはなぜか孟徳
ルートだけ一瞬現代に帰ってお母さんんに了承を得ていたけども。
でも個人的には三国世界に残って、時々2人で現代話とかしててもいいななんて思ったり。

孔明
過去と現在を繋ぎ、時を超えて巡る運命の星。(大仰)
ラストです。孔明=過去に戻った時に出会う亮くんというのは3周目くらいで気づきました
…遅い(笑)。このゲーム基本字で人を呼ぶから、不意に名が出てくるとぱっと結びつかなくて。
ノーマルルートだけど「僕が君を助けたのは君に助けられたからだよ。君が始まりだよ」って
セリフ、遙か3のリズ先生ルート思いだすな。あ、これも先生だね。晏而達もだけど、過去で
助けた人達が未来の自分を助けてくれるっていうの、やっぱりタイムスリップ物の醍醐味
ですわ。
やっと出会えたと思った彼女はあの時のまま同じ年齢姿なのに、あの時の記憶も何もなくて
彼女が「尊敬して信頼している師匠」と言ってた人になるのが自分なんだってわかったとき、
どんな気持ちだったんだろうね。あの時彼女に教えてもらった言葉の一つ一つを大切に
花に伝えてたよね。
しかし師匠は理性の塊というか、さすが10年近く初恋を拗らせているだけあるね!ホントに
最後の最後まで花に嘘をつき通して遠ざけて、花を幸せに暮らせるであろう元いた世界に
送り返そうとするときの、「幸せになりな」って優しい声と嫌です!って泣いてる花との
やりとりこっちも泣けた~!そして花が残留した時のスチル絵の呆然とした表情がめっちゃ
素の亮くんみたいで良かったです。あの顔な~。花が消える瞬間まではちゃんと自分で
立って薄く笑みまで浮かべて彼女を送ろうとしたのに、彼女が消えちゃった後は腰から
力抜けて座りこんじゃって、めっちゃ心細そうなあんな表情になっちゃっうんだなあ。そこで
消えてない花に気づいて「どうして…」って呆然と。師匠はわりとスチル絵に恵まれてる気がする。

というわけで全キャラ終了!終わってみると、まあ文章の長短からもわかるかもしれないけど
孟徳と孔明、時点で玄徳ルートが好みでした。しかし孟徳と孔明は行動が真逆だね。孟徳は
花に好き好きと言い続けて彼女が帰れないように自分の鳥かごに囲ったし、孔明は彼女の
思いを知りつつ嘘までついて遠ざけて、自分の思いにも蓋をして彼女の幸せを願って現代へ
帰そうとしたんだよね。

思い出かえしというFDもあるみたいなんで、そっちもやろうかな

「三国恋戦記~オトメの兵法!」①

良作と評判を聞いていたこのゲーム、元がPCだと聞いていたので
PSPに移植されたらやろうと思いつつやっとプレイできました。
これ絶対パッと見地味なイラストとサブタイトルで損してる…
中身はかなり私好みでした!
というのも、私の場合は両片想いでモダモダしたりネガティブ思考
(私にあの人は相応しくない、あの人には他に好きな人がいるらしい、
私ではあの人を幸せにできない等等)からの距離を置いてのすれ違い
とか大好物なんですよね…二次創作でもそういうの好き。
このゲームそういうの多くて美味しく頂きました。

あと、ヒロインがいいんだろうなあ。
序盤から本のおかげとは言え軍師として役に立ってるし、後半は本無し
でも自分で考えて策を得られるくらい成長してるし。根本的なところで
頭は悪くないんだろうなって。
自分の立場を弁えつつ可能な限り迷惑にならないよう行動してるのも、
プレイヤーからの好感度高いのわかるわ。
所謂聖女キャラ(争い完全否定かつちやほやされる)でもなく、なるべく
多く人を助けようとしつつもできなくて自分の無力さを痛感してるところと
かもいいよね。玄徳の方がよっぽど聖女キャラだったし玄徳に益州取ら
せるときなんかは、大きな争いを防ぐための戦いの重要さを理解して
説いてたしね。

そしてシステム周りが充実している!既読スキップは高速だし、次の選択肢
までジャンプできるし、その飛ばした先の選択肢でもあらかじめ前回選んだ
選択肢に最初からカーソルが置いてあるし!便利ー!
一つ前の選択肢に戻るシステムはうっわ間違えて勢いで選択肢押しちゃった
って時にめっちゃ助かった…そしてシーン回想もある親切!

ED映像は何気なくこれまでの回想かなと思いきや、ヒロインが見てなかった
作中のシーンなんですね。ヒロインと別れた後のキャラの様子とか、ヒロインが
眠ってるときのキャラの行動とか。で、次に本来のルートで見るとそこのシーンが
ちゃんと声付きで流れるようになると。うまい演出ですな!

とりあえずネタバレ無しでプレイしたんですが、攻略順だけは雲長と孔明は
後回しにした方がいいとだけ聞いたんで、彼ら以外で蜀、魏、呉キャラの順で
プレイしました。

玄徳
鈍感でまっすぐな良きお兄ちゃんとの王道すれ違い少女漫画ルート。
CV三木さんだったからもっと曲者かと思いました(笑)。
正統派ラブコメって感じで、避けられてるとか玄徳さんは誰にでも優しいから
とか政略結婚しちゃうとか、もうすれ違いイベントてんこもり!
相手は偉くて立派な大将だし結婚もしちゃったし(と思ってる)でもせめて何かの
助けになりたいと思いながらやっぱり苦しくて泣いちゃう花が健気度NO1ルート。
「……妻にすればいいのか?」
「妻にすれば、お前はーー」(音声だけこの後「俺のものになるのか」と続く)の
演出上手すぎて唸ったよ!
2人がお互いにもやもやしたりしてるの可愛かった!

翼徳
年上だけど友達同士のような、むしろ子どもとお姉さんな年齢逆転カップル。
でもこれ絶対将来DVなるやつでは?!酒飲んだりカッとなるとわけ分からなくなる
って怖いし…そしてそれを「普段はそんなことないから」って許す妻のパティーン…。
部下殴ったりしてるのとか、部下の裏切りで死ぬという史実と絡めてくるの妙に
リアリティ出してるし夜に賭けごとで怖い顔してるのはなんか飲酒による酩酊とか
衝動的な行動じゃないからまた別の話だし…微笑ましいようで心休まらない翼徳ルート。

趙雲
テーマは忠義と恋の天秤かな。
お約束のヒロインの水浴びシーン遭遇しちゃいましたイベントでは「見ましたが
覚えてません」という精いっぱいのお心遣い。毎回毎回仲謀に貧相って言われる
からな?!
どのメディアでも趙雲は生真面目ストイック設定ですが今回の恋敵は玄徳様。
師匠の揺さぶりが半端ないっすわw
孟徳軍から花を救出した後に馬に乗せて一騎駆けで敵勢を突破するやつ、もし
かして阿斗様抱きかかえての一騎駆けがモチーフになってるのかしら。
EDの戦場での告白からED曲のイントロが入るのいいと思いました…!

孟徳
お互いを信じきれずとも恋ができるのか。
気軽に好きと伝えてくるけど孟徳の心がわからない花と、花がいつ自分の元から
去り元居た世界に還ってしまうか不安で仕方ない孟徳。相手を想うほど不信に
陥っちゃうんだね…。
そして最後の結論が「信じあいたいと思うことが信じること」という。
偉い人だから監禁とかすぐできちゃうし(鳥かご怖い)、宴会シーンではモブ女に
妬まれ嫌がらせを受けるという「権力者の寵愛を受ける乙女ゲーヒロインな」らではの
イベントも堪能できるけど、妾EDを見ると孟徳の好きな花は孟徳の思惑通りにならない
花というか、権力者である丞相ではなく孟徳その人を見てくれる彼女なんだろうね。
「幸せか?」なんて聞いといて顔を歪ませるなんて、愛し方を知らない男よ…。
終盤の暗殺イベントの「嘘」のやりとり、花が代わりに毒を飲んで孟徳が花を抱き抱え
ながら泣くやつ、玄徳の偽結婚イベントと同じくらいある意味ベタで大好物でした!
CV森川さんなのもあって声も堪能!「いつかすべての役目を終えたとき、ただ君と静かに
眠りたい」ってセリフも良かった。
孟徳ってどこか延王尚隆を思い出すなー。頭が良くて男ぶりが良くて覇王の気があるよね。

文若
漢王朝への忠誠と孟徳への信頼の板挟み
あーいた。空っぽの箱送られちゃう人だ…(史実)。
真面目で融通が聞かないザ・文官。結構後半の選択肢までデレてこないのですが、ラスト
一気に来ましたね。いつから文若はちゃんと恋心を自覚したんだろ。
とは言え、このルートは下手打つと相手が自殺しちゃうので(おいおい)恋愛というより
文若の葛藤にケリをつけることが目的といった感じでした。月夜の文若とのやりとりは
儚げで花の方が「お前が…消えてしまいそうで」みたいな攻めセリフを言い出しそう。
CV竹本さんこんなにたっぷり声聞いたの初めてかも。柳も御剣も熊耳も低くて落ち着いた
声で良かったよねえ。エンディングではその声色もめっちゃ甘甘になってましたな!

仲謀
オレ様系年下王子。
他君主に比べて年少だから生意気で未熟だけど、それを自覚していて反省もできるし、
花との出逢いをきっかけで父とも兄とも違う自分のやり方を見つけていくという、
一緒に成長していく感じかな?花は17歳らしんだけど、この人いくつなんだろ。
しかしこのルートバッドエンドが多いんだけど、公謹が早安を使って花殺すED結構
酷くない?攻略対象に殺されるとは…しかもこれセリフとしては画面に表示されなくて
ボイスだけで公謹と早安のやりとりが聞こえるのえげつねえ!あとこの時点で仲謀は
花のことが好きだから後でばれない?平気?
それにグッドエンドだと公謹が体調崩して子敬が代わりを務めるんだけどこのまま
公謹は病死EDなのかしらん。

公謹
笑顔腹黒系策士。
同じ策士でも、仏頂面で生真面目すぎる文若とは子なるタイプですね。
仲謀ルートの後だから心許せないよ~。怖いよ~。
しかし女児である大小喬と友人(そして花が嫉妬)ってのは少し違和感(笑)。婚約者なら
まあの時代ならあの年齢差でもおかしくないけど。しかしその実、恋の軍師小喬ちゃん!
最後だッて小喬が後押ししなかったらこの男は告白しなかったんじゃなかろうか。
公謹自体があれなんで、子敬殿マジ呉ルートの癒し!

「薄桜鬼随想録」

先日クリアした薄桜鬼の続編ファンディスクです。
本編の共通ルートと個別ルートの合間にあった小さなエピソードを事件想起
(選択肢で各キャラとのイベント発生)と恋愛想起(各キャラ個別のイベント)で
綴っていく。
本編については「甘さ控え目、随想録と併せてちょうどいいくらい」と聞いてた
んだけど、随想録も序盤は本当にこれ甘いの…?って思いながらプレイして
ました。
時系列が本編通りなので、とりあえず屯所時代はどのキャラともあまり恋愛
っぽくならないんだよね。特に序盤は相変わらずみんな手厳しい。それに
あくまで本編から話が違えることはないので、平助は羅刹になっちゃうし沖田は
労咳になっちゃうし。まあ個別ルートに入ってからの恋愛想起は、移動中や
待機中にあった些細なやりとりとか、絆を深めあっていく様子が見られるので
甘いっちゃ甘いかな。
ただ3回くらい千鶴が女装してて、ああこれ本編でやりたかった乙女ゲーらしい
イベントなんだろうなって思った(笑)。普段男っぽい格好してるヒロインが女性
らしい格好して周囲の男がびっくりするってやつね。島原潜入のために花魁の
姿になるのはともかく、気晴らしに浴衣着せて夏祭りに行かせるのと、平助に
会えなくて落ち込んでる千鶴を外で新選組関係者と見られずに逢瀬させるために
町娘の格好させるのとかもう完全に、女装の為の女装!乙女ゲーのための
恋愛イベントやん!ってね。

エピソードで良かったのは。
土方編はやっぱり土方が圧倒的に美だからカズキヨネ先生の絵も冴えまく
って、最後の桜の花びらの中での2人のスチルがめっちゃ綺麗で印象的。
沖田編は大根おろしいりのお粥食べさせるやつ。弱々しいボイスで、沖田は
森久保さんがその時の沖田の体調に合わせてだいぶ声の調子を変えてきて
るからわかりやすいね。
あと本編の後の時系列に当たる最後の恋愛想起。本編最後が穏やかな陽だまり
の中で眠りについたのか息を引き取ったのかわからないように描いたってカズ
キヨネ先生がコメントしてたから、あ、とりあえず生きてたって。あと羅刹になっても
労咳は治らないってことだったけど、咳はずっと止まってるって明言されてたし
意地悪モードも復活してたしだいぶ声も元気なのでそれも良かった…。
斎藤編は風邪ひいた千鶴のところに、御陵衛士として離れていた斎藤が来て一晩
看病で付き添うやつ。千鶴は熱と斎藤に会いたいという想いが見せた夢だと思って
幻を見てる気持ちで斎藤と言葉をかわすのちょっと切ないね。ラストの名前で呼んで
ほしい斎藤さんは可愛かった。
平助編は私割と単純にEDの短髪和装可愛いなと思ってまして、土方編のラストだ
と若奥様みたいな格好なのに平助編だと年相応の町娘らしい赤いおべべでほんと
少年少女カップルで初々しいわ…この2人だけまだ結婚はしてないのかな?
原田編は千鶴を羅刹隊に引きずり込もうとする山南に抗議するやつ。平助もいって
たけど「左之さんいつもいいとこと持ってく…」。あと永倉が飲みに行って2人きりに
なった後のエロモードね(笑)。
あと永倉の日常想起で土方と永倉が門限のことで険悪になったとき、他の隊士や
千鶴がいる前では腹を割った話ができないだろうと土方と永倉二人きりにさせるの
と、出て行く直前に土方に目線を送るのとかまじ気遣いの達人。
風間編は本編でクリアしてないんだけどこの随想録で何となく、こんな感じなのか
ってなりました。平助編で千鶴と平助と風間の3人で笑いあってる(風間は笑って
ないけど)スチルあって、情勢が情勢じゃなければ以外と馬が合う幹部もいるの
かもね。

キャラ単体としては沖田が好きだけど、CPとしては斎千か原千かなーと思ってたら、
今回の随想録のEDで、平助以外には常に敬語使う千鶴が思わず「総司さん、大好き」
って言っちゃう瞬間めっちゃ可愛かったわ…!

あとクリアしても画像欄埋まらなくて不思議に思ってたら永倉とか山南とかの本編
での非攻略キャラも日常想起ってのがあるんすね。知らんかった…。

「薄桜鬼」

ミュージカル版を見たらゲームどんなんだろってちょっとやりたくなって
敢えてVitaで出てるリメイクじゃなくて、PS2からの移植版であるPSP版
をやってみました。
まぁまず、カズキヨネ先生のイラストがめっさ綺麗なのな!キャラも美麗!
音楽はなんかいつも不穏な音楽がどんどこしてた気がする。話自体が
暗い(早々に新撰組における絶頂期である池田屋事件があって、その
後はジリ貧で情勢悪化)し、周囲のキャラも死ぬしで仕方ないんだけど。
ヒロインの千鶴ちゃん、完全に守られヒロインで相手の為を想ってした
行動が裏目に出て助けに来た男キャラが危険に晒されるパターンが
多いので、わりと叩かれがちなのは知ってたんですが、まぁ年若い
女子なんてこんなもんじゃないのって気もします。
ただ鬼の娘で護身術も習ってたっていう設定があまり活かされてない
(羅刹に血を与えるくらい)し、傷の治りが異様に早いって自覚してて
今までどう思ってたのかとはつっこみどころはありますけどね。
このゲーム版だと桑島さんのボイスはつかないのが残念。

土方歳三
ザ・メインルート!本作の縦軸である新撰組の生き様と横軸である鬼と
人との関係が絶妙に絡まり、タイトルでもある「薄桜鬼」が出てくる(風間が
土方に鬼の名前を与える)エピソードでもある。そしてミキシンのべらんめえ
美声が聞き放題でもある。そして単純に顔がかっこいいからSUKIになって
しまう。
新撰組は武士の紛い物、羅刹は鬼の紛い物だけど、貫けば真になるって
いうのが本作の主題だと思うんだけど、やっぱり新撰組をモチーフにしてる
からには函館戦争まで描いた土方を追うルートだよな!って思います。
ボリュームもあるし設定も生きてるし、話として一番綺麗にまとまってる。
あと他のキャラについてもそうなんだけど、千鶴が羅刹に血を吸わせる
シーン、うなじなのえろくない?えろくない?

沖田総司
一番好きなキャラでした沖田。よくある子どものように無邪気かつ残酷な
キャラ設定じゃないところが良かったというか、年若いのに意外と周りを
見てるし察しのいい人だよね。近藤(と土方)が絡むときだけ生来の幼さ、
弟分としての甘えが出てたけど。
土方編が常に前線で、新撰組の表舞台に立ち続ける話だったから、屯所で
お留守番の多い沖田編はその裏側の物語になってて面白かった。
森久保さんの声も最近よろしくマッチョッチョ!みたいな陽気なお兄さん
ばっかり聞いてたきがするから、こういう抑えた若いキャラの声いいなぁ、
上手いなあと思ってしまった。舞台で見た時より優しい印象でもあった。
どのキャラもラストまでには羅刹になって、空気と水の綺麗な北の地で
延命しながら千鶴と2人で残された日々を過ごすってパターンなんだけど、
沖田の労咳は治ってません設定、結構辛くない?羅刹化でどれだけ寿命を
前倒ししてるのかわからないけど、労咳って普通発症から数年ってとこ
でしょ。だから沖田編だけ千鶴も羅刹化したのかな?まぁ、モノホンの、
しかも純血の鬼である千鶴に下位互換の羅刹化って意味分からないんだ
けど、これで仮に千鶴の寿命も短くなってるなら、沖田の死後そう間を
置かず後を追えるよねみたいな…気遣い…?
ただ、羅刹化して労咳の咳も止まってたのも事実みたいだし、本当のとこ
どうなんだろうね?
あと個人的に南雲薫の、双子の妹なのに自分だけ安穏とした生活を送って
たの許せないから色々酷いことするけど、妹に自分と同じだけの絶望を
味あわせたあと「やっと対等になれたね」って自分の計画に乗るよう手を
差しのべる発想、嫌いじゃない…。

斎藤一
低音でぼそぼそ喋るタイプだから、時々イヤホン外してプレイしてると
声が聞き取りにくかった…鳥さんごめん。
斎藤が会津に残ると決めた時の刀なき武士を選ぶっていう選択の例え
ちょっとわかりにくかった。刀は新撰組の仲間で、武士は脱藩して行き場を
なくした自分に新撰組という場所をくれた存在?
千鶴が羅刹に血を吸わせるシーン、斎藤は耳たぶなのちょっとマニアック
で良いと思いました!
最後に平助と新八と左之介が助けに来てくれて、4人がかりで風間を倒すの
NICE!。4人がかり(内2名は羅刹)なら風間も倒せるんだな。いやもっと
実力差あるのかと思ってた。
エンディングで名前で呼ばないと返事してくれない一くん可愛いかよ。
それと山南さんってルートによって裏切りを装っていたり、本当に裏切って
たりしてるね?

藤堂平助
というわけでよっちん君の声も若々しく聞こえる平助くんです。平助が刀を
振るう理由って土方のように新撰組のためでも沖田のように近藤のためで
でも斎藤のように武士としてあるためでもなく、佐幕派の新撰組と尊王攘夷
派の御陵衛士の間を行ったり来たりして迷って、それで辿りついた答えが
千鶴を守るためってのが、いいよね。
それと、千鶴の血を吸うシーンの平助の顔が舞台版の池田純矢くんに似て
た!薄桜鬼のイラストって口角上がってるデザイン多いから、キャストも
廣瀬くんとか池田くんとか口角上がり役者がそろってる気がする、矢崎くん
の土方はそうでもない…。
しかし藤堂って山南の後に羅刹になってるから、体がもたなくなるのも他の
攻略キャラより早い気がするんだけど。でも逆に鬼とはマジバトルしてない
(風間とはは共闘)ので、鬼化はしてない分、寿命は削られてないのかもしれ
ない。これでトントン…?
山南さん羅刹になってから3年経つけどまだ生きてるって設定だったし、
千鶴と攻略キャラの残りの日々を考えてしまうわ

原田左之助
メインキャラで唯一人間のままエンディングを迎える左之さん。ラストも千鶴と
2人異国へ移住して(いまいちどこかわからんけど)、子どもも出来て、勿論
羅刹じゃないから人生を全うできるだろうし、何の憂いもないハッピーな
エンディングです!こういうの1こくらいあってもいいよね!
ラスボスは新八かと思ったけどちがった。よかったよかった。
遊佐さんってインテリ鬼畜系のキャラで聞くことが多かったから、こういう
ノリのいい明るい、でも人の機微を察することのできる年上キャラって初めて
聞いたけど、さすがですな。平助・新八と三馬鹿トリオ扱いされてるけど、
新八の脱退について土方と2人で話してるあたり大人な人だよね実際。
千鶴が「自分がいると迷惑がかかる」って屯所を抜けだそうとするエピ、二次
なら死ぬほどありそうだと思ってたけど意外と原田編しか出てこなかったね。
でも定番だからこそいいネタと思います。

というわけで随想録にいきます!ごめんな風間!

「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」

久しぶりにゲームをしたよ~。私がPSVita購入を決めた理由の一つでも
あるダンガンロンパシリーズの最新作です。
ちなみに私はダンガンロンパ、スーパーダンガンロンパ2とクリア済で
アニメの未来編・希望編も視聴済です。スピンオフの絶対絶望少女は
未プレイだけど、小説のダンガンロンパ・ゼロは読みました。
こう考えると、それなりに長いおつきあいになるかと思います。

以下、ネタバレ

続きを読む "「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」" »

8/27M「ドラゴンクエスト ライブ スペクタクルツアー」

全国ツアー最終地である横浜アリーナ公演を観てきました!

短冊のように上から吊られた布をスクリーンとして、それが照明
や音楽、キャストの芝居と連携して一体となり、洞窟や王城、
闘技場などの様々なドラゴンクエストの世界を演出していました。
布だからちょっとゆらゆらしてるのがまた、キャラクターたちがその
世界のなかにいる存在感を濃く映し出してくれるんですね。
また、主要キャスト以外でも村人を演じるダンサーやモンスター、
エアリアルアーティストなど多彩な出演者さんたちが生き生きと
勇者の旅路を彩っていて素敵だったなあ。
メインの他にもクリフトやビアンカやフローラ、マーニャ・ミネアも
登場したので、嬉しかった!
音楽はもちろんずっとドラクエだしね!
一番胸熱だったのは、冒頭の歴代勇者の登場かな。

ベースはドラクエⅢの物語で、勇者オルテガの後を継ぎ、王命で
勇者が魔王バラモスを倒す旅に出るところから始まります。
そこに異世界から謎の声に呼ばれたアリーナ、テリー、ヤンガス、
パノンたちが合流し、ジパングやイシスを旅し、サマンオサで
王に化けたボストロールの正体をラーの鏡で暴いて倒し、7つの
オーブを探し出して不死鳥ラーミアを復活させて、魔王バラモスと
対峙して倒した後に地下世界アレフガルドへ。
太陽の石と雨雲の杖、聖なる守りを見つけ出して大魔王ゾーマ
を倒すところまでの流れがダイジェストになった感じ。
不死鳥ラーミアが張りぼて感があって笑ってしまったけど、その前の
レイアムランドの双子の巫女たちの「舞いあがれ、空高く!大空は
お前のもの!」って叫ぶシーンはテンション上がったね。

勇者、武道家、剣士、山賊、芸人という圧倒的に攻撃にステータス
振ったパーティ構成だったけど、アリーナのしょこたんめっちゃ動いて
元気で可愛かったし、風間くんのテリーはクールで闇遊戯感あったし
芋洗坂係長のトルネコはリアルでした…。

最後にちびっこダンサーとマーチングバンドが出てきて、キャストの
客席降りがありました。最近テニミュでもあまり通路席がなくてハイ
タッチ運無かったですが、今日は勇者オルテガとハイタッチできま
した♥お父さんー!

アトラクションショーみたいな感じでしたが、わりと客席いじりと
客が配布のブレスレット使って参加するシーンとかもあって、
面白かったです。
「舞台」でも「芝居」でもなく、今後こういうのって増えて行くかも
しれないですね。

ドラゴンクエストミュージアム

渋谷ヒカリエ9階で開催中の「ドラゴンクエストミュージアム」を見てきた!
鳥山明先生のパッケージ原画やすぎやまこういち先生の生楽譜の展示、
名場面を描き起こしたロト伝説の画廊や天空伝説のジオラマギャラリー
などなど!
BGMがずっとドラクエで、テンション上がったなあ♪
Dsc_0199

入口に、実物大のロトの装備一式が飾ってあって、最初に映像見て
から扉開いて一斉入場だから、歓声上がったよ。
鎧、兜、盾、剣。美しかったー!
私、天空シリーズ派だけど、ロトの剣の刀身が透き通るようで、高潔な
青に黄金の翼をイメージした紋章、赤い宝玉ってマジ最強だと思った。
天空シリーズも作ってくれないかな、鍛冶職人謹製の天空の装備!

こちらは天空シリーズのジオラマギャラリー。
第1章の湖の塔での戦い。ホイミンもいるね。
Dsc_0185

第2章のエンドール武術大会。
Dsc_0198_2

第3章。鉄の金庫を手に入れるレイクナバ北の洞窟。
Dsc_0186

第4章。バルザック戦後のキングレオ戦。オーリン倒れてる…Dsc_0188

第5章。リバーサイドの気球打ち上げとラストのデスピサロ戦。Dsc_0190

Dsc_0189_5

これ、クリフトが明らかにザラキ使ってて吹くんですけど(笑)!
でもなんかアリーナを庇ってる感じでいいじゃん!

Ⅴからはこちら。
花嫁の選択とタイムスリップして過去の自分の手からゴールドオーブを
すり替える涙のイベント。
Dsc_0194

Dsc_0196_2
私はビアンカ一択です!

グッズがスライム柄のマグカップと、ロトの紋章と天空の剣がデザイン
されたブックマーカーを記念に買いました。天空の剣がデザインされた
グッズってあんまりないから、つい!

鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ

ドラゴンクエストシリーズ30周年を記念して、鳥山明先生の手により30年の
間に描かれたドラゴンクエストのイラストから、500点以上を収録したイラスト
集です。
未発表のイラストやゲーム攻略本の表紙を飾ったイラストなど、リアルタイム
で見られなかったものも!

まあドラゴンボールなんか見ててもわかるんですが、鳥山先生って
結構絵柄が変わるので、その変遷もわかりますよね。初期の丸い
絵から等身高くなってまたちょっと柔らかい感じのタッチに落ち着いて
いく感じ。

私は一番やり込んだのはⅣの「導かれし者たち」なんですが、Ⅳの
アリーナ姫が大好きで!強くてすばやくて、キラーピアスの2階攻撃で
会心の一撃をガンガン出してくれる!
リメイク版以降のアリーナ姫は少し丸っこくなってるんですが、私は
この頃のアリーナ(あと男勇者も)が好きなんだ~!

「エスカとロジーのアトリエ」

アトリエシリーズ15作目。つい最近アニメで放送していたので、何となくの
話は頭に入ってる状態でプレイ始めました。
今回の主人公は錬金術師を目指す田舎の少女エスカと、都会からやって
きた錬金術師ロジーのうち、1人を選択できます。
エスカの方はこれまでのアトリエシリーズのヒロインって感じの子で、少し
おっちょこちょいだけど明るくていつも一生懸命な女の子って感じで、
ロジーの方は真面目で冷静な兄貴分って感じ。
てっきりクールなロジーがエスカを最初は馬鹿にしつつ絆されていくツンデレ
なのかと思いきや、最初からロジーいい人やった…こりゃエスカも「ロジー
さんロジーさん」って懐くわけだわ…。ロジーの飛行船イベントとか、すごい
2人可愛かったな…。この2人くっつけばいいと思う…8年後くらいに…。

とは言え、さすがに2週はできず。EDはお兄ちゃんになりました(笑)。
なかなかバランスもよく、調合・戦闘・採取と楽しめましたが、私はもともと
やりこむゲームが得意ではないので、終盤いくほど攻撃(爆弾)の火力が
弱くて、相手が攻撃しつつ回復してくると攻撃が追いつかなくなる…ので、
一応遺跡を地上に落とすところまではいけたのですが、そこまででした(笑)。

でも久々のアトリエ、やっぱり色々作れるようになっていく過程楽しかったなー

より以前の記事一覧

最近のトラックバック