2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ゲーム

「百英雄伝Rising」

あの幻想水滸伝シリーズの生みの親とも言える村山氏や1・4のキャラデザを
手がけた河野氏ら当時のスタッフが制作される幻想水滸伝の精神的後継作品
「百英雄伝」。その前日譚として先行して発売されたのが本作です。
2D横スクロールの懐かしくシンプルなアクションRPGで、主人公3人の個性を
生かした戦闘、連携のしやすさが特徴になっています。
アクション下手な私でも、ボタン連打してれば戦闘はいける(笑)

素直で真っすぐなCJ、口が悪いようで結局人のいいガルー、金にがめつい
ながら誰より街の事を想っているイーシャの3人のキャラクターがとても
いい。
基本はお使いゲーながらそれによる町おこしとスタンプ集めのおかげで、
苦にならないのもよかった。
元々セールで買って600円くらいで27時間遊べたので、私的にはコスパも
良かったです。期待しすぎてなかったのもあるかな。
唯一、探索時にジャンプしてからのキャラ変更、そのキャラの固有アクション
みたいな操作をしないといけない箇所があって、それだけ難しくて私には
無理でしたw戦闘はなんとかなったけどね。
おかげで達成できなかったクエストが3つくらいあります。
クエストはスタンプカードが160個埋まるとブラックカードも終わって
しまうんだけど、クエスト自体はその後もあってそれはもうカードにカウント
されなくなってしまうの残念でした。人は自分が為した実績を可視化したい
ものなのですよ…

村山さんは幻想水滸伝3の頃にコナミをやめてしまったようなので、コナミが
権利を持っているであろう幻想水滸伝の続編はもう作られないだろうなとは
思っていたものの、いつか彼の頭の中にあるあの世界の未来の話が聞けたら
いいなとは思っていました。
でも、「百英雄伝」の発売を待たず村山さんは亡くなられてしまい、その
機会は失われてしまいました。
真の紋章は、坊ちゃんのソウルイーターの行く末は、ヒクサクやハルモニア
神聖国のお話はもう誰も知らないんだなあ。

主人公3人だけでなく顔グラのあるキャラは「百英雄伝」にも出てくるんだろうな
と思っています。最近発売したばかりの「百英雄伝」はフリーズなどシステム面で
問題が指摘されているので、少し様子を見てからやってみたいと思っています。

「春ゆきてレトロチカ」

発売時からずっと気になっていた実写推理ADVゲーム。「街」や「428」の
ような静止画ではなく動画映像を使った映画に介入するような作りで、
謎に対して手がかりを元に仮説を組み立て殺人事件を解き明かしていく。
てっきり大正時代が舞台の名探偵ものかと思いきや、基本は現代日本が
舞台で、ミステリ作家の河々見はるかが自作の科学的考証を担当した四十間
永司に依頼され、実家の代替わりの行事に参加することとなり、そこで
起こった事件や過去の四十間家で起こった殺人事件の謎を紐解いていく。

四十間佳乃の残した小説を読み進めるにあたり、編集者に登場人物を
周囲の人物に置き換えてみてはと勧められ、佳乃をはるか自身、如水を
永司で設定してみて「これ、永司さんとの間にロマンス生まれちゃったり
しません?」って最初言ってて、途中までそうなるんじゃない?と思ったり
したんだけど、まあならないね。
1つのゲームで1つの殺人事件を追うと壮大になりすぎるから、こうして
現代と小説で描かれた過去の四十間家での事件を行ったり来たりする中で
複数の事件を扱う構成にしたのは正解だと思う。
過去の事件は時代時代で同じ役者さんで違う人物を演じるからちょっと
混乱するけどね笑家系図書いたよ!

ちょっと異色なのは牢屋からの脱出がメインとなる唐繰回牢かな?
謎解きゲームのような暗号や論理クイズみたいな問題もあって、面白かった。

総括した感想としては、まず実写の映像が美しかった。現代の四十間の家、
大正の後藤邸や温泉宿など、趣があって、調度品なども風情があって、世界観の
説得力があった。
あと役者さんのお芝居も素晴らしかった。同じキャストが違う時代で違う人間を
演じるのだけど、特に女優さん達の終盤の演技良かったなあ。
個々の事件については、指摘したいことと選択肢がうまく結びつかなかったり、
あくまで佳乃の小説から読み取れる推測だけで犯人を指摘しなくちゃいけなくて
根拠が弱かったり、色々言いたいこともあったかな。
有栖川作品が好きだったので、ガチガチロジックが好きなので…(Aが殺したのは
Bが席を外した時でもCがトイレに行った時でもDが電話を受けた時でもなくこの
時しかありえない、みたいなの)。

以下はネタバレ。

 

続きを読む "「春ゆきてレトロチカ」" »

「十三機兵防衛圏」

ストーリーの評判を聞いていたので、やってみたかった「十三機兵防衛圏」をクリア。
作りが一風変わっていて、最終戦を描いたシミュレーション戦闘の崩壊編、そこに至るまで
の13人のエピソードを語る追想編、集めた情報を集約した究明編で構成されていて、
並行プレイが可能。一定のロックが解除されるまでは、ひたすら戦闘したりひたすらADVの
追想編を進めたり、進め方は自由です。

究明編だけ100%いってないし、クリア後の解放ステージはまだだけど、とりあえずは
終わった~!難しかった笑メモ取りながらプレイしたけど、解説動画見てしまったよ。
致死量のSFと伏線回収楽しかった。究明編は謎ファイルいくつか番号飛んでるから、
どこかで取り逃してるのかなあ
追想編は背景が綺麗だねえ。夕焼けの教室、公園。小物も作りこまれてるし、2Dだけど
奥行きもある作りで不思議。ADVとしては、全員が似たシチュエーションを繰り返す
のはマンネリするところもあったかなぁ。
戦闘はノーマルで終始プレイ。デモリッシュと主砲ヘビーレールガンが終始お役立ち。
あとSEが気持ちいいよね。

やってる途中はこいつらめっちゃ恋愛するなと思ってましたw
冬坂と網口は一目惚れだし、こっちが追い付かない感じで恋に落ちていくし相手もまんざら
でもないしで笑
メイン13人の中で5組くらいカップル誕生するし、なんか随分パーティー内で完結させ
ようとするなあとは思ってたけど、真相の環境を見ると良かったんだなと。
結局あのメンバーの中で子孫を残していかなきゃいけないんだろうしね。とはいえ
昨今の多様性の反映か、沖野と比治山のような子供を見てない同性カップルもちゃんと
いるっていう。
伏線回収とストーリーの構成が凄すぎたので、私がちゃんと理解できてればもっと
感動できたはず…これでもメモ取りながらやってたんよ…
姿が同じなのに中身が違う人とか、姿が違うのに中身が同じっぽい人とか(公式では
CVは???になってるが、声オタなので同じ人だと気づいてしまう)複雑なのよ!
最終的に解説動画見て、なるほど!と。解説動画ありがたい笑
でも面白かったよ〜芝くんのあたり、最初底が見えなくてゾクゾクしたよ。

最終戦に挑む時の起動マーカー発動シーンは全員かっこいいよね
冬坂さんの太ももと鷹宮さんの鎖骨と如月さんの背中、網口くんのこめかみと緒方くんの
踵がツボです。
なんでみんないちいちポージング素敵なん
あと各人のラストエピソードのタイトルもいい。
「無敵の女子高生」とか「貴様を独りにするものか」とか「クラベジュウロウ」
とか。

13人以外では芝くんと美和子が好き。
メインだとダレかなー緒方と如月とかがいいかなー。
そういえば解説動画みたのによくわかってない井田鉄也のラスト。如月AIと
話してたのは、箱舟作戦で再現された円盤の中のAIの井田鉄也…?

11/26MS「バディミッションBOND~歌うマジェスティックホテル」

1年ぶりのバディミイベントだ~!
コンシューマーゲームで毎年イベントやってくれるのマジ感謝だよ

とにかく事前に知らされてたのは諸君がホテルに侵入するらしいって
話の朗読劇とセレイナ・アンさんの歌唱があるってことくらい。
内容としてはいつものように朗読劇とクイズ、途中にセレイナさんの歌。
物語の時間軸はEOPの後で、怪異事件が連発するホテルの調査をすること
になった諸君がホテルマンとして潜入するというミッションでした。
昼と夜で話が違う、というのはわかってたけどミカグラカップのように
同じ事件で結末が異なるという違いではなく、まさかの起こった時期が
違うという叙述トリックのような構成で、うますぎた。
夜公演は11月のチェズレイのバースデーサプライズ、昼公演はその
一か月後の12月クリスマス時期の本物の怪異のホテルへの潜入ミッション
だったという。しかもこの間、ウィリアムズ邸に一緒に住んでたんだって!
何それ可愛い…。そこドラマCDにしてよ…

昼は光バディ、夜は闇バディの追加エピローグがあって、光バディは
死んだあとも二人でヒーローやろう!でした可愛い…。
夜は夜で母との関係性を踏まえて、男の子に死んだ母親の言葉を聞かせて
あげるチェズレイの話、深かった…
あと、わりと言われてて私も思ったの、終始ルークのテンションが高くて
諸君にも甘えモードなの、昼は一か月の同居を経たからだし夜はサプライズ
用意してたからなんだなぁ。
だって「僕もアーロンの敬語聞きたい~」とか言わないし、アーロンが用意
してくれたパン食べて「わざわざチョコぎっしりのパンを選んだくせに~」
とか完全に調子乗ってるもんね。

あとセレイナさんも綺麗で歌もさすがで、みんなで「Let's BOND AGAIN!」
できたの最高にうれしかったな。
今回会場にお花も送れたので、企画に参加して私も光バのお花に参加させて
もらいました。これも貴重な経験でした。

「フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと」

プレイ時間は5,6時間くらいだったどセールで650円だったから
だいぶお得。

変死や失踪などが続き一族最後の生き残りとなった少女エディスが
亡くなった母から渡された鍵を手に、6年前まで住んでいた生家へ
戻り、様々な仕掛けを解きながら残された思い出の品から兄弟や
祖父母、叔父叔母やいとこたちの死を追体験する。

なぜ彼らがこんなにも死ぬのかは最後まで明かされない。
呪いなのか、死を身近に感じすぎて自ら囚われて行ったのか。
事故死や殺人など本人の意思に関係なく死んでいった人間もいたんだ
けどね。
エディスもまたただ淡々とそれを受け止めて、改築に改築を重ねた
屋敷の中を進んでいく。
ホラーでもないし、謎を解くわけでもないからミステリーでもない
ADVかなあ。でもとっても雰囲気があって詩的なゲームだった。

ウォークスルー型の一人称視点だから序盤とても酔ったんだけど
(特にモリ―のバケモノ視点の時がキツかった…)、途中から
慣れたかな。

亡くなったキャラ一人一人の部屋の作りが細かくて、どういうものが
好きで、どういう生活してたかがみえてくる
あと、彼らの死をなぞる体験が色々面白い。面白いっていっていいか
わからないけど、表現が多彩。
アメコミ風だったり、幼児として風呂で溺れたり、自らブランコを
高く高く漕いで飛び出したり、右手で工場で鮭の頭部を切断しながら
左手でRPGしたり、いろいろ。
最後、エディスもまた息子を生んで若くして死に、その息子がまた
フィンチ家のある島の墓地に花を手向けてるシーンで終わる。
ゲーム自体はエディスの妊娠出産を思わせるシーンまでなんだけど
彼女は自分の家のルーツを息子に伝えたかったのかなー

「アンジェリークルミナライズ」

今度の女王候補は25歳の仕事に疲れた独身OL!ってことで、結構話題に
なったアンジェリークシリーズの最新作。
私も体験版だけやって結構面白かったから、いつか製品版を購入して
続きをやろうと思ってたんだけど、やっとできました!

色々リニューアルした本作、基本の基本は過去作と変わらないです。
女王候補に選ばれた主人公が、守護性と仲良くしたり育成や妨害を
依頼したり、ライバル候補と競いながら聖地で女王試験を受ける
お話。
女王らしい行動をすると貰えるポイントで買い物したり、ネット通販
したり、占い師は今回いないので体力消費して自力でできます。便利。
エナジードリンク飲むと体力が0から回復するけど、翌日体力負債で
ダメージ食らった状態からスタートするのリアルすぎるでしょ・・
ここは1の神鳥や2の神獣の宇宙とは別の令梟の宇宙らしく、守護性も
一新。この宇宙の片隅に、所謂私たちの現代現実社会の惑星バースも
含まれているようで、水の守護性カナタは高校3年生の身で急遽聖地に
召喚されてしまった模様。
ゼフェルが初期に荒れてたのと逆方向に、カナタは閉じこもっちゃった
んだなあ。

タイラー、レイナと昼からビール飲んでるの、仕事終わりの同僚の飲み
みたいで好き。タイラー業務中は対女王候補だけど、最後に一言だけ
「頑張れよ」って声かけてくれるのは、ほんと職場の同僚なんよな~!
聖地に主人公、レイナ、タイラー、カナタっていうバースという名の
現代から呼ばれてきた人たちが数人いるの、遙かに少し近いかもな。

とりあえず、初周は相性がずば抜けて高かったゼノでまず恋愛EDを
見てから、最良EDへ。最良EDとは女王になりつつ守護聖とも恋人にも
なれるという、仕事も恋もゲットしちゃう令和なアンジュ!
クラヴィスが聞いたら泣いて悔しがるな…。
でもこの令梟の宇宙は神鳥の宇宙から支援を受けてるみたい。
サイラスもいってたけど、恋愛しつつつも女王試験を真剣に受けて、
覚悟を決めて家族の住む世界と別れを告げたアンジュが報われる世界で
あってほしいし、この新しい宇宙で新しい生き方の扉を開いたアンジュに
よって、神鳥含めた他の宇宙へ良い影響を与えることになるかもだよね。
その他にも令和のアンジュには色々便利グッズが用意されていてだな!
部屋に誰も来なくなるアイテム、部屋にお目当ての守護聖が来てくれる
お香、ラブラブフラッシュチケット、森の湖から他人をおいだす音波装置、
森の湖でお祈りしてお目当ての守護聖が来てくれるアイテム、だと…?
かつて歴代女王候補が苦しみ何度もロードを繰り返した苦行が、令和は
金(ポイント)で解決されるんやな。
令和の女王試験は帰省やらポットラックパーティやら様々なポイント
ショップやら、色々配慮されたなって思うんだけど守護聖については
相変わらず無慈悲よな…。
女王試験は、要は候補者が2人いるから負けたり辞退したら故郷へ帰れる
けど、守護聖は一人しか後継者になる人がいないっぽいもんなあ。それで
お前が断ったらいずれそのサクリアが不足してお前の故郷ごと宇宙滅びます
って言われたら、やらざるを得ないよなあ。

今回、アンジュが成人してるためか令梟の宇宙自体が新しいからなのか、
これまでのシリーズほど守護聖が上から目線ではないw年下の子とかは
アンジュも呼び捨てにしてるしね。そんなにいらっとしないからいいね。
でも女王になったとき守護聖から祝福と忠誠を誓われるシーンは毎回
嬉しいんだけど、そこに関してはこれまで偉そうだった守護聖がこっちに
頭を下げてくるのが気持ちいいので、そこのギャップ感は前作までの方が
楽しかったかもね。

ゼノ
自分の誕生日と血液型で設定したら相性最高だったので、初回は彼にしま
した。明るくて親切で温厚で、でも自己肯定感が低いゼノ。サバイバーズ
ギルトだったのだと後に判明。しかも、守護聖になって聖地に移った後に
故郷の星が爆発して消えてしまうという壮絶。もともと故郷の星から選ばれ
た時も自分よりもっと優秀な人がいるのに…って思いだったのに、そりゃ
こういう心情にもなるかなあと。最後の恋愛イベントの、故郷の星が爆発
する映像を一緒に見てほしいっていうのはなかなかサイコパスだなとw
本作は最良EDルートだと恋人でありつつ女王試験を続行できるんだけど
一緒に視察という名のデートしたりいちゃいちゃしてるの可愛かったな。
すぐキスしていい?って聞いてくるw


カナタ
おねーさん呼びはやばいな。25歳のアンジュが高校生を夜に部屋に入れる
ことに危機感を持ってるのは偉いw
ただカナタに関してはほんと可哀そう。上にも書いたけど守護聖システム
本当になんとかしたげて…。
アンジュのお願いで帰省して家族と会えるんだけど、でもそれでも覚悟
なんて決まらなくて泣いちゃうの、まだ高校生だもんな…
アンジュの帰省イベントで美味しいお店や楽しい大人の遊び場を知ってる
アンジュに、普段とは違う姿を見出すのは同じバース出身だからこそだよね。
恋愛EDの時の「アンタの隣は俺の場所」っての、元居た居場所を奪われて
望まぬ守護聖という居場所に置かれたカナタだからこその言葉だな。

ユエ
乙女ゲーあるあるとして、ヒロインが攻略キャラを救済するとか新しい
価値観を与えてくれるとかあるんですけど、ユエに限ってはどちらでも
ないんだよね。
アンジュと出会って人柄に触れて、守護聖の首座と女王の立場というところ
にこそ悩んだけど、結局女王を愛することと守護聖として恥ずかしくない
生き方は矛盾せず両立するってところに自分で辿り着いたわけだし。
ユエって元々気の合う人にも合わない人にも態度変えないし、故郷で
裏側の星に住んでてもそれを恨むこともなく自分で今の立場に相応しい
人であろうとするし、なんか人間出来てるよね…


ロレンツォ
わ~恋愛不適合者だあ~。でもめっちゃ声いい!竹内さんってハイキューの
牛島だよね?牛島は朴訥としたキャラだったから、こんなエロいおじさんの
声を聞けるとは。ありがとうございます。
ロレンツォは自分の興味や好奇心を刺激するものを追い続けて、そのために
周囲が見えなくなって親友の心を傷つけた過去があるから、自分をそういう
人間だからと決めて周囲とも割り切った関係しか持たなかったんだよね
それってあなたの逃げですよね?とひろゆきいばりに突いたのがアンジュで
やっとロレンツォはいつか興味がなくなるかもしれない相手を愛してみたい
と思えるようになった。あまりに恋愛初心者!そして私の宇宙ときたぜ。
これまでと違いアンジュの方がずっと追いかけるような恋だったの新鮮。

フェリックス
自他に厳しく辛辣だったり芸術家肌だったり、最初はセイランっぽいなーと
感じたけど、そのイメージで選択肢選ぶと外すし、セイランよりも振り切れ
てないところも多いかな。それはセイランは一時的な協力者であって本来は
芸術家というブレない自分があったからかもだけど、彼は能力の低下で
守護聖としての自分が揺らいだとき、どこにも助けを求められずにいて。
主人公と同い年(という設定だが長寿の守護聖)だからか、少し手厳しいこと
も言ってくれる同僚として上手く一緒に仕事やっていけそう、みたいな
感覚をアンジュは持ったっぽいけど、中身は一人で何でもできると思ってる
未熟なところある感じ。

ヴァージル
一人称俺で敬語使いで筋トレ馬鹿で目元のほくろという設定もりもり。
戦場となっていた星の出身のため、シビアのところも。なんというか
全体的にめんどくさい男で私は好きです!
恋愛段階進めていくと自分でもわけがわからない言動をとって、それを
アンジュに指摘されるとやけになって逆切れしたり、錯綜してたのは
可愛かったです、それと声が好き。初めてお名前知った声優さんだったな。
あと普通はみんな最良エンディングになる、告白後に女王試験を続けるの
喜んでくれるんだけど、アンジュを独り占めできないから若干不満そうなの
もおいおいwってなったで。

シュリ
寡黙で無骨なのかと思ったらそこそこ手を出してくるし、武人タイプかと
思いきや趣味読書だし、なかなか読めない男だったよ。今作はどの守護聖も
初対面からそこそこ愛想いいなかで、たぶんこの男が一番ぶっきらぼうだった。
でも、だからこそふっと表情をほころばせた時の変化がっしゃああ!って感じ
だったね。
元は出身の星の半グレみたいな感じだったのかなあ。友人を生き残らせる
手段として守護星になった人。だから星を守ることが大前提。
告白前にアンジュにキスをしようとして「お前本当に25歳か」って言ってた
けど、シュリ自身は守護星としてもっと設定年齢以上だと思うんだけど、
どういう心境なんだろう。そして「雰囲気に流されるのはだめ」としっかり
釘を刺されるw


ノア
触れた者みな覚めない眠りに落ちるという呪わしい力を持ってしまった少年。
なぜか守護聖と女王候補は触れても大丈夫みたいなので、ほんと守護聖になって
よかったよね…
ミランもだけど、今回のアンジェの守護聖って守護聖になる前から常人とは違う
力を持った人がいるよね。サクリアが強いみたいに言われてたけど。
ダウナーな少年

ミラン
ノアとは違って、己に授かった踊りの才能や願いを叶える偶像としての在り方を
そのまま受け入れてる不思議ちゃん成人男性。
豊かさを司る守護聖だけど、豊かさとは何かと問われたアンジュの答えに興味を
持って、愛を知るために恋愛の真似事を始める。
傷がすぐ治る神性は、ミランが恋をしたときになくなっていったみたいだけど
神が人に降りてきたみたいな感じなのかな
スチルでフードを取った時の髪型が出てきたけど、思ったより髪短いんだね。
中身がふわふわな人なので、フードを取ると意外と男の人っぽいな。

 

8/12S『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介と朗読の会-』

大逆転裁判キャスト

【成歩堂龍ノ介 役】下野 紘
【御琴羽寿沙都 役】花澤 香菜
【シャーロック・ホームズ 役】川田 紳司
【アイリス・ワトソン 役】久野 美咲
◇特別ゲスト
近藤 孝行、竹本 英史

配信で夜の部だけ視聴しました。行けたら会場行きたかったな~。
イベントは2部構成で、前半は大逆転裁判1と2の間、寿沙都から漱石の事件を
振り返れと言われ、漱石事件をゲームの流れをそのまんま回想しつつキャストが
アテレコしてくれるもの。ちゃんとホームズの論理と推理の実験劇場もあるよ。
みんな異議ありの指差しとかキャラの動きっぽくやってくれるの嬉しいんだけど
中でも漱石を演じた竹本さんの全力の四字熟語の動きが凄すぎて笑
朗読劇とはおもえないアクションでしたわ!本物だ…!
衣装もそれっぽいの着てくれてるのもいい!
近藤さんはナレとモブ担当。花澤さんの寿沙都さん、結構声低めだよね。可愛い。

後半はオリジナルストーリー。ホームズの楽屋のとんかつ弁当を食べたのは
誰なのか…
この時点でアドリブ多すぎ時間押しすぎで近藤さんがスタッフに呼ばれて
怒られるというwそしてしもぬは泣くほど笑うw

逆転裁判シリーズはフルボイスではないので、こうしてゲームの流れを声付きで
聞けたりするの嬉しいな。
願わくばホームズの真の推理劇場のシーン、彼の相棒との共同推理を声付きで
聞いてみたいよ~。

「三国恋戦記~思い出返し&学園恋戦記」

三国恋戦記のFD&後日談を描く「思い出返し」と、三国メンバーが現代の
学園ものパロディになる「学園恋戦記」の2作が1つにまとまった本作。
「三国恋戦記」は本編とドラマCDしか接種してなかったから、ずっとやり
たかったんだよね。

まずは「思い出返し」から!
「永遠恋々」は攻略キャラとのエンディング後の様子を描いたエピソード。

雲長さんルートは三国時代の雲長さんも今の広生くんも楽しめる二度おいしい仕様。
今の広生くんも三国志の世界でうん十年生きた記憶があるはずなんだけど、やはり
雲長さんと比べると子供なんだなあ。
でもお互いのことをちゃんと考えて未来を選び取る終わり方だし、現代に戻っても
広生祖父とのやりとり(軍議並)とか花ちゃんは花ちゃんらしく困難を乗り切って
いくんだろうなと思えるのも良かった。☆現代学生なので未婚

翼徳さんルートは、相変わらず一抹の不安というか、異世界から来た花ちゃんと、
子どものように世間知らずの翼徳さんでおままごと夫婦みたいにならんかなという…w
でも周囲が見守ってるし、翼徳さんも日々成長してるから大丈夫なんだとは思うけど、
年下でこの世界にも詳しくない花ちゃんが導いてあげないといけないんだなーという
気持ちにはなったw昔から翼徳さんには厳しめでごめんw
最初が現代帰還の雲長さんだったから違ったけど、三国世界に残る場合はみんな結婚
するのかな?☆最後に結婚式

早安ルートは、軍の大将や将軍の婚約者になってる他ルートと違って普通に民間人と
して村で暮らしてるし、早安が花の嘘ですぐ勘違いしたのは、やることやってるって
ことっすからね…他より手が早い。☆既婚

公瑾ルート、相変わらず伝わりにくい嫉妬ですれ違ってるし、相変わらずそんな中で
仲謀様がお眩しい…
今回、二人のすれ違いが言葉が通じないという状況でプレイヤーにわかりやすく見え
てるの面白いね。本人たちだけが、本当はお互いを気遣う言葉を伝え合ってるのに
気づけてないという。結構公瑾は諦め悪いよねw
とりあえず通訳と紙に書いてやりとりして!☆まだ結婚の話は出てない

文若ルート、まさかの記憶喪失!公瑾ルートの時もちょっと思ったけど二次創作か…?
一国の主なのに「俺は何をすればいい?」「牢にでも入ってろ」って言われてしまう
孟徳さんw
記憶喪失の文若はてっきり性格が真逆になったりするのかと思ったけど、どちらかと
いうと出会ったばかりの頃の文若って感じだったね。
竹ぽんの声良すぎてイヤホンつけたわ…
っていうかこれ読み終わるとひとひらの思い出の最後の1個が解放されるんだけど、
正史に近い「孟徳から白紙の手紙を送られて絶望して文若が死に、それに絶望した花は
現代へ帰る」っていう鬱エンド見せてくるのなんでなん!?☆ラストでプロポーズ

仲謀さんルート、君主の初夜失敗が翌日に城内に知れ渡る国、恐ろしい!
やりすぎて寝込ませた派と変なこと強要して心労で寝込ませた派で争ってるって、
大喬小喬もえぐいことをw医者までwこの国の君主夫婦愛されてるなー。
で、でたー!二次創作あるある、タイムスリップ!未来の仲謀、かっこよすぎるね。
☆冒頭で結婚式そして作中で初夜

玄徳さんルートはこちらもタイムスリップですよ!玄徳さんがまだ出兵する前の
荒れてた時代に戻って何故か闘犬になってる花ちゃんw
そして闘犬としてやっていけそうな気になってる花ちゃんw
玄徳だけでなく、雲長や翼徳の当時の若いキャラ絵も出てくるの豪華感。
☆最後に結婚式

孟徳ルートは、意外にも丞相引退後。
孟徳の体調が想ったより悪いのと、引退が想ったより早いのびっくり。
本編で「いつかすべてを終えた時に君と静かに眠りたい」って聞いたときは、わりと
現役でやることやって生き抜いたその後にぐらいのイメージだったので、こんな外見
ほぼ変わらない年齢の時にそれやるとは思ってなかった。
君主3人+孔明はドラマCDの2枚目があるんだけど、そっちだとこうして引退後の話に
なってるのかな。
そしてまた、タイムスリップ!
なんか老い先短い匂わせしてくるから、薄桜鬼の沖田総司みたいな感あるな…
「僕がいなくなった後」的。伯理さんはイケメン。
☆既婚

孔明さんルートは結婚式を前に小さなライバル登場!?って感じ。
いやこれは9歳の時からの夢を叶えた孔明の方に気持ちを寄せてしまうよね。
自分が9歳の頃から好きだった花をやっと手に入れたから、幼い子の本気と執念と
いうのをなめてないんだよね。これ立場が逆で花に小さい男の子がプロポーズしたと
しても本気でブロックしたろうねw
ところで桂って月英だよね。あまり美人とは言われてないけど聡明な女性で孔明の妻と
言われてる女性・褐色の肌というのもウィキで見たな。
月英の別名で桂というのがあるのかなあ。ちょっと調べたけどわからなかった。
結婚式の夜に星空を二人で見るのよし!この二人はやっぱり星と切っても切り離せない
よねえ。
☆婚約者→作中で結婚式・初夜

「三国漫遊記」は一緒に行くキャラ(恋人後)以外全部内容が同じで金太郎飴なので、
作業ゲーになっちゃうんですが。各軍一人攻略キャラを治すとその国の他キャラも元に
戻って先に進めるんんだけど、ゲーム達成率は全部のペアで全部の人を治すイベント
やらないと、埋まらないのだった!くそー!

そんななかで結構よかったのが、公瑾。冒頭、花が高価な衣装を喜ぶと思って送ろうと
するところとか他キャラはもう3千年前に通り過ぎとるのにまだそんなこと言っておる
のか…ってこととか、べたべた甘々な他キャラよりまだ当たり厳しめなとこが新鮮だったりかな。

「ひとひらの思い出」は、この三国漫遊記をクリアすると読める本編中の身にエピソード
みたいな小話。一人3つか4つあって、繋がってたり繋がってなかったり。だいたい真ん中
くらいに過去に飛ばされた時の話があって、最後の話が三国世界に戻って自覚する感じが
多いかな?
まあ自覚したり、ありあえないと否定しようとしたり。花の方は例によってすれ違いムーブを
起こしてて「妹だから…」「本が大事なんだ…」状態で、それはそれで好みの味で良かった
ですけどね!

「学園恋戦記」は、三国メンバーと花が現代の学園で繰り広げるパロコメディ物。選択肢は
ないので、読み物だね。
中等部2年の花のほか、同じ中等部の子龍、早安、後輩の仲謀、尚香、高等部の玄徳、雲長、
翼徳、生徒会長の孟徳と副会長の文若、公瑾、幼馴染の孔明など。
玄徳編は体育祭、孟徳編は文化祭、仲謀編は部活で、対決編は一同に会してミスターコンの
デートエスコート審査の相手の花を巡って争うもの。みんな、大人気ないんだよな~w
本当にコメディだし、現代も友達も出てきてほっこりでした。
ところで各キャラみんな制服だし、髪も現代ナイズされてるけど、尚香の髪飾りだけ残ってて
制服とマッチしてなくて笑ったよwまあ孫一族、仲謀だけでなく早安もいるし、見分けつけ
やすいからだろうけどね。

6/1「TOP4 in TOKYO DOME」

まさか、ゲーム実況者さんの東京ドームのイベントに参加できる日が
来るとは。前にゲームセンターCXの有野課長のイベントを日本武道館で
見たのが遠い昔のようだよ。
このTOP4のイベントもチケットが激戦で、友人が奇跡的に当ててくれた
おかげで、いつも声だけ聴いてたみなさんを実際に見ることができました!

内容的には、Wiiスポーツの「フリスビー」、「ルドー」、「ハラハラ
一輪車レース」を4人プレイで競ったり、なぜかトロッコで会場を回り
ながら(アイドルか?)これまでの歴史を年表で振り返りトークしたり
歌のコーナーがあったり、「HUMAN Fall Flat」を共闘プレイしたり。
4人でわいわいやってるの見てるの楽しかったなー。
私は4人実況自体はそんなにたくさん見てるわけではないので(個人
実況を見る方が多い)よく知らないんだけど、ゲーム名が発表された
時にみんなから歓声上がったの、きっと神回とかの実況動画だったんだ
ろうなーと。
ゲーム自体も初めて知るのばっかりだったんだけど、「HUMAN Fall Flat」
おもしろそう!あのゆらゆらくたくたした動き笑お互い協力したり足を
引っ張り合ったりしてるのも笑ったわ~

ちょっと音響が良くなくてみんなのトークが重なると聞き取りにくい
ところが残念なところだったかなあ。みんなのワチャワチャこそ一番の
魅力だからさ。

ライブコーナーもあったんだけど牛沢さんだけなくて、まあ歌を出して
ないからなーと思ったんだけど、最後の挨拶の後に4人曲「フォーマンセル」
の出だしソロが牛沢さんだったから驚いた~!
みんな歌うまいやないですか…!ダウンロード購入しましたよ!

「パラノマサイト FILE23 本所七不思議」

バディミ民からの評判も良くネットで話題だった「パラノマサイト」、
クリアしましたよ。セールで1500円くらいで買えてお得だった!

昭和後期の隅田区を舞台に、本所深川に伝わる七不思議とその地に由来
する《蘇りの秘術》を巡る借主たちの呪詛バトルとホラーとミステリー。


ADVならでは、ゲームならではの面白さだったな!音声消すとかさ!これ
2回死んでやっと気づいたら案内人に答え教えられて悔しかったw
特に序盤は特にビビりながらやってた笑
冒頭いきなり案内人にSwitchの登録名当てられたことも、興家くんの
話とかで振り返ったらいきなり人がいるとか。
呪詛行使できるようになってからは、呪詛行使する?いまこっちから
仕掛けないと逆にやられる?ってヒリヒリした緊張感たまらんかったね!
マダムVS興家とか、マダムVSあやめとか、怖かった~!
キャラクターでは女子高生コンビが好き。ミヲちゃんの活躍もっと見たい。
マダムに対して以外と常識人なプロタンとか、癒しでしかなかった刑事
コンビとかも。

より以前の記事一覧