2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

旅行・地域

亀戸天神社の藤まつり

亀戸天神社の藤まつりを見にいってきました。花咲きとしては満開の少し
手前くらい。でも境内中いい匂いで包まれてて、天気も良く暖かくて
心安らぎました。夜は夜でライトアップされて綺麗らしいですね。
夜も見てみたい!

 20190422151225_1

20190422151206

20190422151016_1

ムーミン一家とその仲間たちに会える飯能「ムーミンバレーパーク」

先月飯能市にオープンしたムーミンをテーマとしたムーミンバレーパークに行ってきました。
オープン直後のテーマパークとは思えないくらい長閑で、自然のなかで癒された~。園内結構広いし
山道ぽいコースもあるんで、いい運動にもなったな。
子どもが遊べる遊具やアスレチック器具もあるんで、小さい子も楽しめると思う!

Dsc_0238_1

え、日本…っていうか宮沢湖では?って一瞬思っちゃいますが、進んでいくとムーミン一家の家等の
ムーミン谷らしい建物が見えてきます。
Dsc_0240

Dsc_0254

このムーミン屋敷は有料アトラクションとして中に入って見学することもできます。
今回は有料アトラクションは体験しなかったので(事前予約っぽい)、次回機会が
あったらこのムーミン屋敷や宮沢湖を滑空する飛行鬼のレールライダーも面白そう
なのでやってみたいです。

広場では一日に3回ムーミン達キャラクターによるお芝居のショーがあります。
こんな感じで、声優さんたちの収録ボイスに合わせて生身の人間&着ぐるみキャラが
お芝居する…舞台・鋼鉄三国志スタイルです(わかる人にしかわからない)

Dsc_0253

これがCV櫻井孝宏で喋るイケメンスナフキンです。
 Dsc_0245
スナフキン役が櫻井孝宏さんなんだよーってことだけ事前に確認してたんだけど、スニフに
ついては初登場シーンの寝起きボイス「う、うーん…」みたいな声だけで「こりゃ福山潤だ」
って気づいてしまったから……。ちなみにスノークのお嬢さんの花澤香菜さんは途中で気づ
いたヨ。声オタより。
私が経営者ならこのスナフキン使ってもっとえっぐい金儲けするんだけど、やはりムーミン谷の
住人は心が綺麗だしスナフキンは自分を切り売りなどしない人なのかもしれないな。

ランチはパーク内の食堂で。混んでるので整理券発券して順番が来たら呼び出してもらえる
スタイルです。私はサーモンのパンケーキをチョイスしました。北欧といえばサーモン食べ
てるイメージだよね。

Dsc_0267

お土産物も結構充実してて買い物するのも楽しいです。なんかキャラをモチーフにした
テーマパークのガツガツした感じがなくて、天気もよくてほんとのんびりできました

 

 

箱根日帰り旅行②

まあ何で今回箱根をチョイスしたかっていうと、先日読んだ
三浦しおん著「風が強く吹いている」という箱根駅伝をテーマ
にした小説&そのアニメ作品に影響されたからなんですねー。
めっちゃフットワーク軽いオタクだからすぐ影響される…。いま
同アニメが小田急とコラボしてスタンプラリー企画をやってま
して、それに便乗して楽しんじゃった感じです。箱根久しぶりで
こんな機会でもないと、なかなか行かないですし、スタンプラリー
企画やってくれてありがたかったな。感謝です!

芦ノ湖。箱根海賊船の箱根町港の近くです。
Dsc_02151561

往路のゴール(5区)と、
Dsc_02181562
復路のスタート(6区)。
Dsc_02171563
ここで数々のドラマが生まれたんですね。
ちなみに「風が強く吹いている」で5区と6区を走った
神童くんとユキさんもいたので撮ってみました。
Dsc_0212

往路ゴールと復路ゴール地点のすぐ隣には箱根駅伝
ミュージアムが!
Dsc_02141560
箱根駅伝ミュージアムには母校のユニフォーム&襷風の
学校名入りのキーフォルダー売ってたんだけど、ちょっと
欲しかったwただあまりにも大学名を主張しててさすがに
恥ずかしかったので断念しましたけど。
ここもっと「風が強く吹いている」と単独でコラボしてても
良さそうなもんだけどな。
ユキさんの走った6区は原作も屈指の名シーンで、富士屋ホテル
前に応援に来た家族を見て、多感な時期に積もった心の雪が
解けていく「雪もいま、完全に雨になった」という、彼の名と掛けた
描写も良かったけど、アニメ版でずっと荒い息だったユキが家族を
見つけた瞬間、ひゅっと息を飲むというそれだけの興津さんの芝居
も最高でした。
小田急の企画なのでスタンプ制覇するには箱根フリーパスで
乗れる乗り物全部使うような行程になってるんだけど、箱根
登山バスで山道をうねうね登り下りしてるとランナー多いのなあ。
箱根駅伝と同じコース走れるって少しうらやましいけどきつい
よね、絶対。
というわけで見事コンプリート!
Dsc_0224

箱根日帰り旅行①

今月入ってまともに書いたのこの記事が初かな。
いやー仕事とかめっちゃ忙しくてですね…。そんな
仕事のストレスから逃避するように、突発ですが日帰り
で箱根に行ってきました。箱根フリーパスめっちゃ便利
でしたありがとう。箱根フリーパスは2日用と3日用が
あるんですが、この日の移動の行程からいうと2日用を
日帰りに使っても元が取れましたね。
・芦ノ湖
Dsc_02201566
午後には陽が差してきて、淡い光が滲んでていい感じ!
これは箱根町港から撮った感じ。
・海賊船
Dsc_0211
・大涌谷
Dsc_02021567
相変わらずすっごい匂いとモクモク具合!
昔行ったときは徒歩で下まで歩いて降りた記憶が
あるんだけど、今回は寒かったしさらっと見下ろす
感じで。
揚げたてを頂いた塩辛コロッケ!美味しかった~!
思わずその店で塩辛を買ってしまったんだけど、
本当は冷凍でいいから塩辛コロッケを買いだめ
したかったです。
_20190316_1551431565

上高地旅行

今年の夏旅行は上高地散策&八ヶ岳でのんびりプランでした。
どちらも初めての場所。
上高地は初日に大正池、二日目に足を伸ばして明神池・徳沢まで頑張る
つもりだったんですが、二日目が結構な雨だったので明神池までで引き
返してきました。それでも6,7キロは歩いたと思います。普段運動不足な
私からしたら結構なもんですね。ちゃんと事前に準備して山ガールな服や
行動食まで持ち込んでたんですが、それが発揮しきれなかったかな(笑)。
結局綺麗に晴れた写真がとれたのは初日だけだったんですが、二日目は
霧がもやってたりで幽玄の趣ある写真になったような気もします。

Adsc_0084_5

Adsc_0103_4

ちなみに毎年夏の旅行は時期的に誕生日の前後になることが多く、
行くホテルによってはバースデー特典がついたりするんですが、今年は
その特典のない二日目のホテル、リゾナーレ八ヶ岳でサプライズで夕食の
ケーキや、チェックアウト時にぶどうジュースを頂いてしまいました…!
ありがとうございます!あ、初日は元々申し込んでいたんですが、上高地
温泉ホテルで記念写真を撮っていただき、額縁スタンド付きで頂きました。
このホテル、芥川龍之介など数多くの文豪が宿泊したんだとか。芥川の
「河童」はこの地の観光の目玉「河童橋」からきているようです。

せっかく山ガールな服装もそろえたんで、またちょっとハイキングくらいなら
行きたいな。普段旅行を自分で選ぶと歴史的建築物とか博物館に行きがち
なので、なかなかアウトドア行く機会無かったもんなー。

 

「みさきまぐろきっぷ」で三崎港周遊

品川-三崎口駅までの往復切符、三崎エリアのバス乗車券、まぐろ料理のお食事
レジャー施設利用がセットになって3500円とお得な「みさきまぐろきっぷ」を使って
三浦半島の三崎へ行ってきました。
天気も寒すぎず暑すぎず、晴れ間も多くて海風が気持ちよかったなあ。
せっかくだからと城ケ島まで足を延ばし、ウミウ展望台や馬の背洞門、県立城ケ島
公園を散策。
Dsc_0638
Dsc_0637
お昼はしぶき亭さんで。マグロとイカのミックス丼にしました。
マグロと大根のカツやマグロの酒盗、小鉢までついてボリュームたっぷり
なのに、我々はイカゲソ揚げとイカの塩辛まで追加したのでした。そして
お土産にマグロツナみそも頂きました。おうちでも食べるぞ~。
Dsc_0632
 
レジャー券は最初油壷マリンパークに使おうと思ってたんですが、思ってた
よりも散策に時間をかけてしまい、閉演時間に間に合わなそうだったので
うるりマルシェを覗いたあとに三崎ドーナツでのドーナツセットに使いました。
実際はこれにお店の可愛いイラストのついたオリジナルグッズ)トートバッグや
ポーチ等の中から選べます)もついてきます。美味しかった!
Dsc_0640
実は私、前々から三浦半島には興味がありまして。というのも小関裕太くん
主演の「Drawing days」の舞台というかロケ地がこの三浦市だったからなんです。
実際の場所は私が今回行った三浦半島よりも北、荒崎周辺だったかと思いますが
まああの辺の空気を感じてみたかったんですよね。
この日の海も完全にインスタ映えするキラキラの眩しい青!という感じではなく
少しだけ曇りを感じる水面で、それが映画の雰囲気にも合ってたような気がします。
 

京都旅行~幕末維新150周年記念旅②

・二条城

Dsc_0576

徳川家康が建て、家光が創らせた絵画や彫刻などが統合された美しいお城。
お城というと大阪城や姫路城のような高さのあるものをイメージしてしまいます
が、御殿ですね。写真はアクアナイトリウムのために訪れた時の夜の唐門です。
大広間は徳川慶喜による大政奉還の発表という歴史的な場です。

・西本願寺

Dsc_0552_4

手狭になったため移転した新選組の屯所にもなった広大なお寺。僧侶たち
は随分迷惑していたそうですが。

・蛤御門
Dsc_0589_2

禁門の変の激戦の地となった京都御苑の蛤御門。現存する梁は当時の
弾痕が残っています。

・油小路

Dsc_0549

今こうして見ると何て事の無いただの住宅街ですが、御陵衛士が
襲われた油小路の変の現場です。京都駅からすぐそば。

Dsc_0550

現在事件を記録する碑などは残って無いのですが、傷を負った伊東
甲子太郎が辿りついた本光寺にはこのような立て札がありました。

・近江屋跡

Dsc_0599

四条河原町のかっぱ寿司の敷地の一角に、坂本龍馬と中岡慎太郎が
襲われた近江屋の跡地の碑があります。繁華街で人通りも多いのですが、
立ち止まって事件の概要の書かれた立て札に目を止める人も。
池田屋事件のあった池田屋も歩いてすぐの場所なんですよね。

史跡だけでなく幕末維新ミュージアム霊山歴史館にも行ったんですが、
ここ最近行った博物館の中では一番楽しめました。幕府側・倒幕側双方の
資料が充実していて、龍馬を斬ったとされる京都見廻組の桂早之助の刀や
島田魁の書いた新選組隊士名簿、近藤勇の鎖帷子、池田屋や近江屋の
模型なども見ごたえがありました。

幕末の頃の京都ってほんと、人の死が身近にあった時代というか、何かの
ために命を懸けることが決して稀ではなかった時代なんですね。
今の感覚でっ生きる私たちからしたら、その覚悟に圧倒されてしまいます。
時代的にギリギリ写真や遺品の現物が残ってるか否かくらいの境目だから、
事実と後世の人々が馳せる想いが入り混じっているのかもしれないですね。

京都旅行~幕末維新150周年記念旅①

京都に行ってきました。京都自体は今まで何度も行ったことあるし、何なら直近で
2年前にも行ってるんですが、幕末の史跡などをちゃんと腰据えて見たことが
なかったので、春以来の新選組myブームの波に乗って、思い切って休みを
取っちゃいましたよ。
図らずも今年は大政奉還から150周年!ちょうどいい機会だったかな。

・八木邸

Dsc_0568

新選組が最初に屯所を置いたのは、壬生村の八木邸。その八木家まだ
残っていて、中を見学することができます。芹沢鴨が暗殺された部屋に
残された刀傷が生々しいです。八木家のお子さんが使っていて、襲い
かかる隊士から逃げる芹沢が躓いて転んだと言う文机も残っています。

Dsc_0570

いま八木家は和菓子屋さんになっていて、八木邸への見学とセットで
御抹茶と屯所餅という京都の名物の壬生菜を織り込んだお餅を頂く
ことができます。これ、京都駅でも売っててまた買っちゃった!

・壬生寺

Dsc_0567

八木邸のすぐ近所のお寺です。ここで新選組が訓練をしたり、沖田総司が
八木家のお子さんと遊んだりしてたみたいです。広々としてていいですね。
境内には芹沢鴨や平山五郎の墓などもありました。

・角屋もてなしの文化美術館

Dsc_0563

外観を撮るの忘れました…。角屋は現在残る揚屋建築の唯一の建物です。
揚屋っていうのは太夫らを自分の所に置かない高級料亭で、ここは新選組も
よく使っていたそうです。当時は掛け売り(ツケ)が主流だったそうですが、
新選組は払いが悪いから賭け売り禁止になったいう記録が残っているそうで…。
写真の部屋は一番広い松の間(庭の松がよく見える)で40畳ほど。土方らが
芹沢鴨を暗殺する際に酒で酔わせたそうですが、その酒宴がこの部屋で
行われました。そこから屯所のある八木邸に帰ったのですが、ちょうど私たち
の角屋⇒八木邸という見学コースと重なったので、芹沢たちの最期の夜の
帰り道をなぞったということになるのかなあ。不思議な感じ。

・不動堂尊村屯所跡

Dsc_0547

後のリーガロイヤルホテルである…。
西本願寺から新選組が移転した京都最後の屯所後です。とはいえ正確な
場所は特定されておらず、複数の説が存在するらしい…。

関西旅行②(神戸・異人館)

長くて急な坂と階段を上り続け、ひぃひぃ言いながら行ってきました、
北野の異人館。まず風見鶏の館とうろこの家は絶対見ようと決めて
いたのですが、セット券(5館・8館)もあり、館はある程度固まって
建っているのでどうせなら纏めて見ちゃった方がお得感はありますね。
私も結局7館は見たかな(笑)。筋肉痛になるわ!

・風見鶏の館

Dsc_0488

Dsc_0489_3


・萌黄の館


Dsc_0505

Dsc_0503_2

・うろこの家

Dsc_0507

Dsc_0511


他に見たのは山手八番館、北野外国人倶楽部、坂の上異人館などなど。
建物やお部屋の作りを見るのも好きなんだけど(子ども部屋だからドアノブ
の位置が低いとか)、内装も凝ってて大好き。異人館の中には室内を美術品の
展示の場として使っているところもあったけど、こういう風に当時の家具とか
配置してその時の生活の光景が見えるような館が好きです。ガレの照明とか
あると趣味合う~!って思ってしまう!

Dsc_0516

Dsc_0517

Dsc_0518

・TOOTH TOOTH maison 15th
その後、旧居留地へ移動してお茶。旧神戸居留地十五番館の建物を
活用したお店です。ケーキ食べたかったけど、夜が神戸牛だったので
紅茶だけで我慢しました…!
Dsc_0524

Dsc_0523

日野巡り~新選組のふるさと聖地巡礼

ここ最近私の中で新選組ブームです。
個別の隊士が特に好きとかどの作品のキャラがどうということはなく、昔から
小説でも大河ドラマでもゲームでも漫画でも、いろんなメディアでたくさん取り
上げられてきた新選組全般がみんな好きで、ちょっとずつコップに水を溜め
続けていたんだけど、最近一気に薄桜鬼を見たりクリアしたりしたのでその
水が遂にコップから溢れてきたって感じかな(花粉症的な例え)。

秋の京都旅行も幕末を巡る旅の予定なんだけど、元来鉄は熱いうちに打つ
タイプなので、せっかくなら都内日帰りで行ける新選組のふるさと日野に
行ってみようと思い立ったのでした。

しかし1日で行けるとは言え、ほぼ歩きで各ポイントを回ったのでかなり疲れた
よ~。でも甲州街道を歩きながら、石田村から日野宿本陣まで土方歳三も
こうやって歩いたのかなとか、この景色を彼らも見たのかなとか色々想像を
膨らませながら歩くのも楽しかったです。井上源三郎資料館だけ体力尽きて
行けなかった!次回ぜひ…。

・高幡不動尊
関東三大不動尊の一つ高幡不動尊は土方歳三の菩提寺。新選組関係では
殉節両雄之碑・土方歳三の像が境内にあり、奥殿では土方の書簡や榎本
武明の書軸などが数多く展示されていた。この時期、紫陽花も綺麗でしたよ!

Dsc_0426_2
Dsc_0432_2

・土方歳三資料館
土方家の子孫(お兄さんの子孫)の方が住居の一角を資料館として解放
し、池田屋事件で土方が身に着けていた鎖帷子などの武具や豊玉発句集
など土方歳三の遺品などを展示している。
Dsc_0439

Dsc_0438_2

玄関を出たところに木刀が2本飾ってあり、太い方が土方の使っていた
重量と同じもの、細い方が近藤勇の養父が使っていた重量と同じものの
レプリカらしい。
眺めていたら、現館長の息子さんと思われる男の子が上記の説明をし
ながら、実際に振ってみていいと私に手渡してくれました。ひょええ~
ご子孫の方手ずから、恐縮です!
ちなみにお隣さんの家は当時の名主家。門は当時の長屋門をそのまま
使っており、近藤勇の使いで土方歳三が名主の家の息子を道場に勧誘
する手紙を持っていったりしたのだそうだけど、まさにこの長屋門の下を
潜ったのだそうです。
いろいろ立て替えなどもされているなかで、当時のままの貴重な現物が
残っているものの一つです。つい触りたくなっちゃうね(笑)

・日野宿本陣
都内で唯一現存する本陣建築。土方歳三の義兄にあたる佐藤彦五郎の
屋敷。入口前には天然理心流佐藤道場があったため江戸の試衛館から
近藤勇、沖田総司、井上源三郎らが出稽古に訪れ、彦五郎の義弟である
土方と出逢った場所でもある。
Dsc_0447

玄関の間。土方がよく昼寝をしていたらしい。
Dsc_0444_2
その他、、市村鉄之助がかくまわれていた控えの間なども見ることが
できました。(一番奥)
Dsc_0445_2

この駐車場になっている部分(入口右手)に道場があったんだそうです。
土方や沖田が木剣を鳴らしていたんですね。
Dsc_0448_3

その他、佐藤彦五郎新選組資料館と新選組のふるさと歴史館も見て
きました。佐藤彦五郎新選組資料館では、たまたま最初私しか客が
いなかったので、
歳三からの京土産の景徳鎮の茶器はこういうのを選ぶセンスをしみじみ
感じたし、近藤勇が彦五郎に宛てた書簡は文字間隔が一定で紙の繋ぎ
目には決して文字を書かない几帳面な彼の一面が見えたし、沖田が悲悼の
思いで山南の死を報告した沖田総司書簡は、あえて「ちょっと書くけど」くらい
の付け足しのようにそのことについて触れていることに、逆に彼の悲しみを
感じた…。やはりこうやって説明をしてもらえると凄くわかりやすいし、彼らが
確かにここに生きていた証というか、息吹のようなものを改めて感じますね。

より以前の記事一覧