2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

映画・DVD

映画「蛍火の杜へ」

「夏目友人帳」の緑川ゆき先生原作の短編漫画を、アニメ「夏目友人帳」
のスタッフが映画化。私は配信で見たんだけど、公開していた2011年
当時「夏目友人帳」のアニメをずっと見ていたんで、その合間のCMで
この作品の宣伝をめっちゃ見た気がします。

祖父の田舎に遊びに来た6歳の少女・蛍は山神が住むと言われている
山神の森で迷子になり、ギンという少年に助けられる。森に住むギンは
人間に触れられると消えてしまう術がかかっていたが、次第に2人は
交流を深めていく。

もうこれ、ほぼ「夏目友人帳」では(笑)。
スタッフや音楽もそうだし、妖と人との絆の話なんかもろにね。なんなら
この一部始終を夏目とニャンコ先生が見守ってました!って展開にしたら
「夏目友人帳」のエピソードの1つになりそうです。というか、「夏目友人帳」にも
あったよね、人間と妖の恋の話。水底の燕とか、小野さん演じた葵のとか。
妖の葵と人間の少女・香の話は香のガッツが凄かったのと、触れたら消える
なんて縛りも無かったから恋が成就したけど、きっとあれはレアで。他の
エピソードではやっぱり最後には思い合いながらも共には生きていけない
パターンが多かった気がします。
「蛍火の杜へ」もそんな綺麗で、少し切ないお話でしたね。

ま、厳密にいえばギンは妖ではないんだけど、成長が人より遅くて実は
森に捨てられた赤ちゃんが山神の術で生かされてるような状態だから、
まあほぼ妖だよね。それも超がつくイケメンの。狐のお面で隠す意味…。

6歳の蛍が2人での散歩をちょっとおしゃまに「デートみたいですねー」って
冗談言ったらギンに「色気のないデートですねー」なんて
返されたのに、
高校生になってのお祭りでは同じ「デートみたいですねー」
に対して「デート
なんですねー」って答えるのも可愛かったな。かと思えば蛍の
「抱き着きた
くなっちゃった」に「本望だ」と応える男前っぷりも見せるので、
そりゃ蛍も
幼少期に仮面の下にイケメンを隠したこんな少年に出会ってしまったら
恋に落ちるしかねえ。仮面ごしにキスとかもう少女漫画かよ!って思っちゃい
ましたけど、少女漫画でしたねこれ…。キュンキュンしてる二人とも可愛さよ。

CV内山さん、このころまだ20歳そこそこだったと思うんだけど、若さゆえに
硬さ(芝居が硬いという意味じゃなく)、つぼみの固さというのかな。それが
初々しいというか年若い少年らしさとイケっぷりが両立してて良かったよ~!

最後、初めてのそして一度だけの抱擁も綺麗だったね。

「劇場版 はいからさんが通る 後編 花の東京大ロマン~」

8月の終わりにDアニで前編が見られて、後編も気になるなーとは
思ってたのですが、今月公開が始まりやっぱり劇場行っちゃいました!
後編は紅緒が満州に渡ってからラストまで。これまでそのボリューム
から様々なメディア化がされても描かれなかったラスト、少尉と紅緒の
運命の恋の行く末が見られます。
なかなか感慨深いというか、大人になってしまった二人がそれぞれ抱えた
ものや相手への思いやりから恋を諦めてしまう様子とか、自転車で駆け
ながら涙をぽろぽろ零す紅緒さんの姿には途中私も涙目になってしまった。
とは言え元々ラブコメなので適度に昭和ギャグが入り、ドシリアスになり
すぎもせずといった感じで見やすかった。


キャスティングに関しては紅緒さんと少尉がマモと早見さんでほんと
良かったな~。
早見さんの凛としてよく通る声、紅緒さんにぴったりだし、男性陣で言えば
はいからさんには素敵な紳士淑女多かれど、わたし原作では総合力で
少尉派なんですが(次点鬼島軍曹)、劇場版のCVマモの伊集院少尉の
火力MAXキラキラ王子様ボイスのおかげで更に大きく少尉に天秤揺れ
ました。そして同じくらい冬星編集長にも幸せになって欲しいと改めて痛感
しましたね。冬星さんいい人すぎるし、少尉好きだけどやっぱり誰にでも
優しいというのは残酷なことなんじゃ…。
少尉はやっぱり紅緒さんと一緒にいるときの愛に溢れた声や楽しそうな
話し方が素敵でしたね。ずーっと紅緒さんとの幸せそうなシーンを見ていたい。
冬星編集長の一番好きなシーンは、結婚式の日に花嫁姿の紅緒を迎えて
ほほ笑む「来たな、恋人」(CV櫻井孝宏)です。これは良すぎる。
冬星が紅緒と挙式を上げるに至ったのも、少尉が遠いシベリアの地で
記憶喪失になったという運命からだし、当日に関東大震災が起こって
駆け付けた少尉と紅緒がまた出会ってしまったのも運命からだし、なあ。
鬼島軍曹(CV中井和哉)が原作読んで想像した声色と喋り方と1ミリの
ズレもなく、少尉には犬だし紅緒さんのことも主の許嫁ってことでそれなり
の敬意を払ってくれるのに、環とは言い合いになっちゃうの、勝気なお嬢様と
不良のテンプレが似合いすぎてて可愛いよね。こっちもちゃんと描いてくれ
て良かった。
そういえばラリサって子のアニメだと関東大震災の直前に病で死んで
しまったけど、原作だと震災で天井から落ちてきたシャンデリアから少尉を
かばって死ぬんじゃなかったっけ?
エンディングでは一枚絵で原作のスピンオフ、蘭丸と冬星を主人公に
した後日談からの1シーンが見られます。パリの街を歩く冬星と、恋愛
相談に紅緒と少尉の元を訪れた蘭丸の姿が。二人の子を抱きかかえる
蘭丸と、その慌てふためく様子を見て笑う少尉と紅緒の姿に、これまで
そして冬星は冬星でこの後遠いパリで奇妙な出会いがあるんですよね。

劇場版「夏目友人帳~うつせみに結ぶ」

妖を見ることができる少年・夏目と彼が祖母から受け継いだ友人帳が
きっかけで紡がれる妖と人との絆を描いた「夏目友人帳」。
アニメシリーズは第6期までずっと見ていたんですが、ついに劇場版に
なりました。アニメ化も10周年だそうですね。
劇場版オリジナルも、なんというかとても夏目友人帳らしいエッセンスの
ぎゅっと詰まったお話でした。映像も美麗で、いつものように豊かな自然が
美しい通学路、が見上げた空、綺麗だったなぁ。
あと私、夏目の友人の田沼が好きなので彼の出番が多くて嬉しかった!
夏目がちゃんと田沼に相談したり、頼ったりできるようになってて良かったよ。
でも、復習がてらアニメの瓶詰と一枚の写真の回を見た直後だったので、
夏目が「忘れ物をした」って嘘をついてみんなと別れるとき、田沼ならそこ妖怪
絡みって気づくやろ~って思ってしまったんだけどね、田沼に夢見がち(笑)。
いやだって瓶詰回のラストで声を震わせながら「どこまで踏み込んでいいか
わからない。せっかく話してくれたのに話すんじゃなかって思われたくない。
力になりたくてやったことなのに、それが余計にお前を苦しめたんじゃないか?」
って泣きそうになりながら言ってた子だよ?二体様の回で「頼ってもらえて
嬉しい」って言える子だよ?夏目はもっと田沼を安心させてあげてね…。

個人的にん~?wって思ったのは、椋雄さん棒なのか感情出にくいのか判断し
にくいところがあったかな?まあぶっちゃけ妖怪だし人間の言葉とか苦手でも
しゃーないっすわ!あとレイコさんと容莉枝さんの出会いのエピソード、実は
容莉枝さんはレイコさんに憧れていただけでそれを上手く表せなかった
ってことなんだけど、あの一緒にいた友達も悪意なかったのかな~それだけ
かな~って微妙な気持ちに(笑)
そして夏目の小学生時代の友人のCV村瀬歩の子のエピソードっているのか
なって思ってしまったけど、まあ夏目のお話は人と妖の話を経て、夏目自身が
妖怪や周りの人間との関係を見つめなおして成長していくお話だから、やっぱり
必要だったのかなあ。でも何気に夏目の悪夢で家に帰ったら自分の代わりに
その友人がいたってのはちょっと怖かったな~。
劇中に出てきた切り絵、めっちゃ綺麗でしたね。その方のアカウント見つけ
たので、フォローしちゃいました。その光景だけ見ても見えない、切り絵を重ねる
ことで何があるか見えてくるって、なんか素敵ですね

10/7「テニスの王子様 BEST GAMES!! 手塚 vs 跡部」Blu-ray&DVD発売直前イベント

「テニスの王子様 BEST GAMES!! 手塚 vs 跡部」Blu-ray&DVD発売直前イベント に
行ってきました。内容的には手塚役の置鮎さん、跡部役の諏訪部さん、河村役の
川本さん達3人のキャストトークショー付きの応援上映だったんですが、私は
映画上映時は見にいってないのでこれが初見、かつ応援上映というのも初参加。
お話は関東大会の青学VS氷帝のS1の手塚VS跡部戦1試合に絞りつつ、冒頭に
高架下での手塚VSリョーマ後、途中に手塚が肘を壊した1年生時代の回想、最後に
補欠戦に挑むリョーマを送り出す終わり方と、もう一本の流れとして青学の柱の
エピソードを持ってくる感じでした。終盤手塚と跡部のデュエットソングも流れ
たりしたし、映像もアップの時のキャラの顔がめっちゃ美麗(遠映だとわりと雑)で
見ごたえありましたね。
あと私テニプリの話は基本的にミュージカルで覚えてるので、そことの違いとか
キャラのセリフが脳内で歌に変換されたりもして、あー元々の話とか描写って
こういう感じだったのかーっていう発見もありました。
そんなわけで一応ミュージカルで話は知ってるので完全初見とも言えないんだけど
やっぱり応援上映だと客席からめっちゃ声かかるから話に集中できないね(笑)?
高架下の手塚VSリョーマ後の大石の「ゲームセットか…」みたいなセリフの後の
「ナイス審判!」と、手塚達の一年生時代の話になるときの「回想入りまーす!」が
妙に笑えてしまって!でも最後の方にはみんな試合に見入ってしまって無言になって
たのはさすがでしたわ。
エンディング曲がリョーマくんの歌う「You goe game?」だったので、じーんと
してしまった…。
上映後は声優さん達3人のトークで、いろいろ楽しいお話も伺えました。
当日が誕生日だった手塚と10/4が誕生日だった跡部の誕生日ケーキも出てきたし、
みんなでHAPPY BIRTHDAYの歌も歌ってお祝いできたのも良かったな。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」

Dアニの配信で見られたので、CMで予告を見て「やるんだー!」とちょっと
興味のあったはいからさんを視聴しました。
高校時代に漫画で読んだんですよね、はいからさん。大昔にやってた
アニメでは原作最後まではやらず、紅緒が少尉の死を乗り越えてそれ
でも生きていきます、みたいなラストだったらしいけど。
前後編構成で、前半は紅緒が満州に渡るまでだから、とにかく少女漫画感
たっぷり!少尉のザ・王子様っぷりに紅緒も視聴者女性もメロメロになりそう。
酔った紅緒を背負って帰る夜道で、紅緒に「好き。大好き」と言われたときの
はっとしてそれから嬉しそうにその言葉をかみしめる少尉可愛かったですね。
そして宮野のマモさんのおそらく火力最大級の王子様ボイスですね!
少尉って前半はこれといって目立った欠点のない人(最初の結婚に対する
姿勢だけはあれだけど)というか非の打ちどころのない顔良し頭良し性良し
家柄良しだから、まあぴったりですよね。私服の胸元開けすぎかなとは
思うけど。少尉は特に原作絵より丸みを帯びた柔らかい輪郭の顔立ちで
若く見えた気がします。
後半は優しさゆえに恩人である例のロシアの女性を切り捨てられず、紅緒
目線で見るとその優柔不断っぷりがイライラするんですが、マモさん苦悩の
演技もお手物もなんで、おそらく初めてちゃんと最後まで描かれるだろう
原作がそれなりのボリュームで、作中で大きく時代も動いていくからやや
走り気味にはなってたけど、綺麗な絵と素敵な声で見られるの、積年の
ファンからしたら感涙だろうな。
後編は10月公開らしいからちょっと気になる

映画「カメラを止めるな」

無名の監督、俳優起用ながら口コミで一気に評判が広がったこの
「カメラを止めるな」。実はこんなにはやる前に映画好きの元上司
から「すごい勧めたい映画がある」と言われていたのですが、よう
やく友人と見にいくことができました。
1回予定が潰れて(予約できない映画館で当日行ったら完売だった)

でもリスケして何とか見られたんですが、その甲斐がありました。
ふわっとゾンビ物とは聞いてたんですが、それ以外の予備知識ほぼ
ゼロだったんで、最初30分くらいB級ホラーが流れたときはどうなるかと
思ったんですが、めっちゃ中盤以降笑いましたね!
所謂舞台裏モノというか、冒頭の映画を、しかも生配信でノーカットで
撮るために、個性豊かな俳優たちや巻き起こるトラブルにも負けず
撮影チームがめちゃめちゃ頑張るお話でした!
カメラ上では悲鳴があがり惨劇が起こってる中で、酔っ払ってふらふらの
ゾンビキャストを監督が必死で支えてたり、俳優陣が場を繋ぐために
アドリブで無理やり会話していったり。
確かにちょっと不自然だなとは思ってたんですよね、作中作の映画を
序盤見てる時も。でも裏ではこうなってたとは!といった感じで伏線が
回収されていくので、ミステリーじゃないけどミステリー好きの人も
絶対楽しめると思います(そういうあイーピン企画さんもクレジットに名前
ありましたね。あの「ポンッ!」ってやつもなんか笑っちゃいます。
ラストの全員でやりきった感は謎の感動すらあって、映画作りって大変
だけど楽しそうだなって思いました。それが感想になるのかな(笑)。

劇場版「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄〜」

「僕のヒーローアカデミア」の劇場版を観てきました。
音楽を担当されてるのが林ゆうきさんなこともあって、ヒロアカはずっとアニメは
見てたんですが、今回初の劇場版にしてオリジナルストーリーです。
写真は先着の入場特典の冊子と、見終わった後に食べた抹茶スモアフラペチーノ。
デクくんイメージのみーどーりー。
親子連れとか小学生同士くらいで来てる子もいて、そんな少年少女たちも
楽しめる真っすぐで清々しい王道ヒーローストーリーでした。映画オリジナル
キャラのディヴィッドとメリッサを演じた生瀬さんと志田さんも声のお芝居上手くて
全然違和感なかったね。まあヤング・オールマイトを現在と同じ三宅さんが演じて
るなら、ディヴィッドの青年時代を木村良平さんと分ける必要はなかった気もする
けど(笑)。

キャラ萌え的にも、今回耳郎ちゃん活躍してて可愛かったなー。もともと索敵向きの
能力だもんね。メリッサも一生懸命で良い子で見てて見てて気持ちよかったよー。
あと個人的に一推しキャラの轟くんがめっちゃ良くて大満足です。デクとメリッサを
跳ばせるためにかっちゃんにライン上へプロペラを誘導させた後、爆風起こすシーン
頭のキレもさることながら、デクも言ってたけど仲間のためにかつては完全に封じ
ていた左手の火の力を使ってくれたのも、デクがちゃんと「轟くん、左を使って…!」
ってそれに気づいてくれたのも善きだよ。そして単純に轟くんの氷結発動モーション
(屈んで地に氷を走らせるみたいな、ボーリングの玉投げるみたいな)かっこいいし、
氷って足場にもなるし敵を拘束もできるし汎用性高いっすね。
デク達を制御室へ行かせるためにみんなが個性活用したりその場に残って敵を
足止めしたりするのや、ラストのデクとオールマイトの共闘とそれを援護する
1-Aの面々の姿には胸が熱くなりましたね…。
かっちゃんは、私なんというか主人公に当たりの強いキャラってあんまり得意では
ないのであまり琴線には触れないんだけど、ああいうキャラが好きな人は多い
だろうなっていうのは理解できる。ド性癖です!みたいな人に刺さると思う(笑)。
だから彼と友人やってられる切嶋くんはすごいっすわ(笑)。でも、麗日さんの
ピンチにかっちゃんが敵をふっとばし、轟くんがすぐそばに降り立って「けがはないか」
って聞いてくれるところはかっこよかったし、最後の最後、デクとオールマイトの道を
2人が切り開いて揃って「いけー!」ってなるのはテンション上がりました!

舞台「ジョーカーゲーム」

 
[スタッフ]
原作:TVアニメ『ジョーカー・ゲーム』/脚本・演出:西田大輔
出演:鈴木勝吾 / 山本一慶、木戸邑弥、奥谷知弘、松本岳、才川コージ
阿部快征、前田剛史、大海将一郎 / 山﨑雅志、光宣、オラキオ / 谷口賢志

配信で見ました。
大元の原作は小説だったはずなんだけど、この舞台はあくまで小説を元にした
アニメが原作になってるんだね。一応アニメは見てたんだけど、舞台版もアニメと同様、
最後までキャラの見分けがつかなったな(笑)。エピソードとしては前半は佐久間の
話、後半は三好のドイツでの死の話。ドイツの話は三好以外のD機関のメンバーの
動きのつながりもよくわかっていません…。
演出脚本は西田さん。佐久間がゴードンの機密の隠し場所に気付いた瞬間、
三好が実は既に結城へ報告済みだったと敵が気づいた瞬間、アニメのテーマ曲が
流れるのはたぶんアニメ見てた人的にはテンション上がると思うな。シュタゲ舞台
でもまゆりが最初の殺された直後タイムリープマシンで岡部が飛ぶ瞬間、主題歌
流れたの胸熱だったもんなぁ。そういう取り入れ方西田さん上手いなって思う。
逆にゴードンのアドリブ的なお笑いシーンは冗長で、そういう身内受け的なのが
多いのも西田さんなんだよなぁ。ソルシエはそういうのほぼ無くて原作の雰囲気を
大事にしてくれて良かったなって思う。
しかし今回の事件すべてどっちにしろ結城への恨みが根底にあるのでは原作…?
顔の見分けがつかない中でわかった数少ない一慶さんかっこよかったな。あと
佐久間が大海くんてのも意外性あった。大海くん未だに素顔がはっきりしないや(笑)。

舞台「パタリロ!」★スターダスト計画

[スタッフ]
原作:「パタリロ!」魔夜峰央/脚本:池田テツヒロ/演出:小林顕作
[キャスト]
<パタリロ>加藤 諒 <マライヒ>佐奈宏紀 <ビョルン&アンドレセン>小林亮太 
<タマネギ部隊>細貝 圭 金井成大 石田 隼 吉本恒生 蒼木 陣
<魔夜メンズ>佐藤銀平 吉川純広 富岡晃一郎 三上陽永 柴 一平 香取直登
掛川僚太 大澤信児 
<ロビー少尉>三津谷 亮 <バンコラン>青木玄徳 
<声の出演>大塚明夫 三田村賢二 大堀こういち 池田鉄洋
 
 
初演は見ていたもののこの続編は見るタイミングがなかったので、配信してくれて
ありがたかったです。相変わらず加藤くんも青木くんもハマり役で、賑やかで絢爛!
三津谷くんのロビーもすらっとした体形がパタリロキャラに合っててよかったし、
ロビーの儚さにもぴったりだったけど、ただ歌もうちょっと上手かったような気がした
んだけどなあ。作品全体を象徴する静かなバラードだったんで、もったいなかったな。
青木くんはセリフはすごくアニメを意識した声色だったんだけど歌うと彼らしい少し
高いイケボになったので、それはそれで素敵でした。
自分は「パタリロ!」の中で「Fly me to the moon」が3本の指に入るくらい好きな
エピソードなのでとても楽しみにしてましたが、クライマックスのロビーとアンドレセンが
宇宙から降り注ぐダイヤモンドのスターダストの下で歌うシーンは、純粋すぎる少年たち
の叶わぬ想いが悲しくて、「スターダスト計画」とこう合わせてきたか!と。
他にも原作と舞台の違いとしては、確か原作ではロビー少尉は自分が死ぬことを知らない
まま最後の治療をしていたと思います。パタリロも全てを自分の中に飲み込んで「これが
終わったら必ず月に連れていく」と最後の嘘をつくんですよね。だから、ラストシーンで
あのバンコランすら慰めの言葉をかけようとした際に、パタリロはそれを珍しく静かに
退けて「生れてはじめて声をあげて泣いた」のだと思います。パタリロの決断は王と
して正しくてやっぱりパタリロは王者なんだけど、一方で捨てきれない情もあって、そこ
のバランスとロビー少年の優しさ、月にはせる思いの美しさが印象的だったんです。
つまり原作ではパタリロの覚悟と哀しみの物語なんだけど、舞台ではロビー少尉自身が
治療したら自分が死ぬことを知っていてその上で世界の多くの人を救うために自分が
犠牲になることを受け入れるので、ロビーの心の清らかさがクローズアップされた構成
といえるのかもしれないですね。
とは言え、今回は「スターダスト計画」と一緒なので、ロビーの最後の治療の後にすぐ
パタリロたちが決戦に出向いたので、お祭り騒ぎで終わってしまって、もうちょっと
悲しむパタリロたちが見たかったような気もします。
 
しかし、これ配信できてよかったなぁ。ご存知のように青木くんは逮捕されてしまいました
からね…。この作品の円盤化も危ぶまれてますが…。
私にとって青木くんはテニミュ2ndの跡部役。その彼が事件を起こして逮捕されたっていう
のは結構衝撃で、「だって跡部役者だよ!?」って思わず言っちゃいました。他のキャラの
役者だったらいいのかっていうわけじゃないけど、跡部って「テニスの王子様」の作品を
超えて知られているキャラクターだし、テニミュにおいても関東氷帝、六角、全国氷帝、
四天、全国立海と5公演+それぞれの間に開催されたドリライや運動会と、とにかく出演
公演が多いんですよ。以前1stで起訴された役者のせいで円盤回収が行われたように、今回も
円盤が回収されたら、2nd通して頑張ってくれた主役のリョーマ役の小越くん達の頑張りは
どうなっちゃうんだろうって。それに、事件起こしたのが2nd氷帝メンバーで集まった夜って
ことで、楽しそうなツイートと写真を見ていたので、その直後に…しかもわいせつ事件って
いうのが心に来るよね。

映画「ピーターラビット」

ウサギと人間の「ホームアローン」って感じかな(笑)。トムとジェリー感もある。
とりあえず、あのピーター・ラビットの絵本の優しい世界観とはほど遠いお話
でしたけど、やっぱりウサギは可愛いし、トーマスの潔癖症で不器用なキャラは
とても良かったな。
ところどころミュージカル仕立てみたいな歌やダンスもあったしね。
あと湖水地方の美しい風景、ロンドン・ハロッズの店内とかも見どころあった!
そして千葉繁さんが声当ててるハイテンション鶏も!

より以前の記事一覧